セニョリータの特徴・旬の時期まとめ|トマトのような見た目のピーマン

この野菜、とっても可愛いと思いませんか?かぼちゃのようにも、パプリカのようにも見えるこちらの野菜は、実はピーマンの一種なのです。

「セニョリータ」という情熱的な名前が付いたこのピーマンは、その見た目と味の良さで人気の品種です。私は苦いピーマンが嫌いではないのですが、どちらかというと甘い野菜が好きなので、このセニョリータは凄くオススメです。

今回は、小さくて可愛い見た目のピーマン「セニョリータ」の特徴と旬の時期についてご紹介します。

画像引用:Apure

スポンサードリンク

セニョリータってどんなピーマン?

読み方 せにょりーた
旬の時期 6月成上旬〜10月下旬
主な生産地 生産地
種類 その他変種

特徴

セニョリータは、小さなかぼちゃのようなユニークな形をしたカラフルなピーマンです。緑・赤・オレンジ・黄色などカラーバリエーションが豊富で、「フルーツパプリカ」と呼ばれることもあります。

丸くコロンとしており、高さ約4cm、幅約5cmと小ぶりサイズをしています。ビタミンCがたっぷり含まれていて健康に良いのも魅力の一つです。

果肉はパプリカのように厚く3〜5mmほどあるので噛みごたえも良く、糖度が8度あるのでピーマンにしては甘く、また苦味や青臭さもないので食べやすい品種です。

ピーマンには縦長の「シン型」と呼ばれる種類や、ふっくらした「ベル型」と呼ばれる種類などがあるのですが、セニョリータは特殊なため「その他変種」として分類されます。

家庭菜園としても育てやすく人気の品種で、種や苗を購入して自宅で栽培・収穫する方が増えています。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

セニョリータの旬の時期は、6月成上旬〜10月下旬となっています。これはビニールハウスやネットなどを設置せず、そのままの状態で育てた時の旬となります。

ビニールハウスを使った場合は旬の時期が少し異なり、より早い時期からの収穫が可能となっています。

主な生産地はどこ?

ピーマンは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですので、どこでも育てることができます。家庭菜園として育てている方も多く、ホームセンターやネットではセニョリータの種が販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなセニョリータですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、6個入りの袋が160円で販売されていました。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になりました。セニョリータもお取り寄せ可能な通販サイトがあり、約9個入りが550円+送料200円で販売されていました。

一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、セニョリータはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?セニョリータを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

肉詰め


引用:cookpad

肉詰めはピーマンの定番料理ですが、セニョリータを使って作るとこんなにも可愛らしい見た目の肉詰めができるんです!

小ぶりで小さいのでヘタ部分をカットしたら、中に具材を詰め込みます。フタとしてカットした部分をちょこんとのせれば完成です。

これならピーマン嫌いのお子様でも食べやすく、またちょっとしたおもてなし料理としても重宝します。カラーバリエーションが豊富なので、いろんな色を集めて作るとより一層可愛さが増しますね。

パエリア

パエリアは上級者向け料理のイメージがありますが、フライパンでも作ることができるんです。お好みのシーフードに、カラフルなセニョリータを散らせば彩り豊かなパエリアになります。

セニョリータは小さいので、そのまま輪切りにしてつくることができて便利です。簡単にできる「パエリアの素」も売っていますので活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

マリネ


引用:E・レシピ

セニョリータのマリネは、オリーブオイルとレモン汁、そして塩で作る爽やかな夏におすすめのレシピです。緑色のピーマンと違って味に甘みがあるので、非常に食べやすいですよ。

軽く焼いたセニョリータをマリネ液に漬け、半日ほどおきます。ひたひたになり柔らかくなったセニョリータは、ちょっとしたおつまみとしても重宝します。冷やすと甘みをより感じるので冷蔵庫で漬けるようにしてみてください。

まとめ

小さくて可愛いかぼちゃのようなピーマン「セニョリータ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

見た目も良く、味も甘いので人気の秘密がわかりましたね。家庭菜園初心者の方でも育てやすい品種なので、もし近場に売っていない!という方はご自身で作ってみるのもオススメですよ。

自分で育てた野菜には愛着が湧くものですので、興味のある方は是非トライしてみてくださいね。

スポンサードリンク