小ねぎの特徴・旬の時期|福岡県の青ねぎ(葉ねぎ)に分類されるねぎ

「ねぎ」と聞くと、白根と葉に別れた白ねぎと、全体が緑色の青ねぎをイメージする人は多いのではないでしょうか?実際、どちらも食卓や飲食店で口にする機会は多いです。

根っこ以外全部食べられて緑がきれいな青ねぎは、薬味として香りや食感を楽しんだり、料理の仕上げに使って食卓に彩を添えてくれたりします。日本各地にたくさんの種類やブランドのねぎがありますが、「小ねぎ」は青ねぎを若採りしたものを指しますよ。今回は食卓に欠かせないわき役、小ねぎについて、特徴や便利な調理方法を紹介します。

スポンサードリンク

小ねぎってどんなねぎ?

読み方 こねぎ
食べる部分 全体
産地 全国
旬の時期 ハウス栽培のため1年を通して食べられる

読み方

こねぎ

特徴

小ねぎは、青ねぎを若取りしたもののことです。

日本各地でブランド化されており、下記のようなブランドねぎがありますよ。

  • 福岡県「博多万能ねぎ」
  • 山口県下関市「安岡ねぎ」
  • 高知県「やっこねぎ」
  • 愛知県名古屋市「なごやっこ葱」

どのブランドも品質を保つために、独自の基準を設けています。

スポンサードリンク

栄養

小ねぎは緑黄色野菜に分類されます。

皮膚や粘膜を健やかに保ち、抗酸化作用が免疫力を高める機能が期待できるβカロテンが豊富です。また、ねぎの香り成分に含まれているアリシンが豊富で、疲労回復・消化の助けになります。血液をサラサラにするなど、体にうれしい栄養がたくさんあります。

歴史・由来

小ねぎに近い野菜は、有史以前から存在していたとされており、小ねぎの原型となる野菜の歴史はかなり長いと考えてよいでしょう。日本に入ってきた時期も定かではありませんが、8世紀ごろに書かれた歴史書「日本書紀」に「秋葱(あきき)」というねぎの記述があります。世界的にみると北半球を中心に数百種類の小ねぎがあり、全く同じ品種ではありませんが、世界中で親しまれている野菜と言えます。

スポンサードリンク

「小ねぎ・わけぎ・あさつき」の違いとは

小ねぎと見た目が似ていて、調理方法も似ているため混同されやすいのが「わけぎ」「あさつき」です。大きな違いの1つが、増え方です。小ねぎは種で増えますが、「わけぎ」「あさつき」は球根で増えます。

  小ねぎ わけぎ・あさつき
増え方 球根
根元 まっすぐ 膨らんでいる

小ねぎは刻んでパック詰めされて売られていることも多いため、加工された状態では区別をつけるのは難しいかもしれません。

スポンサードリンク

旬の時期

ハウス栽培のため1年を通して安定した味の小ねぎを食べられます。

主な生産地

日本全国で生産されている品種です。地域特有のブランドねぎもたくさんあります。

スポンサードリンク

小ねぎを切るおすすめの切り方は?

小口ねぎは生・焼く・煮るなど、どんな料理にも使える野菜です。どのような料理に入れるかや、加熱方法によって適切な切り方が異なりますよ。

1、みじん切り

小ねぎの香りを引き出すため、中華料理などに使うことが多い切り方です。主に白い部分に使われます。 繊維に沿うようにして縦に切り込みを入れ、切れ目に対して直角に包丁を入れていきます。粗いみじん切りなら、縦に2~3本切れ目を入れるくらいでOKですが、さらに細かくしたい場合は6~7本、繊維に沿って切れ目を入れると良いでしょう。

2、小口切り

 食感が残しながら、ねぎの風味を楽しめる定番の切り方です。緑が散らばって、料理の見栄えも良くしてくれます。 根を残して、端から2~3mm幅に細かく切っていきます。最初に小ねぎを半分にして端を揃えて切っていくと、効率が良いです。 切ってから冷蔵・冷凍保存するなら小口切りをして、タッパーなど密閉できる容器に入れるのがおすすめです。調理中や、盛りつけの彩を添えるための仕上げに、サッと使えるのでとても便利ですよ。

3、小ねぎ専用のハサミがあるって本当?使い勝手はいいの?

料理の盛りつけや、お味噌汁の仕上げのために小口切りした小ねぎを使う人も多いでしょう。しかし、ねぎを切るためだけに包丁とまな板を使うのは、少々面倒ですよね。 小ねぎをよく使う人におすすめなのは、小ねぎ専用のハサミです。切りながら小ねぎを料理に入れることができるため、時間短縮にもなります。

いくつかのメーカーから発売されていますが、よく見かけるのは次の2種類です。

  • 小ねぎが飛び散らないようカバーがついている。カバーを外せば普通のキッチンバサミとしても使用可能
  • ハサミの刃が数枚重なっていて、少ない動作で効率的に切れる

気になる人はぜひ、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

小ねぎは生・煮る・焼く、どのような調理方法でもいい仕事をしてくれる、まさに万能なねぎです。 薬味として生で食べるなら、麺類や冷ややっこなどに添えると見栄えが良く、辛味や風味も楽しめます。 野菜炒めなどで具材の1つとしてより存在感を引き立てたいなら、3cm程度のざく切りにして使うとよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

小ねぎはとても身近な野菜ですが、産地やブランドにこだわると奥が深いですね。レシピのバリエーションも豊富なので、上手に使えば手軽にワンランク上の一皿を食卓に出せるでしょう。 時短アイテムを取り入れることで今まで以上に料理が楽しくなるので、調理方法にもこだわってみてください!