ピッコロの特徴・旬の時期は?おひたしに使われる東洋種にんじん

日本は農業が大変盛んで全国各地で様々な種類の野菜が生産されています。地元で作られ地元で消費する地産地消も盛んで、その地域でしか食べられない野菜もあります。

にんじんの中でも様々な種類のにんじんが存在し、「リコピンにんじん」や「ベータリッチ」、「五寸にんじん」など色々な名前のにんじんがあります。

この記事では「ピッコロ」の特徴や旬の時期、そして販売されている相場価格や、オススメの食べ方などについて詳しく紹介していきたいとおもいます。

スポンサードリンク

ピッコロとは?

「ピッコロ」とは一体どんなにんじんなのか?特徴やもっとも食べ頃の旬の時期、そして主な産地について紹介していきたいと思います。

特徴

生育日数は約70日~約90日ほどで収穫することができます。一般的なにんじんに比べて種を巻いてから収穫するまでの日数は早いです。収穫までの日数が早いので、虫食いや病気になることも少ないです。

長さは約10cmから約12cm程でミニニンジンとも言われています。小さいにんじんなので見た目はとってもかわいいにんじんです。甘味がとても強いので、デザートなどにするのもオススメです。

旬の時期

「ピッコロ」を最もおいしく食べることができる時期は、3月から9月です。春から秋にかけてが最もおいしく食べることができるそうです。甘味が強いので、冷たいジュースにしてさっぱり飲んでみたり、サラダにしてあっさり食べてみたいですね。

主な産地

「ピッコロ」を主に生産している地域はチリです。あまり大きな国ではないですが、農業が盛んの国です。こうして野菜で外国をつながりができるのは素晴らしいことですね。

スポンサードリンク

ピッコロの販売相場価格

「ピッコロ」はスーパーやネット通販では一体いくらで販売されていくのか?詳しく紹介していきたいと思います。

スーパー

スーパーでは「ピッコロ」はにんじん本体ではなく、自分で栽培する用の種が販売されていました。価格は1袋8mlで352円(税込み)で販売されていました。

一般的なにんじんと比べても平均的な価格だと思います。変わった品種のにんじんはこのように種で販売されていることが多いので、是非ご自宅で栽培してみてはいかかでしょうか?

ネット通販

ネット通販でも、「ピッコロ」はにんじん本体ではなく、自分で栽培するようの種が販売されていました。楽天では、小袋1袋で352円(税込み)そして送料がプラスで290円かかります。

Amazonでは、1袋8mlで490円こちらは送料無料で販売されていました。送料がかかる商品と送料がかからない商品があるためしっかり確認することをオススメします。種本体の価格的にもスーパーの方がお値打ちな印象です。

スポンサードリンク

栄養と効能

スポンサードリンク

保存方法

スポンサードリンク

切り方

スポンサードリンク

オススメの食べ方

「ピッコロ」をおいしく食べることができるオススメの料理を紹介していきたいと思います。

小松菜と人参と油揚げのおひたし

「ピッコロ」と小松菜のシャキシャキとした食感を楽しめる一品です。暑い夏で食欲が減退していても、さっぱりとして冷たいおひたしは食欲を沸き立て手くれるでしょう。

引用:クックパッド

簡単キャロットピクルス

「ピッコロ」を繊切りし、食感を楽しめる一品となっています。あっさりとした味付けなので、「ひとみ五寸」の素材そのものの味を堪能することができるでしょう。

引用:クックパッド

ごぼうとにんじんのサラダ

「ピッコロ」とごぼうを繊切りにし、マヨネーズで和えた一品です。隠し味で味噌が少し入っているので、ほんのり味噌の香りがし、食欲が増進します。「ピッコロ」とゴボウの甘味は相性抜群です。

引用:クックパッド

にんじんフレンチサラダ

「ピッコロ」を繊切りにし、粒マスタードやワインビネガー、レモン汁で味付けをしたさっぱりした一品です。はちみつが少し入っているので、ほんのりはちみつの風味を感じ、「ピッコロ」の甘味も引き立ててくれるでしょう。

引用:クックパッド

スポンサードリンク

まとめ

今回ピッコロについて詳しく調べてみましたが、「ピッコロ」はミニにんじんやミニキャロットと呼ばれていることが多いです。小さくてかわいらしいニンジンなので、今人気のインスタ映えなどにも向いていると思うので、是非自分で栽培してみてはいかかでしょうか?

スポンサードリンク