カラーにんじん(カラフルキャロット)の特徴・旬の時期は?彩り豊かでソテーに使われる地域ブランドにんじん

ニンジンと言われて、まず真っ先にイメージするのは、やっぱりオレンジ色ですよね。他にはどんな色のニンジンが思い浮かびますか?

イエローやパープルなどのカラフルなニンジンを購入されたことがある方もいらっしゃるかもしれません。今回は、玉ねぎで有名な淡路島産の地域ブランドにんじんである「カラーにんじん(カラフルキャロット)」について紹介します

淡路島は玉ねぎで有名ですが、ニンジンも地域ブランド品になっています。それでは、カラーにんじんについて詳しくご紹介していきます。

画像:浜松野菜

スポンサードリンク

カラーにんじん(カラフルキャロット)とは

特徴|どんな人参?

カラーにんじんはスティックサイズの細めのにんじんです。名前の通りカラフルなにんじんですので、飲食店などでもニーズがとても高いそうです。

基本的には葉っぱ付きで売られており、季節によって葉っぱや色に変化が出るのが大きな特徴です。色による味の違いについては、後ほど詳しくご紹介していきます。

旬の時期はいつ?

淡路島産のカラーにんじんは1月~12月まで通年で出荷されています。4月以外は葉っぱ付きで売られているようです。

葉っぱもβカロテンやビタミンEが豊富で、香りもとても良いので、ぜひ葉っぱ付きでご購入されたときには、葉っぱも一緒にお料理に使ってください。葉っぱは、刻んでかき揚げにしたり炊き込みご飯の香りづけに使ったりすることもできます。

主な産地はどこ?

主な産地は兵庫県の淡路島です。淡路島は、1年を通じて天気や湿度が安定している瀬戸内海式気候の温暖な島です。

そんな淡路島で、海からの潮風と太陽の光を受けながら、家畜ふんの堆肥やミネラルをたっぷり含む海藻肥料などの淡路島ならではの地域資源を活かした土壌で、カラーにんじんは育てられています。

スポンサードリンク

カラーニンジンの色をチェック

カラーにんじんの色の種類には、オレンジ、イエロー、パープル、ホワイトがあります。それぞれの色ごとに味や香りに特徴があるそうなので、1つずつご紹介していきます。ぜひ食べ比べをして、違いを味わってみてください。

  • オレンジ

    香りが強くて、カロテン豊富
  • イエロー

    甘みが強くて、柑橘類のような風味。生食OK
  • パープル

    独特なコクと旨味が味わえ、ポリフェノールも含む
  • ホワイト

    軽やかな食感と爽やかな甘み

カラーニンジン相場価格

スーパーだと

スーパーや直売所では、200gで270円~300円ほどで売られているようです。ただ、流通量が限られているため、おそらく淡路島以外では、なかなか近くのスーパーでは見かけることがないようです。

もし、淡路島に旅行などに行くことがあれば、ぜひその時はスーパーや直売所をのぞいてみてください。

スポンサードリンク

通販だと

淡路島の若手生産者さんたちのグループである「フレッシュグループ淡路島」のオンラインショップ「フレッシュグループ淡路島 Yahoo!ショッピング」でカラーにんじんを購入することができます。

「フレッシュグループ淡路島」は新進気鋭の農業グループとして、全国から注目されているそうです。

カラーにんじん3色(オレンジ・イエロー・パープル)食べ比べの10パックセットで3,000円(税込)、カラーにんじん3色(オレンジ・イエロー・パープル)を含む季節の12種類の野菜とハーブセットで4,000円(税込)となっています。

どちらも送料は無料となっています。

スポンサードリンク

まとめ

今回は淡路島の地域ブランド品であるカラーにんじん(カラフルキャロット)をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

色がオレンジ、イエロー、パープル、ホワイトとあり、その色ごとに香りや味などに特徴があることを、私も初めて知って驚きました。

淡路島に行かれる機会がある方は、ぜひ直売所やスーパーなどにも立ち寄って、玉ねぎだけでなく、カラーにんじんのことも探してみてください。ネット通販でも購入が可能でしたので、農家さんから直接送られてくる、新鮮なカラーにんじんを楽しむのもいいですね。

私も購入するときには、色違いを買いそろえて、まずは食べ比べをしてみたいと思います。

スポンサードリンク