アローワの特徴・旬の時期は?フランス産のしっとり系じゃがいも

じゃがいもは1年を通じてお料理によく使う野菜の一つですが、あまり知られていない種類もたくさんあることをご存知ですか?

今回着目するのは、フランス産のじゃがいもで「アローワ」という品種です。溶けるような食感と言われるアローワを食べてみたくありませんか?

私はいつも購入するのは男爵いもやメイクイーンなどの一般的なじゃがいもばかりなので、このアローワがいつでもスーパーにあればいいのにと思っています。

さて、それではフランス産のじゃがいも「アローワ」の特徴や旬の時期などについてご紹介します。

画像引用:ベジフルポケット

スポンサードリンク

アローワってどんなじゃがいも?

読み方 あろーわ
旬の時期 5月〜12月
主な生産地 フランス
種類 しっとり系じゃがいも

スポンサードリンク

特徴

アローワはフランス原産のじゃがいもで、見た目は楕円形でつるんとしており、肉質はやや粘り気がありねっとりしっとりとしています。

芽が浅く皮がむきやすいので下処理が簡単にでき、皮も果肉も淡い黄色をしています。あっさりとした味わいなので甘みが好きな方には少し物足りないかもしれませんが、調理しやすくフランスでは一般的なじゃがいもとして食べられています。

含まれるでんぷん量は少ないですが、煮崩れしにくいので煮物料理を始めとするさまざまな料理に活用できるじゃがいもです。加熱後は、しっとりそして少しほくほく感のある食感で、溶けるような舌触りでありながらあっさりしておりシンプルな味なので扱いやすいです。

サイズ感は割と大きく、成長が早いので春と秋の二度収穫することができ、じゃがいもの中では珍しい二毛作が可能な品種です。

しかし休眠期間が短いので、収穫後は温度の低い場所で保管しないとすぐに芽が出てしまうといった点もあります。特に春の収穫後は気温も上がるので、保存環境には注意が必要です。

歴史・由来

アローワはGermicopa社というフランスの会社が育成した品種です。2009年に品種登録されたばかりの比較的新しいじゃがいもで、日本では株式会社ジャパンポテトという外国産のじゃがいもを輸入している会社によって導入されています。

 

スポンサードリンク

旬の時期

アローワはじゃがいもでは珍しい二毛作ができる品種です。そのため旬の時期が長く、5月〜12月に食べることができます。

早期成長してくれるので早めの収穫ができ、同じ畑で1年に2度育てることができるのです。

主な生産地

アローワはフランスで一般的に食べられている品種の一つで、世界的にみた主な生産地はフランスですが、日本でも少し生産をしているところもあるようです。

フランスでは暖かい西南地方で豊富に生産されているのですが、日本でも同じく暖かい鹿児島県や関西地方で栽培が行われています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?

アローワの生産量はごく少量なので、あまりスーパーで見かけることは無いかと思います。生産地ではスーパーでも販売されているようですが、時期によっては通販で販売されていますので、その価格を見てみましょう。

スーパー

生産地の地域ではスーパーでも手に入れやすく、7〜8個入りの袋が130円で販売されていました。生産地ということもあり、とても安いですよね。直接手に入れるのが難しいという方は通販でしたら手軽にお取り寄せすることができますよ。

ネット通販

アローワはネット通販で販売されています。日本では生産量の少ないじゃがいもなので販売サイトは少ないですが、鹿児島県産のものが5kg2,000円でした。地域によっては珍しい品種かと思いますので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

じゃがいも3種類・全55品種のまとめ

ほくほく系36品種

インカのめざめの特徴・旬の時期はいつ?オススメレシピも|ほくほく系じゃがいもの代表格インカのめざめ 男爵の特徴・旬の時期は?でんぷんの量が多いコロッケ向きのほくほく系じゃがいも男爵 キタアカリの特徴・旬の時期は?甘みが強いじゃがバター向きのほくほく系じゃがいもキタアカリ
紫じゃがいも!シャドークイーンの特徴・旬の時期は?アントシアニンが多いほくほく系じゃがいもシャドークイーン スタールビーの特徴・旬の時期は?ねっとり食感の新品種|ほくほく系じゃがいもスタールビー ピンク色のノーザンルビーの特徴・旬の時期は?アントシアニンを含むほくほく系じゃがいもノーザンルビー
北海こがねの特徴・旬の時期は?金色の果肉でフライ用に作られたほくほく系じゃがいも北海こがね アンデスレッドの特徴・旬の時期は?表皮が赤い甘みのあるほくほく系じゃがいもアンデスレッド 三方原馬鈴薯の特徴・旬の時期は?静岡生まれのしっかりした甘みのあるほくほく系じゃがいも三方原馬鈴薯
今金男爵の特徴・旬の時期は?北海道今金町のほくほく系じゃがいも今金男爵 きたかむいの特徴・旬の時期は?果肉が白いほくほく系じゃがいもきたかむい 十勝こがねの特徴・旬の時期は?丸い形状で日持ちの良いほくほく系じゃがいも十勝こがね
マチルダの特徴・旬の時期は?スウェーデン生まれのポテトサラダ向きのほくほく系じゃがいもマチルダ ピルカの特徴・旬の時期は?アイヌ語で「美しい」の名前をもつほくほく系じゃがいもピルカ 下栗芋(二度芋)の特徴・旬の時期は?長野県飯田市村下栗のほくほく系じゃがいも下栗芋(二度芋)
グラウンドペチカ(デストロイヤー)の特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもグラウンドペチカ インカルージュの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもインカルージュ とよしろの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもとよしろ
さやあかねの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもさやあかね タワラヨーデルの特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもタワラヨーデル ドラゴンレッドの特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもドラゴンレッド
さやかの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもさやか キタムラサキの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもキタムラサキ わせしろの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもわせしろ
ながさき黄金の特徴・旬の時期は?長崎県のほくほく系じゃがいもながさき黄金 サッシーの特徴・旬の時期は?フランスGermicopa社が育種したのほくほく系じゃがいもサッシー タワラマゼランの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもタワラマゼラン
スノーマーチの特徴・旬の時期は?北海道北見市のほくほく系じゃがいもスノーマーチ ジャガキッズパープルの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもジャガキッズパープル インカパープルの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもインカパープル
オホーツクチップの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもオホーツクチップ スノーデンの特徴・旬の時期は?アメリカのほくほく系じゃがいもスノーデン 紅丸の特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいも紅丸
チェルシーの特徴・旬の時期は?フランスのほくほく系じゃがいもチェルシー ムサマルの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもムサマル きたひめの特徴・旬の時期は?北海道のほくほく系じゃがいもきたひめ

もっちり系10品種

シェリーの特徴・旬の時期は?フランスのもっちり系じゃがいもシェリー でじまの特徴・旬の時期は?長崎県のもっちり系じゃがいもでじま シンシアの特徴・旬の時期は?フランス生まれのもっちり系じゃがいもシンシア
メイクイーンの特徴・旬の時期は?イギリス生まれのおなじみ品種|もっちり系じゃがいもメイクイーン とうやの特徴・旬の時期は?北海道の奨励品種で滑らかな舌触りのもっちり系じゃがいもとうや ジョアンナの特徴・旬の時期は?フランスで人気の濃厚なおいしさが特徴なもっちり系じゃがいもジョアンナ
インカのひとみの特徴・旬の時期は?栗のような味わいのもっちり系じゃがいもインカのひとみ コロールの特徴・旬の時期は?フランス生まれのもっちり系じゃがいもコロール アイユタカの特徴・旬の時期は?長崎県のもっちり系じゃがいもアイユタカ
ベニアカリの特徴・旬の時期は?北海道のもっちり系じゃがいもベニアカリ    

しっとり系6品種

はるかの特徴・旬の時期は?長崎のしっとり系じゃがいもはるか レッドムーンの特徴・旬の時期は?サツマイモの様なコクと優しい甘さのしっとり系じゃがいもレッドムーン ニシユタカの特徴・旬の時期は?収穫量が多い春秋に出回るしっとり系じゃがいもニシユタカ
こがね丸の特徴・旬の時期は?北海道のしっとり系じゃがいもこがね丸 アローワの特徴・旬の時期は?フランス産のしっとり系じゃがいもアローワ デフラの特徴・旬の時期は?フランス産のしっとり系じゃがいもデフラ

スポンサードリンク

じゃがいもの栄養と期待できる5つの効果

じゃがいもの栄養成分表

じゃがいもは海外では主食となるため、主な成分はでんぷんです。その他にもビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6も豊富に含んでいるため、フランスでは「大地のりんご」とも呼ばれています。
ジャガイモの栄養成分の中でも特徴的なのが、ビタミンCです。含有量はりんごの約5倍という驚異的な数値にも拘わらず、でんぷんに包まれているため、保存や加熱によっても成分が壊れにくいです。

エネルギー 76kcal
水分 79.8g
たんぱく質 1.6g
炭水化物 17.6g
カリウム 410mg
マグネシウム 20mg
リン 40mg
0.4mg
亜鉛 0.2mg
マンガン 0.11mg
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.03mg
ビタミンB6 0.18mg
ビタミンC 35mg
食物繊維総量 1.3g

食品成分表(可食部 100gあたり)

期待できる5つの効果

  1. 便秘
  2. 美容効果
  3. 美肌
  4. むくみ改善
  5. 免疫力を高める

スポンサードリンク

じゃがいもの保存方法|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい?

実家からたくさん送ってきて1回では使い切れない・・・保存方法がわからないとお困りではありませんか?
じゃがいもの冷凍・冷蔵・常温に分けて保存方法をまとめてみました。

  • 冷蔵の保存期間:野菜室で6カ月、干しじゃがいもにして冷蔵室で1カ月
  • 冷凍の保存期間:1カ月
  • 常温の保存期間:3カ月

保存期間は目安になります。季節や保存環境によって保存期間が変わってきますので、必ず食べる前に目で確認してから調理するようにしましょう。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、アローワにはどんな料理が合うのでしょうか?アローワのおすすめレシピを3種類ご紹介します。

シチュー

しっとりとしており煮崩れしにくいアローワは、シチューとの相性が抜群です。ねっとりとしたアローワがルーとよく絡み、体もあたたまる一品です。甘みのあるじゃがいもですので野菜が得意でないお子様でも食べやすいですよ。

ポテトサラダ

じゃがいも料理の王道、ポテトサラダです。アローワはしっとりホクホクとしていますので、口触りが良く非常になめらかな仕上がりになります。お弁当のおかずとしても重宝しますよ。

スポンサードリンク

コロッケ

コロッケは、しっとり食感を味わうことができる一品に仕上がります。アローワはでんぷん量が少ないため男爵いものようなほくほく感は出ませんが、しっとりした舌触りが美味しいコロッケになりますよ。ソースの塩気と相性抜群でご飯もすすみます。

まとめ

フランス産のじゃがいも「アローワ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?これまで全くこの品種を知らなかった方も多いかと思いますが、生産地ではとてもリーズナブルに販売されており、地域によって認知度が大きく異なることがわかりました。

日本での生産量はまだまだ少ないですが、お取り寄せもできる品種ですので興味のある方は是非チェックしてみてくださいね、

スポンサードリンク

じゃがいもの人気記事をチェック

じゃがいもで人気のある記事を4つ紹介します。
是非チェックしてくださいね(^^♪
じゃがいも3種類全52品種まとめ|あなたの好みはほくほく系?しっとり系?もっちり系? じゃがいもの栄養価と期待できる5つの効果効能まとめ じゃがいもの保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい? じゃがいもを使った人気レシピ10|おススメランキングまとめ