ジャンピー(ジャンボピーマン)の特徴・旬の時期まとめ|非常に大きくなる長円筒型ピーマン

皆さんが普段食べているピーマンは、どのくらいのサイズですか?通常のピーマンは、片手にすっぽりとおさまる手のひらサイズです。

ところが、とっても大きな「ジャンボピーマン」という種類のピーマンがあることをご存知ですか?地域によってはスーパーでも見かける品種なのですが、とにかくボリューミーなピーマンなのです。

私は、このジャンボピーマンで肉詰めを作るとボリュームたっぷりになるので気に入っています。ジャンボピーマンの肉詰めは、ピーマンが主役になれる料理なんです。

それでは、とっても大きなピーマン「ジャンボピーマン」の特徴と旬の時期についてご紹介します。

画像引用:広告新聞

スポンサードリンク

ジャンボピーマンってどんなピーマン?

読み方 じゃんぼぴーまん
旬の時期 6月〜9月
主な生産地 全国各地(岡山県・熊本県など)
種類 長円筒型

 
引用:ひな日記

英語だと

英語ではジャンボピーマンを「Jumbo peppers」と言います。ピーマンは英語ではペッパーと言うのです。

韓国語だと

韓国語ではジャンボピーマンを「점보 피망」と言います。

スポンサードリンク

特徴

ジャンボピーマンは、15〜20cmにもなる名前にあると通り大きなピーマンです。略して「ジャンピー」と呼ばれることもあります。

果肉はやや肉厚で食べ応えがあり、通常のピーマンほどの青臭さはなくほんのりとした甘みもあります。瑞々しいので生で食べるとパリッとした歯ごたえで、その大きさを活用して肉詰めにするとボリュームも出てオススメです。

ピーマンには縦長の「シン型」と呼ばれる種類と、ふっくらした「ベル型」と呼ばれる種類などがあるのですが、ジャンボピーマンは長円筒型に分類されます

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

ジャンボピーマンの旬の時期は、6月〜9月頃となっています。ピーマンはもともと夏が旬の野菜ですが、ビニールハウスの普及などにより1年を通して栽培可能な野菜となりました。

主な生産地はどこ?

ピーマンは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですが、ジャンボピーマンは特に岡山県の津山市では栽培に力を入れています

ほかに、熊本県でも「ジャンピー」という名前で栽培・生産されています。家庭菜園として育てている方お多く、ホームセンターやネットではジャンボピーマンの種が販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなジャンボピーマンですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、3個100円で販売されていました。ジャンボピーマンは1個1個が大きいのでリーズナブルですよね。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になり、茨城県産のジャンボピーマンが4kg(約60個入り)3,980円で販売されていました。

販売期間が5月中旬〜6月末までの約1ヶ月間とのことですので、気になる方は次の旬の時期に是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、ジャンボピーマンはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?ジャンボピーマンを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

丸ごとピーマン炒め


引用:やまでらくみこのレシピ

ピーマンの栄養を余すことなく使ったレシピ、ピーマンの丸ごと炒めです。こちらはわたに加えてヘタも一緒に調理してしまいます。

一切カットせず丸ごと調理したピーマンは、迫力もあって食べ応えのある仕上がります。じっくり火を通すので中にも熱が入っていますよ。

最後に鰹節をふれば風味豊かでごはんがすすむピーマン料理の完成です。ボリュームのあるのでダイエット中のメイン料理としてもおすすめしたい一品です。

ピーマンと豚肉炒め

食材の栄養として最強の組み合わせ、ピーマンと豚肉炒めです。この2つの食材を一緒に摂ることでコラーゲンの生成を促せるほか、豚肉自体にもビタミンが豊富に含まれているので体力回復にも繋がります。

タンパク質も摂ることができるので、体に必要な栄養素がたくさん詰まった一皿です。さっと炒めるだけでできてしまうところも、お手軽でおすすめしたいポイントです。夏の暑い時期にぴったりなスタミナ料理ですね。
 
スポンサードリンク

肉詰め


引用:ハナマルキ

ピーマンの定番料理、肉詰めです。一度で沢山のピーマンを食べることができ、お肉も入っているので野菜とたんぱく質がきちんと取れる健康的なメニューです。

ピーマンのわたにも栄養がありますので、わたごと食べる場合は普段と同じように半分にカットしたら、わたや種を取らずにそのままお肉を詰めてください

ジャンボピーマンは大きくて沢山お肉を詰められるので、食べ盛りのお子様がいるご家庭にもおすすめです。

まとめ

大きなピーマン「ジャンボピーマン」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?通常のピーマンと比較してみると、その大きさは一目瞭然ですよね。

ボリュームがあるのでピーマンが主役の料理ができます。特に肉詰めがオススメなので、ジャンボピーマンを手に入れた時は是非作ってみてくださいね。

スポンサードリンク