リーキの特徴・旬の時期は?|地中海沿岸原産の白根・葉どちらも食べれるねぎ

いつも行くスーパーで、太くてずっしりとしたちょっと変わった白ねぎを見たことはありませんか?

もしかしたらそれはリーキかもしれません。日本にはあまり流通していない食材ですが、ヨーロッパではよく食べられる、身近な食材です。

馴染みがない食材なのでどのように料理したらよいかわからず、敬遠してしまいますよね。

リーキは煮込み料理やオーブン料理にぴったりです。日本のねぎほどクセがないので、大人から子供まで食べやすいですよ。

今回は、別名「西洋ネギ」「ポワロねぎ」などと呼ばれることもある、リーキついて紹介します。

スポンサードリンク

リーキってどんなねぎ?

読み方 りーき
別名 西洋ネギ、ニラネギ、西洋ニラネギ
食べる部分 緑色の葉・白色の茎
産地 ヨーロッパ・オセアニア。国内では静岡県・長野県などで少量生産されている
旬の時期 日本では秋から冬にかけて、ヨーロッパ・オーストラリア産のリーキは年中輸入されている

読み方

りーき

意訳して西洋ネギ、ニラネギ、西洋ニラネギなどとも

日本ではあまり一般的ではない野菜なので、呼ばれ方や表記にばらつきがあります。

英語表記は「leek」、「リーク」という表記がされることもあります。

意訳して、西洋ネギ、ニラネギ、西洋ニラネギなどと日本語表記されることもあります。

スポンサードリンク

イタリア語名のポッロ (porro) から、ポワロねぎ、ポアロねぎ、ポロねぎとも呼ばれる

リーキはイタリア語で「ポッロ(porro)」、フランス語では「ポワロ(poireau)」です。

そのため、「ポワロねぎ」「ポアロねぎ」「ポロねぎ」などと呼ばれることもあります。

特徴

緑の葉部分と、白い茎部分に分かれており、色味は一見白ねぎに似ています。形は群馬県の下仁田ねぎに似ているという人もいます。

しかし、よく観察すると日本では一般的な白ねぎとは違う点も多いです。下記がリーキの特徴です。

  • 緑色の葉の部分がV字型
  • 葉の部分がニラの葉のように扁平で厚みがある
  • 白ねぎに比べて太さがある
  • 根元に向かって太くなっている

白ねぎや青ねぎと比べて、ねぎ独特の刺激臭は少ないです。緑色の葉の部分も柔らかいものは食べられますが、白い部分とは適する調理方法は異なります。

日本産のリーキは少なく、輸入物が大半です。

歴史・由来

リーキは古代エジプトではすでに栽培されていたと言われている、歴史ある野菜です。日本では明治初期に持ち込まれましたが、既にねぎが普及していたためリーキは日本には馴染みませんでした。

スポンサードリンク

価格相場はどのくらい?

以前は1本1,000円程もする、かなりの高級食材でした。

最近では日本での流通も増え、価格が下がりましたましたが、一束数百円することが多いです。

一方、一般的にリーキが流通しているヨーロッパでは「貧乏人のアスパラガス」と呼ばれるほど身近で手ごろな食材です。

ウェールズの国花・国章

リーキはウェールズ(イギリスの4つの国の1つ)の国家・国章となっています。国花ではありますが、食用とする茎葉部分が描かれています。

そのほか、ウェールズの守護聖人デイヴィッドのシンボルでもあります。

ウェールズの郷土料理にはリーキを使ったものが多いことから、日常的になじみのある食材であることがうかがえます。

旬の時期

日本産のリーキは秋~冬の時期に出荷されます。フランスでは季節に適した品種があり、1年を通して流通していますが、冬のリーキはねっとりとした食感や上品な風味が増すため、流通が増えます。

主な生産地

日本産のリーキは静岡県・長野県などで少量生産されています

ヨーロッパ・オセアニアなどでは、季節に適した品種を使うなどして、1年を通して生産されています。

スポンサードリンク

リーキのおすすめの食べ方レシピ

リーキのおすすめの食べ方を紹介します。日本で流通している白ねぎや青ねぎと異なり、ねぎ特有の刺激臭はほとんどありません。

独特のねぎ臭さが苦手で食べられない人でも、リーキなら食べやすいでしょう。

リーキは基本的に白い茎部分を食べますが、葉の部分は柔らかく新鮮なものは食べられます。

しかし、海外から輸入されるリーキの多くは葉の部分を切り取られており、白い部分を食べる機会の方が多いでしょう。

スープ

リーキはポトフなどの洋風の煮込み料理に向いています。

煮込むとトロっとしてきますが、に崩れはしにくく、見栄えも良いです。火を通すことで、甘みも増します。

肉や魚の臭みを消す、香味野菜としてもおすすめです。

グラタン

リーキはオーブン料理にもよく使われます。チーズやホワイトソースとの相性も抜群で、グラタンに使うのがおすすめです。

リーキを使ったグラタンは、野菜が苦手な小さなお子さんでも食べやすい一品ですよ。

普段あまり使うことのない特別な食材なので、クリスマスなどのイベントに使ってみるのも良いですね。

煮込み料理全般に合うため、鍋にもおすすめです。最近では洋風鍋も流行っているので、洋風ベースの鍋にの具材として入れてみるのも良いでしょう。

ただし、煮込みすぎは注意です。また、日本の白ねぎのような刺激のある風味を期待して入れる場合は、おすすめできません。

餃子

柔らかい葉の部分は、細かく刻んでニラのような使い方をするのがおすすめです。餃子のタネに混ぜることで肉の臭みを消しになり、食感を楽しむこともできます。

まとめ

リーキは日本ではあまり見かけない食材なので、どのように料理したらよいか戸惑いますよね。ポトフやグラタンなど、普段から食卓に上がる料理にリーキを入れるだけで、ワンランク上の洋風料理になりますよ。

食べやすくて使いやすい食材なので、スーパーや百貨店でリーキを見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。

最近ではインターネット通販で販売されていることも多く、近場で手に入らない人はネット通販を利用してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク