ベニアカリの特徴・旬の時期は?北海道のもっちり系じゃがいも

じゃがいもにはいろいろな色の品種があることをご存知ですか?普段よく食べているじゃがいもは、皮が薄茶色をしていますが、中には紫色や黒色、まだら模様のものなど様々なものがあります。

今回は、淡い赤色が綺麗な「ベニアカリ」という品種のじゃがいもに着目したいと思います。聞いたことはあるでしょうか?北海道で生産されており、ほくほくとした食感のじゃがいもです。

私の住んでいる地域では、じゃがいもがあまり生産されていないので普段は男爵いもやメイクイーンなど一般的なじゃがいもを使っているのですが、このベニアカリはとても可愛い色をしているので、スーパーに並んでいたら頻繁に買ってしまいそうな品種です。

それでは今回は、皮が赤色のじゃがいも「ベニアカリ」の特徴や旬の時期についてご紹介します。

画像引用:メシ通

スポンサードリンク

ベニアカリってどんなじゃがいも?

読み方 べにあかり
旬の時期 5月下旬
主な生産地 北海道
種類 ほくほく系じゃがいも


引用:valornavi

スポンサードリンク

特徴

ベニアカリは皮がピンク色をしたじゃがいもで、皮の色に対し果肉は淡い黄色をしています。でんぷん質の含有量が男爵いもよりも多く、20%と豊富なため、加熱すると非常にほくほくとした食感になります。

皮は加熱すれば食べることができるため見た目も華やかで美味しい品種です。形は男爵いものように丸くころころとしており、芽が少なく浅いので下処理のしやすさが特徴として挙げられます。

ほくほく系のじゃがいもなので煮崩れしやすく、煮物料理にはあまり向きませんが、その食感を活かしてさまざまな料理に活用することができます。

現在の生産量はあまり多くありませんが、ホームセンターやネットでは種芋も販売されていますので、家庭菜園としても育てることができるようです。

歴史・由来

ベニアカリは1984年に北海道の農業試験場で誕生しました。はじめは澱粉への加工用として栽培されていましたが徐々に用途は変わり、見た目やその味の良さから1994年に「ベニアカリ」として品種登録されました。

ベニアカリという名前は、皮が紅色であることと、北海道の農業試験場がそれまでに育成してきたじゃがいもに「アカリ」と付けていたことにより決定したそうです。現在は以前と比べ生産量が減ってしまい、あまり流通していない品種です。

旬の時期

ベニアカリは、5月下旬頃を旬の時期としています。

主な生産地

ベニアカリの主な生産地は、じゃがいもと言えばの北海道です。生産のメインは北海道ですが、滋賀県など他の地域でも生産されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?

そんなベニアカリですが、いくらくらいで購入することができるのでしょうか?珍しい品種なので地域によってはなかなか手に入れるのが難しいかもしれませんが、スーパーの場合とネット通販の場合、それぞれの価格を見てみましょう。

スーパー

生産地の地域ではスーパーでも手に入れやすく、10個入の袋が120円で販売されていました。直接手に入れるのが難しいという方は、通販でしたら手軽にお取り寄せすることができますよ。

ネット通販

ベニアカリはネット通販でも販売されており、各サイトによって価格は異なりますが、5kg3,000円、10kg3,600円、20kg5,500円でした。

5kgと10kgの差が少なく、10kg購入すると非常にお買い得ですね。興味のある方は是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

じゃがいも3種類・全55品種のまとめ

ほくほく系36品種

インカのめざめの特徴・旬の時期はいつ?オススメレシピも|ほくほく系じゃがいもの代表格インカのめざめ 男爵の特徴・旬の時期は?でんぷんの量が多いコロッケ向きのほくほく系じゃがいも男爵 キタアカリの特徴・旬の時期は?甘みが強いじゃがバター向きのほくほく系じゃがいもキタアカリ
紫じゃがいも!シャドークイーンの特徴・旬の時期は?アントシアニンが多いほくほく系じゃがいもシャドークイーン スタールビーの特徴・旬の時期は?ねっとり食感の新品種|ほくほく系じゃがいもスタールビー ピンク色のノーザンルビーの特徴・旬の時期は?アントシアニンを含むほくほく系じゃがいもノーザンルビー
北海こがねの特徴・旬の時期は?金色の果肉でフライ用に作られたほくほく系じゃがいも北海こがね アンデスレッドの特徴・旬の時期は?表皮が赤い甘みのあるほくほく系じゃがいもアンデスレッド 三方原馬鈴薯の特徴・旬の時期は?静岡生まれのしっかりした甘みのあるほくほく系じゃがいも三方原馬鈴薯
今金男爵の特徴・旬の時期は?北海道今金町のほくほく系じゃがいも今金男爵 きたかむいの特徴・旬の時期は?果肉が白いほくほく系じゃがいもきたかむい 十勝こがねの特徴・旬の時期は?丸い形状で日持ちの良いほくほく系じゃがいも十勝こがね
マチルダの特徴・旬の時期は?スウェーデン生まれのポテトサラダ向きのほくほく系じゃがいもマチルダ ピルカの特徴・旬の時期は?アイヌ語で「美しい」の名前をもつほくほく系じゃがいもピルカ 下栗芋(二度芋)の特徴・旬の時期は?長野県飯田市村下栗のほくほく系じゃがいも下栗芋(二度芋)
グラウンドペチカ(デストロイヤー)の特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもグラウンドペチカ インカルージュの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもインカルージュ とよしろの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもとよしろ
さやあかねの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもさやあかね タワラヨーデルの特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもタワラヨーデル ドラゴンレッドの特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもドラゴンレッド
さやかの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもさやか キタムラサキの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもキタムラサキ わせしろの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもわせしろ
ながさき黄金の特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもながさき黄金 サッシーの特徴・旬の時期は?フランスGermicopa社が育種したのほくほく系じゃがいもサッシー タワラマゼランの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもタワラマゼラン
スノーマーチの特徴・旬の時期は?北海道北見市のほくほく系じゃがいもスノーマーチ ジャガキッズパープルの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもジャガキッズパープル インカパープルの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもインカパープル
オホーツクチップの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもオホーツクチップ スノーデンの特徴・旬の時期は?アメリカのほくほく系じゃがいもスノーデン 紅丸の特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいも紅丸
チェルシーの特徴・旬の時期は?フランスのほくほく系じゃがいもチェルシー ムサマルの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもムサマル きたひめの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもきたひめ

もっちり系10品種

シェリーの特徴・旬の時期は?フランスのもっちり系じゃがいもシェリー でじまの特徴・旬の時期は?長崎県のもっちり系じゃがいもでじま シンシアの特徴・旬の時期は?フランス生まれのもっちり系じゃがいもシンシア
メイクイーンの特徴・旬の時期は?イギリス生まれのおなじみ品種|もっちり系じゃがいもメイクイーン とうやの特徴・旬の時期は?北海道の奨励品種で滑らかな舌触りのもっちり系じゃがいもとうや ジョアンナの特徴・旬の時期は?フランスで人気の濃厚なおいしさが特徴なもっちり系じゃがいもジョアンナ
インカのひとみの特徴・旬の時期は?栗のような味わいのもっちり系じゃがいもインカのひとみ コロールの特徴・旬の時期は?フランス生まれのもっちり系じゃがいもコロール アイユタカの特徴・旬の時期は?長崎県のもっちり系じゃがいもアイユタカ
ベニアカリの特徴・旬の時期は?北海道のもっちり系じゃがいもベニアカリ    

しっとり系6品種

はるかの特徴・旬の時期は?長崎のしっとり系じゃがいもはるか レッドムーンの特徴・旬の時期は?サツマイモの様なコクと優しい甘さのしっとり系じゃがいもレッドムーン ニシユタカの特徴・旬の時期は?収穫量が多い春秋に出回るしっとり系じゃがいもニシユタカ
こがね丸の特徴・旬の時期は?北海道のしっとり系じゃがいもこがね丸 アローワの特徴・旬の時期は?フランス産のしっとり系じゃがいもアローワ デフラの特徴・旬の時期は?フランス産のしっとり系じゃがいもデフラ

スポンサードリンク

じゃがいもの栄養と期待できる5つの効果

じゃがいもの栄養成分表

じゃがいもは海外では主食となるため、主な成分はでんぷんです。その他にもビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6も豊富に含んでいるため、フランスでは「大地のりんご」とも呼ばれています。
ジャガイモの栄養成分の中でも特徴的なのが、ビタミンCです。含有量はりんごの約5倍という驚異的な数値にも拘わらず、でんぷんに包まれているため、保存や加熱によっても成分が壊れにくいです。

エネルギー 76kcal
水分 79.8g
たんぱく質 1.6g
炭水化物 17.6g
カリウム 410mg
マグネシウム 20mg
リン 40mg
0.4mg
亜鉛 0.2mg
マンガン 0.11mg
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.03mg
ビタミンB6 0.18mg
ビタミンC 35mg
食物繊維総量 1.3g

食品成分表(可食部 100gあたり)

期待できる5つの効果

  1. 便秘
  2. 美容効果
  3. 美肌
  4. むくみ改善
  5. 免疫力を高める

スポンサードリンク

じゃがいもの保存方法|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい?

実家からたくさん送ってきて1回では使い切れない・・・保存方法がわからないとお困りではありませんか?
じゃがいもの冷凍・冷蔵・常温に分けて保存方法をまとめてみました。

  • 冷蔵の保存期間:野菜室で6カ月、干しじゃがいもにして冷蔵室で1カ月
  • 冷凍の保存期間:1カ月
  • 常温の保存期間:3カ月

保存期間は目安になります。季節や保存環境によって保存期間が変わってきますので、必ず食べる前に目で確認してから調理するようにしましょう。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、どんな料理がベニアカリに合うのでしょうか?ベニアカリを使ったおすすめレシピを3種類ご紹介します。

マッシュポテト

引用:中藪農園

じゃがいものほくほく感を活かす料理といえばマッシュポテトです。ベニアカリは煮崩れしやすいので、潰して形を残さない料理がも向いています

全て潰しきらずあえて形を少し残すことで、ほくほくとした食感を楽しむことができますよ。

フライドポテト

引用:食べチョク

ベニアカリを使ったフライドポテトは、太めのくし切りにすると、よりほくほく感を味わうことができます。つけ合せとしても良いですし、おやつとしてもおすすめです。

皮が赤色で綺麗なので、皮付きで揚げてみてください。揚げ物は大変という方は、フライパンに薄く油を敷いて焼くように揚げると後処理も簡単ですよ。
スポンサードリンク

ラクレット

チーズがお好きな方にはラクレットがおすすめです。ラクレットはスイスの伝統料理で、現地ではパンやじゃがいもにかけて食べます。

レクレット用の薄いチーズも販売されており、薄切りして両面を焼いたフライパンにチーズをのせ溶かすだけなので簡単にできますよ。ベニアカリの甘さとチーズの塩気がマッチするおもてなし向けレシピです。

まとめ

見た目が綺麗な北海道産のじゃがいも「ベニアカリ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?皮ごと食べることができるため、その色を活かしていろいろな料理に使うことができます。

近場で手に入れるのが難しいという方は、ネットでもお取り寄せが出来ますので是非一度その味を味わってみてください。見た目も味も美味しいじゃがいもです。

スポンサードリンク

じゃがいもの人気記事をチェック

じゃがいもで人気のある記事を4つ紹介します。
是非チェックしてくださいね(^^♪
じゃがいも3種類全52品種まとめ|あなたの好みはほくほく系?しっとり系?もっちり系? じゃがいもの栄養価と期待できる5つの効果効能まとめ じゃがいもの保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい? じゃがいもを使った人気レシピ10|おススメランキングまとめ