金時ニンジンの特徴・旬の時期は?おせちでよく使われる東洋種ニンジン

 「金時ニンジン」と聞いて、普段あまり食べないと思った方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。カレーに入れるような一般的な西洋ニンジンは馴染みがあるかと思いますが、それに比べ東洋種である金時ニンジンは食べる頻度が少ないかと思います。

 私も金時ニンジンと言えば「おせち料理」に使うイメージでした。なますを作る際に色がより濃く鮮やかで綺麗だからと、小さい頃に母のおせち作りの手伝いをした事を覚えています。

 今回は、金時ニンジンの詳しい特徴や旬の時期、普段使いしたくなる金時ニンジンの料理レシピをご紹介します。

スポンサードリンク

金時ニンジンとは?

どんなニンジン?

 普段スーパーなどでよく見かけるニンジンは西洋種ですが、金時ニンジンは東洋種で「京ニンジン」とも呼ばれています。大きいものでは30cmほどになり、細長く濃い紅色をしているのが特徴です。

この紅色にはベーターカロテンやリコピンが豊富に含まれ、高い栄養価を持っています。東洋種である金時ニンジンは、西洋ニンジンに比べ甘みも強く、煮崩れしにくい特徴から煮物も向いているニンジンです。

旬の時期はいつ?

 11月〜翌年3月が金時ニンジンの旬の時期となっています。西洋ニンジンよりも長い栽培期間を要し、根っこ部分が細長くデリケートなので収穫に機械を使う事ができず、手間と時間をかけて作られています。出荷量はお正月に合わせた12月下旬頃からが多くなります。

主な産地はどこ?

 京都府、大阪府、香川県が金時ニンジンの主な産地です。上記でも「京ニンジン」と呼ばれるとお話しましたが、その名の通り京料理で欠かせない彩役として使用されてきました。また、大阪府や香川県でも昔から栽培されてきた事が知られており、その歴史は江戸時代にまで遡ります。

スポンサードリンク

金時ニンジンの相場価格は?

スーパーの場合

 近所のスーパーで見かける事は少ないかもしれませんが、お正月シーズンには出回る事の多い金時ニンジン。スーパーでの相場は、1本200円〜300円ほどです。

お正月の時期には価格が上がりますが、西洋ニンジンと比べ生産量も少なく希少なため、少しお高いニンジンです。

通販の場合

 スーパーで手に入れる事が難しい、という方には通販での購入もおすすめです。価格の相場は300g(1〜2本)で400円ほど。5kgで5,000円という大容量もあります。

スーパーと異なり1本だけ買う事はなかなかできませんが、冷凍保存する場合や大量に調理する際には通販での購入も便利です。

金時ニンジンの皮は食べられる?

  皮をむかなくても、金時ニンジンは美味しくいただけます。舌触りが気になる方はむいてから調理した方が良いですが、皮は食べても問題ありません。

皮にも栄養がありますので、あますことなく栄養を摂取したい方には皮ごと調理がおすすめです。では、どんな料理があるのか見てみましょう。

スポンサードリンク

にんじんの栄養と効能

ニンジンの栄養成分表

エネルギー 37kcal
水分 89.5g
炭水化物 9.1g
ナトリウム 24mg
カリウム 290mg
カルシウム 28mg
鉄分 0.2mg
亜鉛 0.2mg
ビタミンA / βカロテン 9100ug
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.04mg
ビタミンB6 0.11mg
ビタミンC 4mg
食物繊維 2.7g

※可食部100gあたりの成分となります

おすすめの食べ方

お正月のおせち

 冒頭でもお話しましたが、金時ニンジンといえばおせちの「なます」。大根の白と金時ニンジンの濃い紅色で紅白なますがお正月の定番です。柚子をくり抜いた柚子カップに入れればお洒落な一品のできあがりです。

カレー

 西洋ニンジンを使って作るカレーが一般的ですが、金時ニンジンもカレーによく合います。紅色の濃さを活かしてキーマカレーやグリーンカレーと合わせても見た目が華やかになりおすすめです。

煮物

 金時ニンジンは煮崩れしない事が特徴の一つなので、煮物にとても向いています。里芋やレンコン、しいたけなど煮物の定番野菜と合わせても良いですし、牛肉や厚揚げと煮ても美味しくいただけます。

茶色いイメージのある煮物で料理ですが、金時ニンジンを加えれば明るさプラスです。

 

スポンサードリンク

きんぴら

 ニンジン料理と言えばきんぴらごぼう。2つの野菜で作るシンプルな料理ですが、副菜としても、お弁当のおかずにも合う万能な料理です。ごぼうが苦手なお子様でも、金時ニンジンの甘みで食べやすいかと思います。

サラダ

 金時ニンジンを使ったサラダは、あまり食べた事がない方も多いのではないでしょうか。素材の味を活かし、生のままいただく金時ニンジンのサラダもおすすめです。

ニンジンとツナを和えるだけでも立派なサラダになります。金時ニンジンの甘みのおかげで、生野菜があまり好きではない方でも食べやすいサラダが作れます。色も鮮やかなのでサラダをメインとした食事に用いるのにも向いています。

まとめ

 おせち料理で馴染みのある金時ニンジン、いかがでしたでしょうか?「お正月に登場する野菜」というイメージが強かったかと思いますが、西洋ニンジンに代わって調理すればその使い道はたくさんあります。

ニンジン特有の苦味が苦手という方にもおすすめしたい金時ニンジン。特有の甘みを活かし、ニンジン克服のチャンスにもぴったりです。近場で手に入れるのが難しい方にはネット通販での購入も可能ですので、栄養豊富で色鮮やかな金時ニンジンを、是非普段の料理に取り入れてみてください。

スポンサードリンク