宮ねぎの特徴・旬の時期|栃木県の白ねぎ(根深ねぎ)に分類されるねぎ

白ねぎといえば、すらりと細長いのが定番ですよね。栃木県のご当地ねぎ「宮ねぎ」はずんぐりとした形をしていて、その姿から「だるまねぎ」という愛称を持っています。糖度が高く、加熱するととろりと甘くなりますが、出荷時期が短く生産量がさほど多くないので幻のねぎと呼ばれることもあります。今回は宮ねぎの特徴や、美味しい食べ方について紹介します。

画像引用:JAタウン

スポンサードリンク

宮ねぎってどんなねぎ?

読み方 みやねぎ
食べる部分 全体
産地 栃木市吹上地区宮町
旬の時期 11月上旬から12月末

読み方

みやねぎ

特徴

見た目は一般的な白ねぎと比べて短く太さがあり、白根部分が短いです。葉と根の色がはっきり分かれているものが良いねぎとされています。降霜に晒すと根部分の甘みが増し、葉部分は黄色く変色します。出荷の期間は11月上旬から12月末と短く、幻のねぎと言われるほどです。栽培には14か月の時間と、手間がかかるため、家庭用に栽培している農家はあっても市場に出荷する農家の数は少なく、出荷量も限られています。

歴史・由来

宮ねぎは江戸時代には既に栽培が始まったとされている、伝統的な野菜です。他のねぎとは比べ物にならない宮ねぎの美味しさから、栃木の商人がお歳暮として使う習慣があったという記録があります。一般的な白ねぎと比べてずんぐりとしている見た目から「だるまねぎ」と呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

旬の時期

11月上旬から12月末

主な生産地

栃木市吹上地区

スポンサードリンク

どこで買える?

出荷量が少ないため、宅配での出荷が中心です。JAの公式通販サイト「JAタウン」でも、例年取り扱いがあります。年によっては、栃木の地元スーパーに並ぶことがあります。

おすすめの食べ方

宮ねぎは糖度が高く、加熱するととろりと甘みが増し、食べ応えがあります。おすすめの食べ方はすき焼きなどの鍋物です。半煮えの状態がおすすめなので、鍋物などに入れる際は煮すぎないようにしましょう。そのほか、天ぷらや焼き鳥なども宮ねぎの美味しさを存分に味わえます。

スポンサードリンク

まとめ

一般的な白ねぎと比べてずいぶん個性的な見た目をしていますが、味は絶品です。とろりと甘い宮ねぎを一度味わってみたいものですね。宮ねぎは江戸時代から大切な人へのお歳暮として選ばれていた伝統的な野菜です。生産者が減少し、継承が問題になっていますがぜひこの美味しいねぎの生産を続けてほしいです。