人参の保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい?

人参は彩りもよく様々な料理に活用でき、年中食卓を飾ってくれる野菜です。冷蔵庫に常備しているという方も多いのではないでしょうか。

でもキチンと保存できていますか?なんとなく冷蔵庫に入れているだけでは、せっかくの人参もしおれて傷んでしまいます。

人参は、乾燥と湿気が大敵。矛盾しているようですが、これを意識するかどうかで保存状態に差が出ます。

今回は、新鮮な人参の見分け方と、冷蔵・冷凍・常温別の保存方法をご紹介いたします。

これを読めば鮮度を保って保存することができるようになります。栄養満点の人参をたくさん食べてくださいね。

スポンサードリンク


人参ってどんな野菜?

分類 セリ科ニンジン属
原産地 アフガニスタン
由来 ギリシャ語のkaroton
英語でいうと carrot
人参には東洋種と西洋種があり、現在スーパーなどで見かけるオレンジ色の西洋種が日本で主流になったのは戦後です。それまでは金時人参のような濃い赤色で長さのある東洋種が主流でした。

現在では東洋種の人参は12月になると出回り、お正月のお雑煮を作る時に活躍してくれます。

参考「野菜果物辞典」https://www.yasaiyasai.com/name/n/carrot/

「語源由来辞典」http://gogen-allguide.com/ki/carrot.html

人参の効能

野菜の中ではβ-カロテンの含有量がトップクラスです。免疫力をアップさせ、がん予防にも効果があると言われています。

β-カロテンの吸収率をアップさせるには、生食よりも煮物、煮物よりも油を使って調理すると有効的です。

また、ビタミンCの流出を防ぐには電子レンジ調理がおすすめです。

風邪予防に効果があるので、旬の時期には積極的にお料理に取り入れたいですね。

美味しい人参の食べ方

生のまま野菜スティックやサラダにすれば人参の風味を直に感じることができ、煮物や炒め物にすれば人参の甘味が際立ち彩りもよくなります。

カレーやポトフでも定番の具材ですね。ミキサーにかけて人参ドレッシングや野菜ジュースなどにもできる栄養満点の万能野菜です。

苦手な人も多い人参ですが、美味しく調理してその栄養をいただきましょう。

スポンサードリンク


鮮度の良い人参の見分け方


人参は定番野菜として年中店頭に並んでいますが、旬の時期は9月~11月頃です。少しでも鮮度の良い人参を選ぶためのポイントを紹介いたします。

・鮮度がいい人参の見分け方4つのポイント

新鮮がよく、美味しい人参は以下のポイントで見分けます。
  1. 葉のつけ根の切り口が小さく、きれいなもの
  2. 表面がなめらかでつやがあるもの
  3. ひげ根が少ないもの
  4. 色が濃いもの
一般的に葉付きの人参は新鮮です。葉に水分と栄養を取られてしまいますので、買ったらすぐに切り落としておきましょう。

良い状態で保存するためには、少しでも新鮮な人参を選びたいものです。是非上記のポイントを参考にしてください。

「味の農園」https://www.ajfarm.com/15403/

冷蔵保存の場合


人参は小さいのでそのまま冷蔵庫に入れてしまいがちですが、ひと手間加えることで鮮度を保って保存することができます。

保存期間の目安

冷蔵での保存期間の目安は2~3週間です。

冷蔵での保存方法

人参は水気がついていると早く傷んでしまいますので、袋に入っていたら一旦取り出して水気をよく拭き取ります。

その後、乾燥を防ぐために新聞紙で一本ずつ包んでからポリ袋に入れます。軽く袋を閉じて立てて保存します。スペースがなければ、寝かせて野菜室に入れておきましょう。

スポンサードリンク


冷凍保存の場合


すぐに食べきれない場合は、冷凍保存も可能です。料理に合わせてあらかじめ切っておけばすぐに使えて手間いらずです。

保存期間の目安

冷凍での保存期間の目安は2か月程度です。

冷凍での保存方法

冷凍での保存方法は2通りあります。
  1. 生のまま保存
    薄めのいちょう切りや千切りにして、ラップで平らに包み、冷凍用保存袋に入れて保存します。凍ったまま汁物や炒め物に使えるので便利です。
  2. ゆでで保存
    固めにゆでてザルにあげ、粗熱を取ってから冷凍用保存袋に入れて保存します。解凍する時は前日に冷蔵庫に移して自然解凍、または電子レンジで解凍します。

スポンサードリンク


常温保存の場合


涼しい季節は常温保存も可能です。干して保存すれば長期保存もできます。

保存期間の目安

常温で丸ごと保存した場合、保存期間の目安は一週間程度です。干した場合は1か月程度です。

常温での保存方法

水気を拭いてから湿気ないように丸ごと一本ずつ新聞紙で包み、冷暗所で立てて保存します。

干す場合は、料理に合わせて切り、ザルに並べて2日程干します。煮物や漬物、炊き込みご飯の具にも使えます。

まとめ

ここまで、人参の保存方法と保存期間について説明いたしました。

保存期間の目安をまとめておさらいしておきましょう。
  • 冷蔵保存:2~3週間程度
  • 冷凍保存:2か月程度
  • 常温保存:一週間程度
保存したままにしておくと、風味が落ちてしまいます。上記の保存期間は目安ですので、なるべく早くお召し上がりくださいね。

お得に売られていることも多い人参。上手に保存して食卓で活躍させてください。

スポンサードリンク