建築紋まとめ4選!庵,井桁,井筒,鳥居

庵は茅などの草木で作った簡単な小屋のことで、農作業や行軍の休憩所として好まれました。庵紋は家そのもののような形で2本柱に屋根が付いており、発祥は不明とされています。

江戸時代以降に使用されるようになり、庵単体ではなく、他の紋と組み合わせたものが多く用いられました。丸で囲んだ丸に変わり庵や、庵の中に鶴や柏など生き物を入れたものも存在しました。その中でも一番多く使用されていたのは庵木瓜(いおりもっこう)です。庵紋の半数がこの庵木瓜であったと言われています。

使用家には、工藤氏、伊藤氏、伊東氏、曽我氏などがあります。特に工藤氏が庵木瓜を用い、木瓜を木工とかけ合わせ、職名が強調されていました。

井桁

井桁は、井戸の周りを取り囲む地上にある枠のことを指します。これを指す言葉んで他に「井筒」がありますが、家紋としては少し異なる別ものです。

井桁は菱形なのに対し、井筒は正方形のものを表しています。井桁紋は江戸時代に普及しはじめ、名字に「井」のつく井上氏、石井氏、酒井氏、井出氏などの家紋として用いられていました。

菱形の井桁には様々なバリエーションがあり、一番シンプルな井桁は井上氏の家紋でした。丸で囲んだ丸に井桁や、縁取りのみで中が白い影井桁、二重に重なった重ね井桁、立体的な唐井桁などがあります。

また、井桁を家紋に用いた戦国武将家には、夏目氏、高城氏、沢氏、井地知氏などがあります。

井筒

井筒とは井戸を囲む木組みの枠のことで、井筒紋のほかに「井桁(いげた)紋」もありますが、井筒紋は正方形のもの、井桁紋は菱形に変形したものと区別されています。

人々の生活に水は欠かせず、水の湧く場所は神聖とされることから家紋にも用いられるようになりました。静岡県での使用が非常に多く、使用率は1割ほです。

太い線で形どった平井筒や、2つの井が重なったような花形井筒、3つの井がばらばらに配置されている三つ寄せ井筒などがあります。

使用家は、井田氏、井出氏、今井氏、石井氏、井上氏など、名字に「井」の付く家系に多く見られます。文様としては信仰的な意義で用いられました。

スポンサードリンク

鳥居

鳥居紋は神社の鳥居そのものを表したもので、元々は神に供える鶏の止まり木が由来となっています。名字にちなんで鳥居氏や、神職にかかわる家系・氏子などに多く用いられていました。

鳥居紋は鳥居のみを描いたものもあれば、雀や鳩などの鳥を添えたり、竹や文字などと組み合わせたものも多く、バリエーションは豊富です。丸に神宮鳥居や、鳥居垣に三つ巴、鳥居に鳩、玉垣鳥居などがあります。

使用者は、清和源氏義光流の山本氏、窪田氏、宇都宮氏族の大久保氏、宇都宮氏、朝岡氏などです。また、「見聞諸家紋」には位田氏は鳥居に鳩、羽継原合戦記」にも八幡社の神主である宮崎氏も同じ鳥居に鳩を用いています。

スポンサードリンク