島にんじんの特徴・旬の時期は?沖縄料理で有名なしりしりに使われる地域ブランドニンジン

沖縄県といえば、数々の郷土料理が有名ですよね。ラフテーやヤギ汁、ミミガーなどたくさんの種類の料理があります。

その中でも「にんじんしりしり」は、みなさんの中でも耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

私も学生の頃、修学旅行で沖縄県を訪れ、「にんじんしりしり」を食べさせていただきました。とても優しい味付けで、家庭の味だなと思ったのが印象的です。

今回は「にんじんしりしり」を作る時に使用する「島にんじん」について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

島にんじんとは?

「島にんじん」って何?と思う方もいますよね。「島にんじん」について詳しく紹介していきます。

島にんじんとは、沖縄県で生産されている伝統的島野菜の1つです。沖縄県では、『チデークニ』や『キダイクニ』と呼ばれています。色が一般的なニンジンより、薄く黄色いので、『黄にんじん』とも言われています。

地下水に塩分が含まれていて、海から流れてくる潮風の影響で黄色くなったのではないか?と言われています。根っこの部分においしさが凝縮されており、濃厚な味わいが特徴的です。

火を通すと甘味が増すので、煮物などがオススメです。

旬の時期は?

「島にんじん」は11月から翌年の3月までが旬と言われています。冬から春にかけての時期ですね。

島にんじんの産地はどこ?

「島にんじん」は17世紀にシルクロードを経て中国へと伝わり、そこから日本の沖縄県へ伝わりました。沖縄県の在来種で主に沖縄県で生産されていますが、一時は東北から九州まで幅広く生産されていました。

今ではほとんどの「島にんじん」は沖縄県産です。

スポンサードリンク

島にんじんの相場価格は?

「島にんじん」はいくらで販売されているの?と思う方もいますよね。さまざまな場所で販売されている「島にんじん」ですが一体いくらで販売されているのか、詳しく調査しました。

スーパー

3本束で約500gくらいだとすると約2000円程します。約800gだと3000円程するようです。にんじんの一般的な価格の相場からするとかなり高価な印象です。

しかし、「島にんじん」は非常に珍しい野菜なのでほとんどのスーパーや八百屋さんでは見かけることはないようです。

ネット通販

楽天で購入することが出来ます。価格は、1DLで2420円(税込み)となっています。1リットルだと20,647円(税込み)となっています。

この価格に送料が100円プラスされます。やはり高級にんじんに間違いないですね。

ネット通販では「島にんじん」を栽培している農家さんから直接送られてくるので新鮮な「島にんじん」を購入することができます。

栄養と効能

にんじんに含まれている栄養とその効能について詳しく紹介していきます。

にんじんの成分表

エネルギー 37kcal
水分 89.5g
炭水化物 9.1g
ナトリウム 24mg
カリウム 290mg
カルシウム 28mg
鉄分 0.2mg
亜鉛 0.2mg
ビタミンA / βカロテン 9100ug
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.04mg
ビタミンB6 0.11mg
ビタミンC 4mg
食物繊維 2.7g

※可食部100gあたりの成分となります

スポンサードリンク

保存方法

「島にんじん」の保存方法について詳しく紹介していきます。

 

切り方

「島にんじん」に切り方について、詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

島にんじんのオススメの食べ方

「島にんじん」をよりおいしく味わうことができる料理を紹介していきましょう。

にんじんしりしり

「しりしり」というのは沖縄の言葉で『繊切り』という意味です。沖縄県で生産されている地域ブランド品種の「島にんじん」が使用されています。繊切りしたにんじんを卵で炒めて、味付けをした料理を「にんじんしりしり」と言います。

「島にんじん」とツナや卵を炒めて作る伝統的な料理です。ポークや豚バラ肉などを入れてもおいしくいただけます。

パパイヤイリチー

パパイヤと「島にんじん」、ポークを使って炒めた料理です。パパイヤの酸味と「島にんじん」の濃厚な甘さが相性抜群です!

ショウガをきかせたにんじんしりしり

しょうがのいい香りに「島にんじん」の濃厚な甘さが食欲を引き立てます。

スポンサードリンク

サラダ

「島にんじん」を使って作れるサラダも紹介していきます。

島にんじんともやしのサラダ

「島にんじん」ともやしのシャキシャキとした食感はクセになり、食べ出したら止まらなくなる一品です。ニンジンが苦手なお子様でも食べやすいでしょう。

しりしり大根と人参のツナマヨサラダ

繊切りした大根と「島にんじん」とツナマヨで和えたサラダです。ツナマヨはみんなが好きな味なので、幅広い世代から好まれる一品でしょう。

まとめ

沖縄県で昔から愛される食材「島にんじん」は、たくさんの料理にアレンジできて、『にんじんしりしり』だけでも色々な家庭の『にんじんしりしり』があり、それぞれに家庭の味があるのだなと思いました。

郷土料理というのはやはり地元から愛され大切に守られている伝統料理なので、これからもたくさんの家庭の食卓に並ぶでしょう。

私も「島にんじん」を使って、我が家の『にんじんしりしり』を作ってみたいと思います。

スポンサードリンク