岩津ねぎの特徴・旬の時期は?|兵庫県の白根・葉どちらも食べれるねぎ

白ねぎや青ねぎは、薬味や料理の彩として、料理に欠かせない食材です。鍋に入っている白ねぎは煮込まれて甘みが増し、美味しいですよね!

食卓の主役として美味しく食べられる「岩津ねぎ」があるのはご存知ですか?

岩津ねぎは独特の風味と、とろりとしたねぎ本来の旨味が味わえる兵庫県朝来市の特産品です。今回は岩津ねぎの特徴や、美味しい食べ方を紹介します。

1年中岩津ねぎが味わえる、岩津ねぎを使った加工食品についても触れていますよ!

(画像引用:朝来市HP)

スポンサードリンク

岩津ねぎってどんなねぎ?

読み方 いわつねぎ
食べる部分 白根・葉どちらも食べられる
産地 兵庫県朝来市
旬の時期 11月下旬~翌2月下旬

読み方

いわつねぎ

特徴

岩津ねぎは白ねぎに近い見た目をしていますが、白ねぎと青ねぎの中間の性質を持つねぎです。

一般的に白ねぎの葉部分は廃棄されますが、岩津ねぎは余すところなく全て食べられます。

独特の風味と香りが豊かで、味は甘く、どの部分も柔らかいため美味しく食べられます。群馬県の下仁田ネギ、博多の万能ねぎとともに、日本の3大ねぎの1つです。

歴史・由来

岩津ねぎの始まりは江戸時代だと言われています。朝来市・生野銀山では室町時代から銀の採掘がおこなわれていました。発掘に携わる労働者の栄養源の1つとして、京都から九条ねぎの種子を持ち込まれたのが始まりです。

その後交配を繰り返し、現在の岩津ねぎとなったと言われています。

スポンサードリンク

旬の時期

11月下旬~翌2月下旬の間に出荷されますが、特に旬となるのは1月下旬から2月下旬の寒さが厳しい時期です。

朝来市は昼夜の温度差が激しく、雪や霜にさらされることで岩津ねぎの独特の甘みと肉厚な食感が増していきます。

主な生産地

岩津ねぎの産地の中心は兵庫県北部の朝来市岩津です。朝来市で栽培され基準を満たしたものだけが、岩津ねぎとして市場に出荷されます。

岩津ねぎの販売解禁はいつ?

常に上質な岩津ねぎを提供するために、岩津ねぎの出荷には期間が定められています。

  • 解禁日 11月23日(祝)
  • 出荷終了日 3月21日(祝)

約4か月の間だけしか楽しめない、冬の食べ物です。

葉数2枚以上、全長70cm以上、白い部分の長さが25cm以上必要など、厳しい規格基準をクリアしなければ岩津ねぎの表記を許されません。

スポンサードリンク

岩津ねぎはどこで買えるの?

期間限定で出荷される岩津ねぎは、朝来市内の「道の駅」で販売されています。

以下に紹介しているのは、岩津ねぎを販売している道の駅の一部です。

  • 道の駅あさご
  • 道の駅フレッシュあさご
  • 道の駅但馬(たじま)のまほろば
  • JA直営のファーマーズマーケット「たじまんま」

そのほか、直売所などでも購入できます。

城崎温泉から近い、JA直営のファーマーズマーケット「たじまんま」は周囲に観光地も多いので、観光客も立ち寄りやすいですよ。関西中心のスーパーマーケット・百貨店で冬の風物詩の1つとして販売されていることがあります。

岩津ねぎ入りのラー油が大人気!どんな商品?

岩津ねぎラー油

岩津ねぎを使った「岩津ねぎラー油」の人気も高いです。

岩津ねぎの風味と甘みはごま油とマッチしていて、幅広い使い方ができますよ。次のような食べ物に添えたり、一緒に炒めたりするのがおすすめです!

  • ラーメンなどの麺類
  • 炒飯などの炒め物
  • ご飯のお供
  • 冷ややっこ

道の駅や直売所だけでなく、ネット通販でも購入できます。

岩津ねぎは冬季のみしか出荷されませんが、岩津ねぎを使った加工食品であれば、1年中岩津ねぎを楽しめます。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

岩津ねぎを加熱すると、甘みが増し、とろりとした柔らかな食感が楽しめます。

一般的な白ねぎ以上に豊かな香りがあるので、岩津ねぎの素材そのものを楽しめるシンプルな「焼き」「揚げ」の加熱料理がもっともおすすめです。

岩津ねぎの「直火焼き」や「天ぷら」は、岩津ねぎのとろりとした旨味を存分に堪能できるでしょう。もちろん、青い葉の部分・白い根の部分どちらも美味しく食べられます。

冬季限定で楽しめる野菜なので、冬には欠かせない鍋物にもおすすめですよ。

まとめ

ねぎのおいしさがぎゅっと詰まった岩津ねぎは、朝来市だけではなく、関西のスーパーや百貨店でも手に入りやすいです。冬に欠かせない食材の1つとしてぜひ、味わってみてくださいね。

関西以外にお住まいで、なかなか岩津ねぎが手に入らない人は、通販で1年中手に入る加工食品がおすすめです。「岩津ねぎラー油」はご飯のお供としてだけでなく、さまざまな料理に豊かな風味を加えてくれます。

ねぎ好きの方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク