浜クロピーの特徴・旬の時期まとめ|国内では珍しい黒紫色のシシ型ピーマン

みなさんは、「ピーマン=緑色」だと思っていませんか?ピーマンによく似たパプリカには赤やオレンジなどカラフルですが、実はピーマンにも色のバリエーションがあるのです。

「浜クロピー」という名前のピーマンは、黒紫色をした少し大きいピーマンです。食べたことのある方はいらっしゃるでしょうか?

私の住んでいる地域では近所に農家さんがあまりなく野菜の産地ではないので、この品種はなかなか手に入れることができません。新しいスーパーに行くとつい探してしまいます。

今回は、黒紫色をした珍しいピーマン「浜クロピー」の特徴と旬の時期についてご紹介します。

画像引用:カネコ種苗株式会社

スポンサードリンク

浜クロピーってどんなピーマン?

読み方 はまくろぴー
旬の時期 6月下旬〜10月上旬
主な生産地 全国各地
種類 シン型

特徴

浜クロピーは、国内でも珍しい黒紫色をしたブラックピーマンです。一見真っ黒にも見えるのですが、よく見ると黒紫色をしています。果肉は非常に光沢があり、45g〜50gほどと一般的なピーマンよりやや大きいサイズをしています。

収穫時期する時は黒紫色ですが、収穫せずにそのままにしておくと赤色に変色して熟してきます。

市場への流通はほとんどなく、直売所や地域密着型のスーパーで手に入れることができますが、それ以外の地域での入手はなかなか難しいようです。

ピーマンには縦長の「シン型」と呼ばれる種類と、ふっくらした「ベル型」と呼ばれる種類ぶ分類されるのですが、浜クロピーはシン型に分類されます

ピーマンは夏の時期の野菜なので、暑さに負けてしまうこともあるのですが、浜クロピーは耐暑性があり育てやすいことも特徴です。ネットやホームセンターでは種や苗が販売されているので、家庭菜園としても向いている野菜です。

炒めると深緑色に変色し、味もよく甘みもあるので食べやすいこともポイントです。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

浜クロピーの旬の時期は、6月下旬〜10月上旬となっています。これはビニールハウスやネットなどを設置せず、そのままの状態で育てた時の旬となります。

ピーマンはもともと夏が旬の野菜ですが、ビニールハウスの普及などにより1年を通して栽培可能な野菜となりました。ビニールハウスを使った場合は旬の時期が少し異なり、5月下旬から収穫が可能となっています。

主な生産地はどこ?

ピーマンは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですので、どこでも育てることができます。市場に出すために生産している方は、日本全国でほとんどいないようです。

家庭菜園として育てている方が多く、ホームセンターやネットでは浜クロピーの種が販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんな浜クロピーですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、福岡県の直売所では6個入りの袋が150円で販売されていました。

個人で育てている方のお品ということもあり、とてもリーズナブルですよね。では、ネット価格はどうでしょうか?

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になりましたが、浜クロピーをお取り寄せ商品として販売しているサイトを見つけることはできませんでした

また、最近ではフリマサイトのメルカリでも家庭菜園として育てた野菜を販売する方が増えているのですが、メルカリの方でも浜クロピーを出品している方はいませんでした。

しかし、種が10粒390円で販売されていましたので、興味のある方は家庭菜園にチャレンジしてみてください。

おすすめの食べ方

では、浜クロピーはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?浜クロピーを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

マリネ


引用:cookpad

こちらはアナスタシアと豆のマリネです。細切りしたナスにも見えるものがアナスタシアで、彩りよく赤と黄色のパプリカも使っています。

アナスタシアは主に夏の時期に出回る野菜なので、ほかの夏野菜を使ってさっぱりとした味わいのマリネにするのがオススメですよ。軽く炒めたアナスタシアを、カットしたパプリカやきゅうり、トマトと和えるだけなので簡単に作れてしまいます。

スポンサードリンク

酢豚

お酢の酸味ですっぱさがアクセントの酢豚には、ごろごろと大きめにカットしたピーマンを使います。甘酸っぱいタレがよく絡んで白いご飯もすすみますよね。
お肉は一度素揚げするのが本格的な作り方ですが、時短したい時は炒めから初めてもOKです。ピーマンと豚肉は栄養を効率的に吸収する面で非常に相性が良く、一緒に食べることで体内でコラーゲンを生成してくれるのです。
冷めても美味しいのでお弁当のおかずや、作り置きおかずとしても重宝しますよ。

麻婆茄子

ナスに似ているアナスタシアと本物のナスで、麻婆豆腐を作ってみませんか?食べてみないとどちらなのかわからない、そんな麻婆茄子です。

ピーマンもそうですが茄子も夏野菜の一つです。2つの夏野菜を入れて、ピリリと辛い麻婆茄子でごはんもすすみますよ。辛味で食欲もそそられるので夏疲れの時にもおすすめしたい料理です。

またピーマンとにんじんは栄養面で相性がよく、効率的に栄養素を吸収できるので彩りとしても加えてみてください。

まとめ

黒紫色のピーマン「浜クロピー」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?黒いピーマンを初めて知った方も多いかと思います。

なかなか手に入れることが難しい品種ですので、見かけたら是非ゲットしてみてください。調理すると色が緑色に変わるので必見です。野菜にはまだまだ色々な種類がありますので、楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク