お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

紅はるかの特徴・旬の時期は?ねっとり系さつまいもをチェック

   

紅はるか ねっとり系のさつまいもの中で、安納芋と人気を二分していると言っても過言ではない、「紅はるか」はご存知でしょうか?

紅はるかは、ねっとり系のさつまいもで比較的新しい品種なのですが、そのクリーミーさなどが人気で、今や紅はるかを元にしたオリジナルブランドが各地で出てきているほどだとか。

特に、焼きいもにするとねっとりとしつつものどに詰まらない滑らかな口上がり、そしてなんともいえない甘さがたまらないのだとか!

そこで今回は、このねっとり系に分類される「紅はるか」という品種のさつまいもについて、紹介したいと思います。

引用URL:http://blog.yao800.co.jp/

スポンサードリンク



特徴-どんな品種?-

紅はるかという品種のさつまいもですが、外観が優れている「九州121号」に、皮色や食味が優れている「春こがね」を交配させ育成されたさつまいもで、2010年に品種登録された比較的新しい品種です。

そして開発の狙い通り、外観は優れており、その上蒸しいもにしたときの糖度が高く、とても美味しいさつまいもなのです。

ちなみに名前の由来ですが、同じねっとり系に分類される安納芋よりも“はるかに甘い”ということから名前がつき、「紅はるか」となったのだとか。おもしろいですよね。

味ってどんの?

さて肝心のお味ですが、名前の由来通り焼きいもにすると、しっかりとした甘さが口全体に広がります!

そして、水分もしっかりとあるので、のどに詰まらない滑らかな口当たりなのだとか。

また、甘いとなるとしつこいようなイメージがあったりもしますが、紅はるかは甘くなるように品種改良されたので、もちろん甘いのですが、それなのに後味がスッキリしているそうです。

まさに、「さつまいも本来のホクホク感と味わいはそのまま」という感じだそうですよ。

 

糖度は焼き芋で驚異の50度超えも

甘いことが特徴のひとつと言える紅はるか。当然のことながら、糖度…気になりますよね。
そこで調べてみました。

すると、大体生芋の状態で40度前後、焼きいもにすると50~60度と安納芋を超えることもあるのだとか!
これだけ糖度が高かったら、そりゃ甘いですよね。もはや、さつまいもを食べているというよりも、スイーツを食べていると言っても過言ではない糖度ですね。

カロリーは100gあたり163kcal

糖度の高さもわかりました。そうなってきたら、気になるのはやはりカロリーですよね。

甘い=高いっていうイメージありますよね~わかります。そもそも、さつまいも自体カロリーが高いイメージありますしね。

でも、実は普通のさつまいもは100gに対し132kcalとそんなに高くないんです。

ただ、肝心の紅はるかは、糖度が高いことも関係しており、100gに対し163kcalなのだとか。

こうやって比べると、さつまいもの中ではカロリーが高い方の品種と言えるでしょう。でも、同じ甘いスイーツのショートケーキ100gで350kcalあるんです。そう考えると、スイーツほど甘いのにこのカロリーって低いんじゃないかと思えますよね。

 

産地

では、紅はるかはどこで生産されているのでしょうか。調べてみると九州地方が多いようですが、全国的に栽培はされており、さらにはオリジナルブランドを作っている地域もあるのだとか。人気の品種だということが伺えますね。

 

食べ頃の旬の時期は11月~1月

どうせ食べるなら、旬の時期に食べたい!って思う方も多いのではないでしょうか。そこで、紅はるかの旬を調べてみたところ、まず収穫時期は九州など暖地では10月頃から、本州では11月初旬あたりだそうです。

その後、美味しくなるのは収穫後2~3週間経ってからですので、食べ頃の旬はとしては、11月~1月と言えるでしょう。またそれ以降も、定温管理された紅はるかが、市場には出回るそうです。

 

スポンサードリンク

 

おすすめの食べ方

ねっとり系のさつまいもに分類される、紅はるか。おすすめの食べ方を紹介します。

焼き芋

さつまいもの王道と言ったら焼き芋!ですよね。実際、紅はるかの焼き芋を求めて行列ができることもあるほどなんです。焼き芋にしたときのあの甘さと、滑らかな口あたりはクセになるそうで!ファンがどんどん増えているのだとか。ちなみに今は、オーブンやオーブンレンジに「焼きいも」というコースがあるほど家庭でも手軽に作れるので、ぜひ一度お試しください。

干し芋

紅はるかは、蜜芋といわれるほど糖分がたっぷり入って甘みが強く、柔らかい食感なので、干し芋にしても美味しいのだとか!生でそのまま食べるもよし、オーブントースター等で軽くあぶって食べてみるのもよし!だそうで、軽くあぶると風味が増してほっこりとしたまた別の味わいが楽しめるそうですよ♪インターネットでも紅はるかを使用したいろんな干し芋が発売されているので、よかったら検索してみてくださいね♪

 

紅あずま、紅まさりとの違い

さつまいもの中でも有名な「紅あずま」と「紅まさり」と比べてみるとどんな違いがあるのでしょうか。

まず、紅あずまと紅はるかを比べてみました。

■紅はるか
紅はるかはとにかく甘みがしっかりとある上に、食感はしっとりねっとりな感じなので、単体で食べられるような品種なのだとか。

■紅あずま
紅あずまは、甘みは十分にあるのですが、ホクホク系のさつまいもでもあるので、水分量が紅はるかに比べると少ないようです。

なので、紅あずまを食べる場合は、何か飲み物と一緒に食べたほうが良さそうですね。

では、紅まさりと比べるとどうなのでしょうか。紅まさりもまた、焼き芋にすると蜜が滴り落ちるほど甘いことで有名なので、正直甲乙つけがたいところです。

しいていうなら、紅はるかの方が上品な甘さといったところだそうですが、正直好みが関係してきそうですね。

ただ、外観が違うので、焼き芋にしたとき側面からガブリとかぶりつきたいなら紅まさり、ほっそりとした外観で食べやすいのは紅はるかといったところでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

通販

これだけ人気のあるさつまいもだったら、通販で買えるだろうと思って調べてみたら、とにかくたくさん出てきました!産地も様々ですし、生芋もあれば、干し芋や焼き芋等、加工されているものまで、正直紹介しきれないほどです。JAなどでも通販されていたりもするようなので、ぜひいろんな産地の紅はるかを通販して、マイベストな紅はるかを見つけてみたいですね♪

 

まとめ

大人気のさつまいもの一つ、紅はるかを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

上品な甘さで滑らかな口当たりの紅はるか…ぜひぜひ焼き芋にして食べたいところですよね!

ちなみに、紅はるかは、お通じを良くして便秘解消にも役立つと言われているヤラピンがとても沢山含まれているそうです。

そのため、芋自体に含まれている食物繊維と共に非常に高い効果が期待できるさつまいもでもあるんです。甘い上に、美容と健康にもいいなんて…まさに至極の一品と言えますね!

 

スポンサードリンク


 - 秋の食べ物