にんじんが緑に変色したけど食べれるの?これって日焼け?

「にんじんを使おうと買ってきたのに、いざ使おうと思ったら緑色に変色している…。この状態って食べられるのかな?原因もあれば誰か教えてください。」

本記事は上記の悩みに答えていきます。にんじんが突然緑色に変化したらびっくりしますよね。

私も以前野菜炒めににんじんを使おうと買ってきたのですが、気づいたらにんじんが緑色に変化していて「これって腐ってるのかな。」と不安でした。

こういった背景から、本記事はにんじんが緑色になってしまった時は食べられるのか、そしてその原因を解説していきます。早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

にんじんが緑に変色した

結論から書きますと、にんじんが緑色になってしまっていても、食べることは可能です。

もちろん、緑色のにんじんを食べたからと言って、お腹を壊すなどの症状が出ることもありません。にんじんは、緑色の他にも、黒くなってしまうことや、突然白いひげがはえてきてしまうことがあります。

中には「食べたらお腹を壊す」など、一般的に言う「腐っている状態」のものもあるのですが、緑色に関しては全く問題ありません。

にんじんが緑に変色した原因は?

では、にんじんが緑色に変化してしまったのは何故でしょうか?結論は「にんじんの日焼け」です。

土から出てしまっている部分が日光に当たり、変色してしまった部分が緑色になっているということです。人間が日焼けをして「赤褐色」になることをイメージしてもらうと分かりやすいでしょうか。

にんじんの上部は、双葉より下の「茎の部分」が肥大化したものです。この茎の部分は日光に当たると光合成を始めますので、必然的に緑色になるということですね。

スポンサードリンク

なぜ緑色にならないにんじんもあるの?

しかし、にんじんの中には「まったく緑色にならない」ものもありますよね。ここに関しても答えは簡単で、茎の部分が土の外に出ていない場合か、日光に当たっていない可能性のどちらかです。

ですが、どちらにせよ「美味しく食べられる」ことに変わりはなく、緑色になってしまっていたとしても、美味しく食べることができます。

スーパーにはにんじんを作っている農家さんが出荷していると思いますが、その中に緑色のにんじんが含まれていたとしても、全く問題ではありません。

むしろ「レアなにんじん」という位置づけであり、今度見つけたら買ってみることもありかもしれませんね。

人参が腐っているかどうか見分ける5つのポイント

では、続いて「腐っているかもしれないにんじん」を見分ける方法を紹介していきます。私は緑色のにんじんに出会った時、もしかしたら腐っているかもしれないと思い、たくさんにんじんについて調べました。

腐っているかもしれないにんじんの特徴は、下記の通りです。

  • まずは臭いで腐っているか見極める
  • 中身がドロドロに溶けている
  • 柔らかくしなびている
  • 青カビ白カビが生えている
  • 触ってみて確認してみる

1つずつ解説していきます。

スポンサードリンク

まずは臭いで腐っているか見極める

まずはにんじんの臭いを嗅いでみましょう。腐っている食物特有の、酸っぱい臭いがしたら、腐っていると判断していただいて大丈夫です。

実は私もにんじんを腐らせてしまったことがあり、その時も「酸っぱい臭い」がしました。

にんじんは日持ちする野菜ですが、こまめに管理しないといけませんね。

中身がドロドロに溶けている

にんじんを実際に切ってみて、中身がドロドロになってしまっている場合は、迷わず廃棄しましょう。確実に腐っている状態ですので、心が傷みますが、廃棄するしかありません。

柔らかくしなびている

柔らかくしなびている場合も腐っている可能性が高いです。触ってみて判断できる可能性もありますが、怪しいなと思ったら実際に切ってみるのが良いでしょう。

また、柔らかい場合か、もしくはしなびている場合の、どちらの状態でも腐っている可能性もあります。

スポンサードリンク

青カビ白カビが生えている

腐ってしまっているにんじんの典型的な特徴が、カビが生えていることです。例え「カビが一部分しかない」という場合でも、廃棄するのが賢明です。

カビには根っこがありますので、一部分しかカビが見えないという場合でも、中ではカビ菌が大きく広がっている可能性があります。

また、色が黒くなってしまっている場合は、腐っている可能性が高いです。

触ってみて確認してみる

にんじんを触ってみて、ぬるぬるとした感触がある場合は要注意です。洗ってみて取れる場合は問題ありませんが、洗ってもぬめりが取れない時は、腐っている可能性が高いです。

スポンサードリンク

新鮮なニンジンの見分け方

人参は定番野菜として年中店頭に並んでいますが、旬の時期は9月~11月頃です。少しでも鮮度の良い人参を選ぶためのポイントを紹介いたします。

鮮度がいい人参の見分け方4つのポイント

新鮮がよく、美味しい人参は以下のポイントで見分けます。

  1. 葉のつけ根の切り口が小さく、きれいなもの
  2. 表面がなめらかでつやがあるもの
  3. ひげ根が少ないもの
  4. 色が濃いもの

一般的に葉付きの人参は新鮮です。葉に水分と栄養を取られてしまいますので、買ったらすぐに切り落としておきましょう。

良い状態で保存するためには、少しでも新鮮な人参を選びたいものです。是非上記のポイントを参考にしてください。

スポンサードリンク

人参の保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい?

ニンジンの保存期限の目安は

  • 冷蔵保存:2~3週間程度
  • 冷凍保存:2か月程度
  • 常温保存:一週間程度

保存したままにしておくと、風味が落ちてしまいます。上記の保存期間はあくまで目安ですので、なるべく早くお召し上がりくださいね。
お得に売られていることも多い人参。上手に保存して食卓で活躍させてください。

スポンサードリンク

まとめ

にんじんが緑色になってしまった時の原因を解説してきました。緑色になってしまっている時は日焼けしているだけなので、問題なく食べることができます

また、にんじんが腐っているか見分ける方法は下記の通りです。

  • まずは臭いで腐っているか見極める
  • 中身がドロドロに溶けている
  • 柔らかくしなびている
  • 青カビ白カビが生えている
  • 触ってみて確認してみる

ぜひ腐らせることなく、美味しいうちに食べていきましょう。

スポンサードリンク

にんじんの人気記事をチェック

レタスで人気のある記事を4つ紹介します。
是非チェックしてくださいね(^^♪
ニンジン3種類全40品種まとめ|あなたの好みは東洋種?西洋種?地域ブランド種の特徴も解説 にんじんの主な栄養と成分表|期待できる5つの効果・加熱したらどうなる? 人参の保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい? 人参を使ったおすすめレシピとカロリーまとめ10選