春キャベツの特徴・旬の時期まとめ|巻きがゆるやかで葉が柔らかな春どりキャベツ

みなさん一度は「春キャベツ」を食べたことがあるのではないでしょうか?春キャベツの特徴といえば「柔らかくて食べやすい葉」ですよね。

私は春キャベツのパスタが好きで、旬の時期になるとよく作っています。みなさんはどんな春キャベツ料理がお好きですか?

今回は、「春キャベツ」の特徴や普通のキャベツとの違い、選び方やオススメのレシピについてご紹介します。

スポンサードリンク

春キャベツってどんなキャベツ?

読み方 はるきゃべつ
旬の時期 3月〜5月
主な生産地 愛知県・千葉県
種類 春キャベツ

特徴

春キャベツは、その名の通り春の時期に収穫できるキャベツで「葉の柔らかさ」が抜群です。葉はふんわりと緩めの巻きで、鮮やかな黄緑色をしているのが特徴です。

通常のキャベツはぎっしりと身が詰まっていて潰れた円形のような形をしていますが、春キャベツはふんわりとしているのでまんまる型をしています。

葉が柔らかくて食べた時の舌触りが良いため、生のままサラダとして食べるのがオススメです。

スポンサードリンク

栄養

春キャベツもキャベツもどちらも栄養素が豊富ですが、春キャベツは柔らかくて生でも食べることができるので、熱に弱い栄養素や水に溶け出してしまう栄養素も余すことなく摂ることができます

ビタミンC・ビタミンKなどのビタミン類や、キャベジンとも呼ばれるビタミンUが豊富で、胃の調子を良くする作用があります。

また、腸内環境を整える食物繊維や、体内の余分な塩分を排出してくれるカリウム美容にも効果のあるカロテンが豊富に含まれています。

キャベツと春キャベツの違い

同じキャベツでも、「通常のキャベツ」と「春キャベツ」には大きな違いがあります。春キャベツには、このような特徴があります。

①水分量が多くみずみずしい

②葉がふんわりとして柔らかい

③葉が鮮やかな黄緑色

④形がまんまるに近い
特に食感が一番異なる点です。通常のキャベツはシャキシャキとして硬めですが、春キャベツはふんわりとしているので優しい食感をしています。

スポンサードリンク

おいしい春キャベツの選び方

春キャベツは、芯の切り口ができるだけ小さいもの、葉の巻きが少なくふんわりとしているものを選びましょう。葉としては鮮やかで綺麗な緑色で、全体にハリとツヤがあるものがオススメです。

どっしりとした重さのあるものを選びたくなりますが、それは冬キャベツを選ぶ時のポイントです。春キャベツは葉が柔らかくふんわりとしているものが良いので、あまり身が詰まっておらずふんわりとしているものを選ぶと良いです。

旬の時期と主な生産地

 

旬の時期はいつ?

春の旬の時期は、3月〜5と月の春の時期なっています。

主な生産地はどこ?

春キャベツの主な生産地は、愛知県や千葉県などです。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんな春キャベツですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

春である3月頃になるとスーパーにも春キャベツが登場し始めます。だいたい1玉200〜250円ほどで販売されています。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

春キャベツはネットでのお取り寄せ商品としても扱われています。旬である3月になると出品が始まり、価格も公表されます。愛知県産や静岡県産の春キャベツが取り寄せ可能です。

一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、是非旬の時期にチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、柔らかい春キャベツはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?春キャベツを使ったおすすめのレシピをいくつかご紹介します。

コールスローサラダ  

コールスローは、キャベツとコーンを使ったサラダです。コールスローはコンビニのお惣菜コーナーやファーストフード店でも扱っているほど定番のサラダメニューですね。

コールスコーは千切りのように細かく切ったキャベツを使い、マヨネーズベースの味が特徴的です。キャベツとコーンだけが入った一番オーソドックスでシンプルなものもあれば、りんごやパイナップルなどの果物を入れたアレンジバージョンもあります。

パスタ

ペペロンチーノやトマトソースなど、春キャベツはパスタにも良く合います。軽く火を通すだけでしんなりとし、甘みが増します。

パスタと一緒に野菜も摂ることができるので栄養面的にも◎です。

スポンサードリンク

スープ 

スープにすることで、水溶性成分であるビタミンなどの貴重な栄養素も溶け出したスープと一緒に摂取することができるのでオススメです。

キャベツには特有の青臭さがあり苦手な方もいるかもしれませんが、ベーコンやソーセージなどの加工肉を加えることでコクが出るので美味しさもアップします。

もともと硬い部分ですので、しっかり火を通すことで柔らかくなり、食べやすくなりますよ。

味噌汁 

春キャベツを使った味噌汁は、柔らかくて優しい味に仕上がります。キャベツには水に溶けやすい水溶性栄養素としてビタミンなどが含まれていますので、味噌汁にすることで溶け出した分まであますことなく食べることができます。

ロールキャベツ

 

ロールキャベツはお子様な好きな野菜メニューですね。外は柔らかく中にはぎっしりとひき肉が詰まっていて、野菜とタンパク質を同時に摂ることができる栄養バランスの良い料理です。

煮込めば煮込むほどキャベツが柔らかくとろりとするので、お好みの煮加減に調整してみてください。生のキャベツは葉脈が硬く、くるくる巻くのが難しいかもしれませんので、一度軽く茹でることで柔らかくなって巻きやすくなりますよ。

スポンサードリンク

餃子

餃子はいつ食べても美味しい定番料理です。キャベツや白菜などお好みの野菜で作るものなので、是非キャベツの大量消費メニューとしていかがでしょうか?

キャベツをみじん切りにして混ぜることで、90%が水分であるキャベツから水気が出てジューシーな餃子に仕上がります。

キャベツの内側の方が葉が柔らかいので、外側よりも内側の葉を使って作るのがオススメです。ご飯とお酒がすすむ餃子に活かしてみましょう。焼かずに冷凍しておくのも便利です。

まとめ

柔らかい葉が特徴の「春キャベツ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?冬キャベツと違い、ふんわりしていて生でも食べやすいところが一番のポイントです。

出回るのは3月〜5月と短い期間ですので、是非旬の時期を逃すことなく春キャベツ料理をたくさん試してみてください。栄養をたっぷり摂取するにはサラダにするのがオススメですよ。美容や健康に効果があるのでモリモリ食べたい野菜です。

スポンサードリンク