お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

紅こまちの特徴・旬の時期は?ほくほく系さつまいもをチェック

   

紅こまち 「紅こまち」という品種のさつまいもはご存知でしょうか?

紅こまちは、ほくほく系のさつまいもで、焼きいもにすると昔ながらの焼きいもの食感が味わえるさつまいもで、甘みもさつまいもの中でも一二を争うほど甘みがしっかりあるんす。ですが、最近は他の品種におされてきていたりして、見かけることも少なくなってきて、今では幻の品種といわれているほどなんです。
そこで今回は、このほくほく系に分類される「紅こまち」という品種のさつまいもについて、紹介したいと思います。

引用:http://soleil.suttempare.sunnyday.jp/

スポンサードリンク



特徴-どんな品種?-

さて、紅こまちという品種のさつまいもですが、実は今人気の「紅あずま」の兄弟品種で、「高系14号」と「黄金千貫」とを交配させて出来たさつまいもなんです

交配が成功した当時、最強のさつまいもだ!と言われていたほどの品種でもあったのですが、実は栽培が難しく、農家さんの間で広がらなかったそうです。ですので、幻の品種といわれているんですね。

さて、この一時最強のさつまいもと言われていた紅こまちですが、味はどうなのか。実は、さつまいもの中で一番甘いといわれているほど、甘みがしっかりとあるさつまいもなんです。そして、焼き芋にすると、ホクホクした食感が味わえ、そして甘みもしっかりあるということで、焼きいもにすると特に美味しいようです。

糖度

さつまいもの中で、一番甘い!と言われていた紅こまち。糖度を調べてみたところ、残念ながら、具体的な数値は確認することができませんでした。ですが、糖度が高いことは間違いないようですよ。

カロリー

紅こまちのカロリーはどれくらいなのでしょうか。こちらも、残念ながら資料が少なく、具体的な数値は確認することができませんでした。でも、一般的なサツマイモ自体、実は100gあたり、約163キロカロリーですので、軽いご飯一杯分(100gあたり約170キロカロリー)と同じくらいか、低いくらいではないかと考えられます。

産地

栽培が難しく、今や幻の品種と言われている紅こまち。ですので、調べてみたところ、全国各地でつくられているということはないようですね。今は千葉県の一部の地域が、主として生産しているようです。

 

スポンサードリンク

 

旬の時期

続いて紅こまちの旬の時期を見ていきたいと思います。調べてみたのですが、具体的な時期は確認することができませんでした。
ただ、紅あずまと同時期に収穫されるようですので、早いところで9月上旬頃から収穫が始まり、10月が最盛期となり、11月中旬頃まで収穫されるのではないかなと予想されます

ですが、やはり甘みを出すために貯蔵することも必要ですので、紅あずまと同じ食べ頃の旬は12月から2月頃までと考えられます。

 

まとめ

紅こまちは、交配させて出来た当時、最強のさつまいもだ!と言われたほど、味、特に甘みは絶品のようです。

ですが、ツル割れしやすく、形も不揃いになりがちで商品価値を保つのが困難であった品種のようで、今では幻の品種と言われるほどに。。

それでも、一部の産地ではこだわって生産されていて、千葉県香取市では、色々商品化もされているようですよ。

中でも、道の駅で販売されている「さつまいもソフトクリーム」は絶品なのだとか!
最強のさつまいもとうたわれたさつまいもから出来たソフトクリーム、ぜひ食べてみたいですね~!

他にも、スイートポテトにしたり、焼酎にしたり…色々と商品化がすすんでいるようですので、もし千葉県香取市に行った際には、ぜひ食べてみたいですね。

 

スポンサードリンク

 - 秋の食べ物