アロマレッドの特徴・旬の時期は?フルーティーな香りでポタージュにぴったりな西洋種ニンジン

「アロマレッド」という名前のニンジンをご存知でしょうか?こちらは西洋種ニンジンの一種で、名前の通り、香りに特徴があり、「バラの香りのニンジン」と言われています。

ニンジン独特の青くささがないため、ニンジンが苦手なお子様でも食べられると人気のニンジンです。

そこで、今回はアロマレッドがどんなニンジンなのか特徴や相場価格、おすすめの食べ方と合わせてご紹介していきます。

画像:北海道の青果卸売会社

スポンサードリンク

アロマレッドとは

特徴|どんな人参?

アロマレッドの特徴は、鮮やかな色、甘さ、香りとありますが、やはりなんといっても1番の特徴は香りです。

香水の原料にもなる「ブルガリアン・ローズ」の香り成分の一つである『ダマセノン(βーdamascenone)』の含有量が他のニンジンに比べて多く、食べると口の中にフルーティーな香りが広がります。

その特徴から、「バラの香りのニンジン」と呼ばれるようになりました。

種苗会社のトーホクと東洋大学植物機能研究センターとの共同開発によって作られた新しい品種で、根長はやや長め(18~19cm)の円筒形をしています。濃紅色で、芯の方まで鮮やかな色になるニンジンです。

旬の時期はいつ?

8月上旬~11月がアロマレッドの旬の時期と言われています。

夏から秋にかけて食べられるニンジンなのですね。適期栽培では、110日前後で収穫でき、黒葉枯病やしみ腐病といった病気に比較的強いため、栽培が容易とされているそうです。

主な産地はどこ?

主な産地は北海道です。中でも産地の中心である北海道東部のオホーツク地方は、夏場でも冷涼なため、ニンジンの栽培に適している地域です。

そのため、夏から秋にかけてがアロマレッドの旬になっているのですね。他にも、神奈川県や茨城県、石川県、熊本県などでも生産されており、生産地域が増えています。

スポンサードリンク

アロマレッド相場価格

スーパーだと

2~3本入りで、130~150円程度で売られています。北海道以外の地域では、流通量や生産者が限られるため、スーパーよりも道の駅や直売所の方が見つけることができるかもしれませんね。

通販だと

通販では、2kgで1,000円ほどの価格で販売されています。農家さんから直接届けられる新鮮なアロマレッドを楽しむことができます。

スーパーなどで購入するよりは、量が多めにはなってしまいますが、冷凍保存や大量調理、あるいはご近所の方と共同購入などができれば、通販での購入も検討してみてください。

アロマレッドのニンジンジュースも

また、アロマレッドそのものではなく、アロマレッドを使ったニンジンジュースも1L、1,000円程度で、通販で購入することができます。ジュースであれば収穫時期に関わらず購入することができますし、生のニンジンに比べて保存がきくので、お試ししやすいかもしれません。

スポンサードリンク

おススメの食べ方

ポタージュ

アロマレッドのフルーティーで爽やかな香りを楽しむにはポタージュがおすすめです。ニンジン独特の臭いがないため、ニンジン臭さが苦手なお子様にも飲みやすいポタージュとなります。アロマレッドは甘みも強いので、その甘みを活かした優しい味のポタージュでほっと一息つきたいですね。塩の代わりに味噌を使えば、味に深みを持たせることもできます。

サラダ

アロマレッドは生で食べても甘みがあるので、サラダにも向いています。素材そのものの香りを楽しむこともできますし、色も中心部や芯の方まで鮮やかなオレンジ色をしているため、彩りも良くなります。スティックサラダや浅漬けのサラダにしてもいいですね。

まとめ

今回はバラのようなフルーティーな香りのするアロマレッドというニンジンについてみていきましたが、いかがでしたでしょうか?

ニンジン独特の青くささが苦手な方やお子様にも、ぜひ試していただきたいニンジンでした。爽やかでフルーティーな香りや、甘さがあるため、加熱して食べるのにも生で食べるのにも向いています。

夏ごろになったら、お近くのスーパーや直売所、通販などで探してみてください。まずは、アロマレッドを使ったジュースを購入し、香りを楽しんでみるのもいいですね。

アロマレッド以外の品種のニンジンも一緒に買って、香りや味の違いを比べるのも良さそうです。ぜひ、今回ご紹介したポタージュやサラダ以外にも色々なニンジン料理にアロマレッドを使ってみてください。

私も今年の夏こそは、アロマレッドを購入してみたいと思っています。

スポンサードリンク