フルーツピーマンの特徴・旬の時期まとめ|生でも食べられる甘いピーマン

フルーツピーマンという名前のピーマンをご存知ですか?ピーマンは苦いことが特徴的な野菜ですが、フルーツピーマンには糖度があるのです!

どちらかというとパプリカのような味で、その甘さから食べやすいと人気の品種なのです。私は以前フルーツピーマンをスーパーで見かけて買ったことがあるのですが、ピーマン?と思ってしまうほど青臭さや苦味がなく驚きました。

今回は、甘くて食べやすい「フルーツピーマン」の特徴と旬の時期についてご紹介します。

画像引用:JA長野県

スポンサードリンク

フルーツピーマンってどんなピーマン?

読み方 ふるーつぴーまん
旬の時期 6月〜9月
主な生産地  
種類 その他変種

特徴

フルーツピーマンは、その名の通りフルーツのような甘みが特徴的なピーマンです。ピーマン特有の苦味や青臭さが無く、ピーマン嫌いの方でも食べやすい品種です。

フルーツピーマンは一種類ではなく、甘みのあるピーマンのことを総称して「フルーツピーマン」と読んでいます。その代表的な品種には「アナスタシア」や「セニョリータ」などがあります。

糖度が8度ほどあるのでピーマンにしては非常に甘く、ジューシーなので生でサラダにしても食べることができます。色は赤・オレンジ・黄色があり、「フルーツパプリカ」と呼ばれることもあります。

ピーマンはその形によっていくつかの種類に分けられるのですが、フルーツパプリカは特殊なため「その他変種」として分類されています。一般的なピーマンは「シン型、、ふっくらとした形のものは「ベル型」と呼ばれています。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

フルーツピーマンの旬の時期は、6月〜9月となっています。ピーマンはもともと夏が旬の野菜ですが、ビニールハウスの普及などにより1年を通して栽培可能な野菜となりました。

主な生産地はどこ?

ピーマンは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですので、どこでも育てることができます。家庭菜園として育てている方も多く、ホームセンターやネットでは種や苗が販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなフルーツピーマンですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、3個入りの袋が100円で販売されていました。近場では売っていないという方には、ネットでの購入もオススメですよ。

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になりましたが、フルーツピーマンをお取り寄せ商品として販売しているサイトを見つけることはできませんでした

フリマサイトのメルカリでも野菜を販売する方が増えていて、そちらにはフルーツピーマンの出品がありました1kgの大容量で1,700円、また色々な夏野菜をミックスさせた詰め合わせが1,000円で販売されていました。一度食べてみたいけれど近場には売っていない!という方は、メルカリをチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、フルーツピーマンはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?フルーツピーマンを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

チャプチェ


引用:cookpad

韓国料理の一つであるチャプチェの彩りとしてピーマンを加えるのもおすすめですよ。こちらは2色のフルーツピーマンと通常のピーマンを入れた3色のチャプチェです。

甘辛い味の染み込んだチャプチェに、フルーツピーマンの甘み・通常ピーマン苦味がよく合います。ピーマンが苦手な方でも食べられてしまう、やみつきレシピです。お弁当に入れても良し、晩ご飯のおかずにしても良しの便利な一皿です。

手でちぎった海苔を散らすと風味が変わりまた美味しくなりますので、お好みでアレンジしてみてください。

 マリネ


引用:E・レシピ

マリネは、オリーブオイルとレモン汁、そして塩で作る爽やかな夏におすすめのレシピです。緑色のピーマンと違って味に甘みがあるので、非常に食べやすいですよ。

軽く焼いたフルーツピーマンをマリネ液に漬け、半日ほどおきます。ひたひたになり柔らかくなったピーマンは、ちょっとしたおつまみとしても重宝します。冷やすと甘みをより感じるので冷蔵庫で漬けるようにしてみてください。

スポンサードリンク

サラダ


引用:pokka sapporo

サラダにするとシャキシャキとした食感がをたっぷり感じることができますよ。フルーツピーマンに甘みがあるので生でも美味しくいただけます

お好みの葉モノ野菜とツナ缶を和えれば、あっという間に彩り豊かなサラダの完成です。オイル系のドレッシングにも、和風系ドレッシングにもよく合います。お好みの味付けで食べてみてくださいね。

まとめ

甘くて食べやすいピーマン「フルーツピーマン」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?これまでピーマンの苦味苦手で食べてこなかった!という方には是非食べていただきたいピーマンです。

カラーバリエーションもあり、料理の彩りとしても重宝しますので是非見かけた際にはお試しください。

スポンサードリンク