京まつりの特徴・旬の時期まとめ|極濃緑が特徴のシシ型ピーマン

野菜には色々な種類がありますが、ピーマンの中にも数十種類の品種があります。みなさんはいくつご存知ですか?

ピーマンはスーパーで年中買うことのできる野菜ですが、何種類もの品種を置いている、ということはあまりないですよね。

私はじゃがいもを買うときはその品種をチェックするのですが、ピーマンに関しては品種まで細かく気にしたことはありませんでした。調べてみるとピーマンにもそれぞれ特徴の異なる品種がたくさんあったのです。

今回は、緑色がとても濃ゆい「京まつり」というピーマンの特徴や旬の時期についてご紹介したいと思います。

画像引用:ぶぅパパの家庭菜園

スポンサードリンク

京まつりってどんなピーマン?

読み方 京まつり
旬の時期 6月初旬〜10月中旬
主な生産地 全国各地(家庭菜園メイン)
種類 シン型ピーマン

引用:えひめの食

特徴

京まつりは、一般的なピーマンと比較すると非常に濃い緑色をしているのが一番の特徴です。「深緑色」のような果肉はツヤツヤとしていて光沢があります。

大きさは通常のピーマンと同じ手のひらにすっぽり入るサイズで、ピーマンは夏に淡い色へと変色しやすい野菜ですが真夏でも変色しない優秀な品種です。

ピーマンはビニールハウス栽培をすると白く変色してしまことがあるのですが、京まつりは忍耐力が良いのでビニールハウスでも変色しないこともポイントです。

春先や秋口のピーマンに多く見られる黒いあざのようなものもできづらく、育てやすい品種でもあります。

秀品率がよく、シワや凹みが起きにくい上、揃いも良いので選果の手間も少ないことも特徴です。植物として強いので低温や高音など温度変化にも負けることなく、スクスク成長してくれます。

とにかく強く、栽培しやすいピーマンなのです。市場性は低く、家庭菜園として育てる方が多いようです。

ピーマンには縦長の「シン型」と呼ばれる種類と、ふっくらした「ベル型」と呼ばれる種類ぶ分類されるのですが、京まつりはシン型に分類されます

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

京まつりの旬の時期は、6月初旬〜10月中旬となっています。これはビニールハウスやネットなどを設置せず、そのままの状態で育てた時の旬となります。

ピーマンはもともと夏が旬の野菜ですが、ビニールハウスの普及などにより1年を通して栽培可能な野菜となりました。

ビニールハウスを使った場合は旬の時期が少し異なり、全ての育て方においての旬の時期は12月上旬〜翌6月下旬となっています。

主な生産地はどこ?

ピーマンは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですので、どこでも育てることができます。市場に出すために生産している方は、日本全国でほとんどいないようです。

家庭菜園として育てている方が多く、ホームセンターやネットでは京まつりの種が販売されています。

価格相場ってどのくらい?


そんな京まつりですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、5〜6個入りの袋が100円で販売されていました。nネット価格はどうでしょうか?

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になりましたが、京まつりは市場に出すような生産者がほぼいないため、お取り寄せサイトを見つけることはできませんでした

フリマサイトのメルカリでも野菜を販売する方が増えているので、そちらでも出品がないかどうか調査したのですが、残念ながら京まつりを販売している方はいませんでした。

手に入れることはなかなか難しい品種のようです。

おすすめの食べ方

では、京まつりはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?京まつりを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

ピーマンの肉詰め

引用:ハナマルキ

食材の栄養として最強の組み合わせ、ピーマンと豚肉炒めです。この2つの食材を一緒に摂ることでコラーゲンの生成を促せるほか、豚肉自体にもビタミンが豊富に含まれているので体力回復にも繋がります。

タンパク質も摂ることができるので、体に必要な栄養素がたくさん詰まった一皿です。さっと炒めるだけでできてしまうところも、お手軽でおすすめしたいポイントです。夏の暑い時期にぴったりなスタミナ料理ですね。

無限ピーマン

引用:やまでらくみこのレシピ
 

無限ピーマンは食べても食べても止まらない、やみつきになるご飯のお供です。炒ったじゃこやごまを加えると風味が増して食欲をそそります

シャキシャキとした食感も楽しい無限ピーマンは、お酒のおつまみとしても重宝しますよ。和えるだけなので時短メニューでもあります。

麻婆茄子ピーマン

麻婆茄子は人気の中華料理ですが、ここにも豚ひき肉が使われているので効率的な栄養摂取につながります。

ピーマンもそうですが茄子も夏野菜の一つです。2つの夏野菜を入れて、ピリリと辛い麻婆茄子でごはんもすすみます。辛味で食欲もそそられるので夏疲れの時にもおすすめしたい料理です。

写真と同じようににんじんも合わせて入れれば、より栄養効果も抜群ですね。

まとめ

色の濃ゆいピーマン「京まつり」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

市場に出回りにくい品種ということで、直接手に入れることはなかなか難しいかもしれません。近所に畑がある方は、直売所で売られているかもしれませんので覗いてみてください。

家庭菜園をしている方は、非常に育てやすい品種なのでオススメです。ぜひトライしてみてくださいね。

スポンサードリンク