下植木ねぎの特徴・旬の時期|群馬県の白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ

最近では海外からの輸入野菜も増え、手軽にたくさんの種類の食材が食べられるようになりましたよね。しかし、日本の伝統的な野菜についても、もっと広く認識が広がれば日本独自の固有種を守り、生産農家や伝統的な栽培方法も守ることができるのではないかと思います。今回紹介する群馬県伊勢崎の特産品・下植木ねぎも日本の伝統的な野菜の1つで、200年以上前から栽培されています。群馬県の特産品といえば「下仁田ねぎ」が有名ですが、下植木ねぎは見た目もそっくりです。

今回は下植木ねぎの歴史や特徴を紹介します。栽培期間が少なく、流通量も少ないためなかなか手にとる機会がありませんが、ぜひ参考にしてくださいね。

(画像引用:ASAMANA manager’s-blog)

スポンサードリンク

下植木ねぎってどんなねぎ?

読み方 しもうえきねぎ
食べる部分 全体
産地 群馬県伊勢崎市下植木地区
旬の時期 12月・1月

読み方

しもうえきねぎ

特徴

下植木ねぎは江戸時代から栽培が続く伝統野菜です。葉や白根部分が一般的な白ねぎに比べると短く、下仁田ねぎにも似ています。

歴史・由来

下植木ねぎは200年以上前から伊勢崎市の特産費の都市て栽培され続けて来た伝統的な野菜です。江戸時代の風土記にも記載があり、当時からその美味しさが認められているのがわかります。群馬県伊勢崎には「伊勢崎銘仙」という人気が高い織物があり、京都や大阪の問屋などお得意さんに下植木ねぎをお歳暮として贈っていました。そのため市場に流通することは少なかったようです。

下植木ねぎは昔から食べられてきた野菜ではありますが、もともと流通量が多くありません。生産者の高齢化がすすんでいることからどのように下植えねぎを継承していくかなど、問題は多くあります。

スポンサードリンク

下植木ねぎの旬の時期

12月・1月

下植木ねぎの主な生産地

群馬県伊勢崎市下植木地区

スポンサードリンク

ねぎの5種類31品種まとめ解説

近年ではねぎの品種改良が進みたくさんの地域ブランドねぎができています。そのすべてを網羅するのはかなり難しいのですが、代表的な品種を以下の5項目で分けました。

  1. 青ねぎ(葉ねぎ)8品種
  2. 青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種 6品種
  3. 白ねぎ(根深ねぎ)7品種
  4. 白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種 7品種
  5. その他3品種

ネギの人気ランキングをチェックしたい方はこちらからお願いします

青ねぎ(葉ねぎ)8品種

九条ねぎの特徴・旬の時期|京都府の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎ九条ねぎ わけぎの特徴・旬の時期|広島県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎわけぎ あさつきの特徴・旬の時期|広島県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎあさつき
芽ねぎの特徴・旬の時期|静岡県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎ芽ねぎ 小ねぎの特徴・旬の時期|福岡県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎ小ねぎ やっこねぎの特徴・旬の時期|高知県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎやっこねぎ
越津ねぎの特徴・旬の時期|愛知県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎ越津ねぎ ヤグラねぎの特徴・旬の時期|北陸から東北地方の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎヤグラねぎ  

青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種 6品種

難波ねぎの特徴・旬の時期|大阪府の青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ難波ねぎ 博多万能ねぎの特徴・旬の時期|福岡県の青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ博多万能ねぎ 観音ネギの特徴・旬の時期|広島県の青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ観音ネギ
結崎ネブカの特徴・旬の時期|奈良県の青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ結崎ネブカ 岩槻ねぎの特徴・旬の時期|埼玉県の青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ岩槻ねぎ 谷田部ねぎの特徴・旬の時期|福井県の青ねぎ(葉ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ谷田部ねぎ

白ねぎ(根深ねぎ)7品種

下仁田ねぎの特徴・旬の時期|群馬県の白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ下仁田ねぎ 深谷ねぎの特徴・旬の時期|埼玉県の白ねぎ(根深ねぎ)に分類されるねぎ深谷ねぎ 新里ねぎ(曲がりねぎ)の特徴・旬の時期|栃木県の白ねぎ(根深ねぎ)に分類されるねぎ曲がりねぎ
 赤ねぎの特徴・旬の時期|山形県の白ねぎ(根深ねぎ)に分類されるねぎ赤ねぎ  千住ねぎの特徴・旬の時期|東京都の白ねぎ(根深ねぎ)に分類されるねぎ千住ねぎ  仙台曲がりねぎの特徴・旬の時期|宮城県の白ねぎ(根深ねぎ)に分類されるねぎ仙台曲がりねぎ
宮ねぎの特徴・旬の時期|栃木県の白ねぎ(根深ねぎ)に分類されるねぎ宮ねぎ    

白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種 7品種

矢切ねぎの特徴・旬の時期|千葉県松戸市の白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ矢切ねぎ 松本一本ねぎの特徴・旬の時期|長野県の白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ松本一本ねぎ 白神ねぎ
越谷ねぎの特徴・旬の時期|茨城県の白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ越谷ねぎ 株ねぎの特徴・旬の時期|神奈川県の白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ株ねぎ 下植木ねぎの特徴・旬の時期|群馬県の白ねぎ(根深ねぎ)ブランド品種に分類されるねぎ下植木ねぎ
加賀ねぎ    

その他3品種

リーキの特徴・旬の時期は?|地中海沿岸原産の白根・葉どちらも食べれるねぎリーキ 岩津ねぎの特徴・旬の時期は?|兵庫県の白根・葉どちらも食べれるねぎ岩津ねぎ 徳田ねぎの特徴・旬の時期は?|岐阜県の白根・葉どちらも食べれるねぎ徳田ねぎ

スポンサードリンク

ねぎの主な栄養成分と期待できる効果

ネギは万葉集や日本書紀といった歴史的文献に登場するほど日本でも古くから愛されている野菜です。昔からネギは風邪のひき始めに効く風邪薬とされていて、実際に「ネギを首に巻いて寝ると風邪が治る」という言い伝えを聞いたことがある方もいると思います。首に巻くことでその効果があるかは定かではありませんが、ネギには免疫力をアップしたり鼻づまりを解消する効果が本当に含まれているのです!

ネギの主な栄養成分表(100g当たり)

エネルギー 28kcal
水分 91.7g
炭水化物 7.2g
カリウム 180mg
カルシウム 31mg
リン 26mg
0.2mg
亜鉛 0.3mg
マンガン 0.10mg
ビタミンB1 0.04mg
ビタミンB2 0.04mg
ビタミンB6 0.11mg
葉酸 56ug
ビタミンC 11mg
食物繊維総量 2.2g

食品成分表(可食部 100gあたり)

注目すべきねぎの4つの栄養素

  1. β-カロテン:緑の部分
  2. ビタミンC:緑の部分
  3. カリウム:緑の部分
  4. 硫化アリル:白い部分

ねぎを食べて期待できる4つの効果

実際にネギを食べるとどのような効果が期待できるのでしょうか。代表的なものをまとめてみました。

  1. 血行促進(サラサラに)
  2. がん予防
  3. 高血圧の予防・改善
  4. 便秘の予防・改善
薬効成分としても注目される
ネギに含まれるβカロテンやアリシンには免疫を高めてくれる効果があります。そのため「ネギには風邪予防の効果がある」というのは迷信ではありません。他にも疲労回復、肩こり、消化をスムーズにするなどの様々な薬効成分が含まれています。

スポンサードリンク

ねぎの保存方法|冷蔵・冷凍・常温の保存期間の目安

ねぎは幅広い料理に使える、レパートリーが広い野菜ですよね。彩りも良いので、煮物の仕上げに添えるだけで食卓がパッと華やかになります。しかし、保存の仕方が悪いとあまり日持ちしないため、安売りなどで多めに買っておいたねぎが傷んでしまった経験がある人も少なくないのではないでしょうか。今回は、おすすめのねぎの保存方法や冷凍保存の方法について紹介します。

  • 常温の場合・・・新聞紙に包んで1週間を目安に
  • 冷蔵の場合・・・1週間を目安に
  • 冷凍の場合・・・1か月ほど

ねぎには青い部分が多い関西で主流の葉ねぎと、関東で主流の長ねぎがあります。どちらのねぎも常温だけでなく、冷蔵や冷凍でも可能です。気温が低い季節やすぐ使う場合は常温保存でも問題ないでしょう。長期的に保存したい場合や、常備野菜としてストックしたい場合には切り方などに気を付けて冷凍保存をするのがおすすめです。

スポンサードリンク

下植木ねぎのおすすめの食べ方

下植木ねぎは加熱すると甘みが増して美味しく食べられます。基本的に一般的な白ねぎと同様の使い方ができます。煮崩れしないため、すき焼きなどの鍋や、味噌汁の仕上げなどに最適でしょう。生食でも可能で、薬味やサラダなどでも美味しく食べられます。湯通しして使うと辛味が和らぎます。

ねぎの人気コンテンツをチェック

当サイトのねぎの人気コンテンツを4つまとめました。是非色々見ていってくださいね(^^♪

ねぎ5種類31品種まとめ|あなたの好みは白ねぎ?青ねぎ?ブランドねぎの特徴も解説 ねぎの栄養成分と期待できる効果|硫化アリルでサラサラ・ビタミン・カリウムも含み薬効効果も ねぎの保存方法は?冷蔵?冷凍?常温?どうやって保存するのがいいの? 簡単おいしい!ネギのおススメレシピ10選まとめ

まとめ

お得意様のお歳暮として利用されるなど、江戸時代から下植木ねぎの美味しさが認められていたことがわかりますね。最近では伝統野菜を再評価する働きがあるため、下植木ねぎの栽培も継承してくれる農家が増えるのではないかと期待しています。流通量が少ないので、なかなか食べる機会はありませんが、冬に伊勢崎に行った際にはぜひ食べてみたい食材の1つです!

スポンサードリンク