京くれないの特徴・旬の時期は?優しい甘さで温野菜に使われる地域ブランドにんじん

みなさんは、にんじんには様々な種類のにんじんが存在することをご存じですか?長さや太さもそれぞれ違い、色もそれぞれ違うのです。

みなさんがいつもスーパーで購入しているにんじんは、色はオレンジ色で長さが約15cm程のにんじんが多いですよね。

そのたくさんの種類の中でも「京くれない」というにんじんを聞いたことがありますか?「京くれない」はにんじんなのにリコピンがたっぷりつまっているにんじんなのです。

リコピンはトマトというイメージを持っている方は多くいると思いますが、実はリコピンを含んでいるにんじんもあるのです!今回は「京くれない」について詳しく紹介いていきたいと思います。

画像:おいしく健康!新鮮野菜を極める!

スポンサードリンク

京くれないとは?

「京くれない」の特徴や、最も食べ頃の旬の時期、主な産地について紹介していきます。

特徴

一般的なにんじんはオレンジ色をしているにんじんがほとんどですが、「京くれない」は赤色のにんじんです。

リコピンやカロテンを、同時にバランス良く摂取できる野菜です。リコピンの含有量はなんとトマトの約2倍もあるのです。

リコピンは老化防止効果もあり、活性酸素を除去する力をビタミンEの100倍ももっているのです。肌にもいいのでたくさん摂取して美肌を目指しましょう。

そして、にんじん独特の臭みが全く無く甘いのが特徴的です。抗酸化作用が高いことでも知られています。

スポンサードリンク

旬の時期

「京くれない」を最もおいしく食べることが出来るのは11月下旬から3月上旬となっています。冬の寒い時期が食べ頃のようですね。

カレーやスープなどにして、心も身体も温めてくれるでしょう。家族みんなでテーブルを囲んで食べたいですね。

主な産地

「京くれない」を栽培している主な産地は、青森県・新潟県・茨城県・千葉県・静岡県・熊本県・宮崎県・鹿児島県です。

全国各地で栽培されているので、どこでも購入することができそうですね。特に九州地方での栽培が盛んのようです。鍋料理や地元の郷土料理などにも使用されています。

京くれないの相場価格

「京くれない」はスーパーやネット通販ではいくらで販売されているのか?詳しく紹介していきます。

スーパー

スーパーではにんじん本体ではなく、自分で栽培する用の種が販売されています。価格は種350粒で693円(税込み)で販売されています。お手頃な価格で購入できるので、お子さんと一緒に栽培してみてはいかがでしょうか?

ネット通販

楽天にて販売されていましたが、こちらもにんじん本体ではなく、自分で栽培する用の種が販売されていました。

価格は種350粒で850円(税込み)で販売されていました。そこに送料がプラスで150円かかります。同じ種の量で販売されているのでスーパーのがお買い得ですね。

ネット通販だどどうしても送料がかかってしまうので、近くのスーパーで販売しているのならスーパーのがお得です。

スポンサードリンク

栄養と効能

スポンサードリンク

保存方法

スポンサードリンク

切り方

スポンサードリンク

オススメの食べ方

「京くれない」をよりおいしく食べることができる料理を紹介していきます。

ジュース

新鮮そのものの味を堪能するにはやはりジュースが一番です。「京くれない」はにんじん独特の臭みがないので飲みやすく、甘味が強いので小さなお子様でも飲みやすいでしょう。

温野菜

「京くれない」の素材そのものの味をダイレクトに味わう事ができる一品です。あっさり、さっぱりだけど甘味は強いのでとてもおいしくいただけます。チーズをつけてチーズフォンデュにしてもいいでしょう。

引用:楽天レシピ

スポンサードリンク

サラダ

「京くれない」のシャキシャキとした食感を楽しむことができる一品です。さっぱりしたドレッシングでも、ごまドレッシングなど、どのドレッシングにも合うので是非お試ししてください。

引用:楽天レシピ

京くれないとゆず皮のポン酢和え

ゆずのさわやかな香りと「京くれない」の甘味は相性抜群です。ポン酢の酸味もくせになる一品です。

引用:楽天レシピ

まとめ

リコピンはトマトにしか含まれていないと思っていましたが、にんじんにもたくさん含まれていることが分かり、驚きました。

しかも、トマトに含まれているリコピンの含有量の約2倍もあるなんてびっくりです。トマトが苦手な方は多くいると思いますし、小さなお子様も食べない子が多いと思います。

ですが、にんじんなら苦手な方は少ないでしょうし、色々アレンジをすることができる野菜なので、小さなお子様もたくさん食べることができ、リコピンを摂取することができますね。

リコピンは食物からしか摂取することができないので、リコピンが含まれているにんじんがあることは主婦の方達は、とても助かりますね。

スポンサードリンク