アフリカキャベツ(スクマイキ)の特徴・旬の時期まとめ|アフリカ原産の巻かないキャベツ

みなさんはこの野菜、なんの仲間だと思いますか?大きめの葉っぱが沢山付いているこちらの野菜は、「アフリカキャベツ」というキャベツの品種です。

その名前からわかる通りアフリカ原産のキャベツなのですが、一番の特徴は「葉が巻かない」というところです。巻いてなくてもおキャベツなの?と思いますよね。キャベツでもあり、ケールの仲間でもあるのです。

今回は、葉が巻いていないキャベツ「アフリカキャベツ」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

画像引用:後藤農産の田舎日記

スポンサードリンク

アフリカキャベツ(スクマイキ)ってどんなキャベツ?

読み方 あふりかきゃべつ(すくまいき)
旬の時期 1年中
主な生産地 アフリカ
種類 その他

特徴

アフリカキャベツは、ケールなどと同じ「不結球キャベツ」の仲間でアフリカが原産のキャベツです。一般的なキャベツは包み重なるように葉がつく「結球キャベツ」ですが、アフリカキャベツは葉が巻かず、そのまま生えているのが大きな特徴です。

別名「スクマイキ」とも呼ばれ、アフリカの言語であるスワヒリ語で「命の泉」という意味を持っています。命の泉と言われるように、栄養価が高いこともポイントです。

スポンサードリンク

中でもカルシウムと鉄分、カロチンが豊富なので、アフリカでは貴重な栄養源として食べられてきました。鉄分に関してはほうれん草の2倍も含まれています。

アフリカキャベツはキャベツとケール、どちらとしても扱われ、キャベツとして食べられたりケールとして青汁に妻割れたりと用途は様々です。

青汁と聞くと苦いくてまずいイメージがありますが、アフリカキャベツ自体にクセはないので通常のキャベツと同じように食べることができます。

旬の時期と主な生産地

 

旬の時期はいつ?

アフリカキャベツは年間をと通して収穫できる品種です。

主な生産地はどこ?

アフリカキャベツの主な生産地は原産国であるアフリカで、日本では家庭菜園として育てている方が多いようです。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなアフリカキャベツですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーパーや直売所では手に入れやすいようなのですが、その価格まで調査することはできませんでした。

ネット通販だと

最近では野菜もネットでのお取り寄せ商品として扱われるようになりましたが、残念ながらアフリカキャベツの出品はありませんでした。

しかし、アフリカキャベツを使った青汁の粉でしたらネットでのお取り扱いがありました!一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、青汁から始めてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

 

では、アフリカキャベツはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?アフリカキャベツを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

コールスロー 

コールスローは、キャベツとコーンを使ったサラダです。コールスローはコンビニのお惣菜コーナーやファーストフード店でも扱っているほど定番のサラダメニューですね。

コールスコーは千切りのように細かく切ったキャベツを使い、マヨネーズベースの味が特徴的です。キャベツとコーンだけが入った一番オーソドックスでシンプルなものもあれば、りんごやパイナップルなどの果物を入れたアレンジバージョンもあります。

ツナサラダ

ツナサラダはどんな野菜にも合う便利なメニューです。野菜だけだと淡白になりがちなサラダも、ツナを入れることでコクが出て美味しくなります。

ツナには水煮とオイル煮が2種類があり、風味もさっぱりかこってりで変わってきますのでお好みの方を選んでみてください。

上からドレッシングをかけても良いですし、マヨネーズなど自分好みの調味料で和えても◎ですね。ツナ缶は長期間保存可能なのでストックしておくととても便利なアイテムです。
 
スポンサードリンク

回鍋肉

回鍋肉はシャキシャキ食感を残して食べるキャベツの大量消費にオススメな料理です。こってりとした濃い味付けが良く絡み、ご飯がすすむ一品です。

キャベツの葉は外側が硬く、内側になればなるほど柔らかくできているのですが、回鍋肉には固めの外側の葉が向いています。

サラダにすると硬くて食べにくい外側の葉も、料理によってはすすんで使いたい部分になりますので活用しましょう。

まとめ

アフリカ産の巻かないキャベツ「アフリカキャベツ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?別名である「スクマイキ」は、スワヒリ語で「命の泉」ということですから意味が深いですよね。

日本での流通は非常に少ないですが、家庭菜園として育てている方も多いようなので、是非食べてみたいという方はご自身で作ることも検討してみてください。栄養満点で鉄分補給にはぴったりの野菜ですよ!

スポンサードリンク