とんがりパワーの特徴・旬の時期まとめ|大きくて甘味のある長円筒型ピーマン

みなさんは大きなピーマンを食べたことはありますか?通常ピーマンは10cm未満の小ぶりサイズで5〜6個1袋になったものを買っているかと思います。

ところが、品種によっては1.5倍にもなる大きなサイズのピーマンがあるのです。「とんがりパワー」というユニークな名前をしたピーマンは、ビッグサイズのピーマンの品種の一つで、15cmにもなる大ぶりピーマンです。

私の家の近所で売っているピーマンはとても小ぶりなため肉詰めをしようとするといつも具の量が少なくなってしまいます。とんがりパワーほど大きなサイズであれば立派な肉詰めが作れるのですが…!

今回は、大きなピーマン「とんがりパワー」の特徴と旬の時期についてご紹介します。

画像引用:赤いルバーブのほたる農園たつの

スポンサードリンク

とんがりパワーってどんなピーマン?

読み方 とんがりパワー
旬の時期 6月〜8月
主な生産地 全国各地
種類 長円筒型

特徴

とんがりパワーは、パプリカの血も引く大きくて歯ごたえのあるピーマンです。通常のピーマンは片手のひらにすっぽりとおさまるサイズですが、とんがりピーマンは15cmほどあり非常に大きいピーマンです。

鮮やかな緑色をしており細長く、ピーマン特有の青臭さが少なくほんのりと甘みがあるのも特徴で、瑞々しいので、サッと軽く火を通すだけでも美味しく食べることができます。ピーマン嫌いのお子様でも食べやすいと言われています。

ピーマンには縦長の「シン型」と呼ばれる種類と、ふっくらした「ベル型」と呼ばれる種類などがあるのですが、とんがりパワーは長円筒型に分類されます

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

とんがりパワーの旬の時期は、6月〜8月となっています。ピーマンはもともと夏が旬の野菜ですが、ビニールハウスの普及などにより1年を通して栽培可能な野菜となりました。

主な生産地はどこ?

ピーマンは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですので、どこでも育てることができます。家庭菜園として育てている方も多く、ホームセンターやネットではとんがりパワーの種が販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなとんがりパワーですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、2個158円で販売されていました。1個が大きいのでこれくらいの価格が妥当でしょうか。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になりましたが、とんがりパワーをお取り寄せ商品として販売しているサイトを見つけることはできませんでした

フリマサイトのメルカリでも野菜を販売する方が増えていて、そちらにはとんがりパワーの出品がありました!家庭菜園として育てた野菜詰め合わせセットの中にとんがりパワーが含まれており、1,000円で販売されていました。

一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、メルカリをチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、とんがりパワーはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?とんがりパワーを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

青椒肉絲

こちらもピーマンの定番料理ですね。細切りしたピーマンと豚肉で、食感を楽しめる中華料理の代表です。豚肉を細切りするのが大変な方は、ブロック肉を一度冷凍し、解凍中のまだ硬いくらいの時にカットするととても切りやすいです。
豚肉とピーマン、そしてあればたけのこを加えると3つの異なる食感となります。ピーマンには火を通しすぎず、さっと炒めてシャキシャキ食感が残るようにしましょう。

焼きうどん

続いても麺類です。豚肉やにんじん、もやしとピーマンなどお好みの具材と合わせた焼きうどんは、休日のランチや簡単に晩ご飯を作りたい日におすすめの一品です。

豚肉とピーマンの相性がとてもよく、この2つの食材を一緒に摂取することで体内でコラーゲンが生成されます効率的にピーマンの栄養を摂るための2つの相性の良い食材は「豚肉」と「にんじん」と言われているので、こちらの焼きうどんはその全ての食材が入っていて非常に健康的です。

ピーマンとにんじんと一緒に摂ると栄養の吸収力がアップするので、是非使ってみてください。

スポンサードリンク

昆布和え


引用:みんなのきょうのレシピ

昆布和えは、昆布の塩気でほとんど味付けいらずのお手軽メニューです。普段白ご飯に入れている塩昆布を、千切りにして軽く炒めたピーマンと和えるだけで、あっという間に副菜ができてしまいます

こちらも白いご飯がすすむ食欲増進メニューです。暑い夏にもおすすめですよ。

まとめ

甘みがある大きなピーマン「とんがりパワー」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?一般的なピーマンよりも大きなサイズをしているので、非常に食べ応えがありオススメです。

家庭菜園でも育てられるようなので、興味のある方、また近くではなかなか手に入らないという方はトライしてみてください。

スポンサードリンク