越津ねぎの特徴・旬の時期|愛知県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎ

越津ねぎをスーパーや直売所で目にしたことがありますか?だとしたらあなたは中京地域か関東地域に住んでいるかもしれません。越津ねぎは中京・関東地域に出荷されることが多いねぎです。

越津ねぎは江戸時代から続く、愛知県の伝統野菜です。緑色の葉部分まで食べることができ、寒い時期はたっぷり鍋に入れて食べると、とっても美味しいですよ!

今回は越津ねぎの歴史や性質について紹介します。

(画像引用:JA愛知北)

スポンサードリンク

越津ねぎってどんなねぎ?

読み方 こしづねぎ
食べる部分 葉・白根両方食べられる
産地 愛知県 尾張地域(一宮市、江南市、あま市、津島市など)
旬の時期 11月~2月

読み方

こしづねぎ

特徴

緑色の葉と白い白根部分に分かれているため、色味は白ねぎのようですが、葉・白根両方とも食べることができます。株別れの性質から九条ねぎ群に分類されますが、越津ねぎの全体的な甘さは白ねぎに近いです。辛味は少なく、水分は多めで、柔らかい食感が特徴です。

白根部分を長く育てるために、固くもなく柔らかくもないちょうどよい土壌が必要とされます。干ばつには強いですが、湿害には弱いです。1本の苗が5~6本ねぎに育ちます。

歴史・由来

江戸時代に愛知県津島市越津町周辺で栽培が始まり、徳川幕府への献上品として扱われていました。現在では「あいちの伝統野菜」に選定されています。

スポンサードリンク

旬の時期

出荷時期は11月上旬~2月。

愛知県・岐阜県・三重県などの中京地域や、関東圏に多く出荷されています。

主な生産地

愛知県尾張地域(一宮市、江南市、あま市、津島市)

おすすめの食べ方

辛味が少なく、甘みが強いです。寒い季節の鍋や、煮物に入れるのがもっともおすすめの食べ方です。また、白根から葉まで柔らかいため、薬味として生食でも美味しく食べられます。

スポンサードリンク

まとめ

一般的な白ねぎだと、葉部分を捨ててしまうのがもったいない気がしますが、越津ねぎなら丸ごと美味しく食べられますよ。寒い日の鍋に甘い越津ねぎがたっぷり入っていたら、食が進みそうですね。

愛知県で生産される越津ねぎは、主に愛知県周辺の中京地域や関東地域に出荷されいます。関西に住んでいる人は目にするチャンスが少ないかもしれません。機会があれば越津ねぎの柔らかい食感や旨味をぜひ、味わってみてください!

スポンサードリンク