中生ルビーボールの特徴・旬の時期まとめ|濃い赤紫色をした冬どりの紫キャベツ

みなさんは「紫キャベツ」を食べる機会はありますか?カフェやレストランのサラダなどで見かける紫キャベツは、スーパーでも少量ながら出回っています。

私は学生時代にパスタ屋さんでアルバイトをしていたのですが、そのお店のサラダには必ず紫キャベツが入っていました。サラダに入れるだけでも彩りがよくなるので便利なサラダアイテムです。

今回は、紫キャベツの品種の一つである「中生ルビーボール」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

スポンサードリンク

中生ルビーボーってどんなキャベツ?

読み方 ちゅうせいるびーぼーる
旬の時期 12月上旬〜3月下旬
主な生産地 長野県・愛知県
種類 紫キャベツ

読み方

「中生ルビーボール」は「ちゅうせいるびーぼーる」と読みます。

特徴

中生ルビーボールは、一般的に「紫キャベツ」と呼ばれる葉が赤紫色のキャベツです。寒さに強く耐寒性に優れているので冬の時期に収穫する冬どれキャベツで、芯は白く、葉は中心部までほとんど赤紫色をしています。

通常のキャベツと同じアブラナ科の野菜ですが、通常のキャベツよりも小ぶりで葉はやや厚く、柔らかいことが特徴です。

スポンサードリンク

赤紫色を作っているのは「アントシアニン」という天然色素で、抗酸化作用が強いのでアンチエイジングにも効果のある成分です。

アントシアニンは水溶性成分なので、茹でるとお湯に色が溶け出してしまうという難点があります。食べる際は生か、加熱する際は色が溶け出さないよう電子レンジを使うのがオススメです。

旬の時期と主な生産地

 

旬の時期はいつ?

中生ルビーボールの旬の時期は、12月上旬〜3月下旬となっています。寒冷地では8月〜9月、11月の収穫となります。

主な生産地はどこ?

中生ルビーボールの主な生産地は、長野県や愛知県、静岡県となっています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんな中生ルビーボールですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーパーや直売所では手に入れやすく、1玉200円ほどで販売されていました。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

最近では野菜もネットでのお取り寄せ商品として扱われるようになりましたが、残念ながら中生ルビーボールの出品はありませんでした。
紫キャベツという名前でお取り寄せをしているサイトはいくつかありましたので、興味のある方は是非チェックしてみてください。
スポンサードリンク
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、中生ルビーボールはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?中生ルビーボールを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

ザワークラウト

キャベツの芯を使ったザワークラウトは、できるだけ薄くスライスして作るのが美味しく食べるコツです、ザワークラウトは加熱せず生のまま食べるものなので、厚めに切ってしまうと食べる時に噛むのが大変かもしれません。

シャキシャキ食感を残しつつ食べやすくするには、スライサーで薄くするのがとても便利で簡単です。さっぱりとしているので暑い時期の食欲がない時のメニューとしてもオススメです。

きゅうりサラダ

シャキシャキ食感が美味しいきゅうりと紫キャベツのサラダは、生のキャベツを合わせることでより一層シャキシャキ感を楽しめます。

きゅうりは単価も安いので手軽にできるところも良いですね。きゅうり・キャベツ共に90%以上水分を含んでいるので、水分不足になりがちな夏のサラダとしてもオススメです。

夏野菜であるトマトや、サラダにコクを付けるためにアボカドを入れても美味しいです。きゅうりは塩もみすると余分な水分が出てしっとりしますが、食感を楽しむためにあえてそのまま使ってみても◎ですよ。
 
スポンサードリンク

コールスロー

コールスローは、キャベツとコーンを使ったサラダです。コールスローはコンビニのお惣菜コーナーやファーストフード店でも扱っているほど定番のサラダメニューですね。

コールスコーは千切りのように細かく切ったキャベツを使い、マヨネーズベースの味が特徴的です。キャベツとコーンだけが入った一番オーソドックスでシンプルなものもあれば、りんごやパイナップルなどの果物を入れたアレンジバージョンもあります。

まとめ

紫キャベツの一つである「中生ルビーボール」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

名前は知らないかもしれませんが、紫キャベツの品種の一つです。キャベツよりも買う頻度は少ないかもしれませんが、旬である冬の時期には出回る品種なので是非ご家庭でもサラダなどにして食べてみてくださいね。

スポンサードリンク