お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

甘太くんの特徴・旬の時期は?ローソンでも販売されてたねっとり系さつまいもをチェック

   

甘太くん
さつまいもの一種、「甘太くん」はご存知でしょうか?

可愛らしい名前の甘太くんですが、最近その食感と味に注目が集まってきているのだとか。

そこで今回は、このねっとり系に分類される「甘太くん」という品種のさつまいもについて、紹介したいと思います。

引用URL:https://www.furusato-tax.jp

 

スポンサードリンク


特徴-どんな品種?-

さて、「甘太くん」は品種の名前じゃないってご存知ですか?

実は、「甘太くん」は品種としては「紅はるか」というねっとり系のさつまいもなんです。

そして、「甘太くん」という名前はJA全農おおいたが商標登録しているもので、系統出荷されたもののみ、甘太くんの名前を名乗ることができるのです。
ちなみに、大分県臼杵市のふるさと納税のお礼品にもなっているほど人気なんですよ。

 

では、甘太くんのお味はどうなのでしょうか。名前に「甘」が入っているのだから、さぞかし甘いのだろうと期待大になりますよね。

でも、そんな期待を裏切らないほど甘みが強いのだとか!焼き芋にすると濃厚なお芋の味を感じられるほどで、でも後味はすっきりとしているのだとか。とにかく、一度食べたらやみつきになるそうですよ。

甘太くんは生の状態で糖度25度前後

高い糖度が特徴の一つでもある甘太くん。では、糖度は実際どれくらいあるのでしょうか…。

調べてみたところ、通常のさつまいもで8度前後なのに対し、甘太くんは生の状態で25度前後、焼き芋にすると40度を超えるのだとか!甘いことで有名な安納芋の糖度をも超える勢いだそうですよ。

カロリー

ここまで糖度が高いとカロリーも気になってしまいますよね。そこで調べてみたところ、甘太くん自体のカロリーは確認することができませんでした。

ただ、紅はるかが100gに対し163kcalなので、同等と推測されます。一般的なさつまいものカロリーは、100gあたり132kcalなので、さつまいもの中ではカロリーが高い方に分類されますね。

スポンサードリンク

 

産地

甘太くんの産地は…いうまでもなく大分県ですね。なんて言ったって、JA全農おおいたが商標登録しているのですから。大分県の土地と暖かい気候が甘さの秘訣なのかもしれませんね。

ローソン

実は甘太くんの焼き芋が、ローソンで販売されていたのはご存知でしたか?

しかも、大分県のローソン限定だったのだとか!なんでも各店舗で、1時間かけて1本1本じっくり焼いているそうですよ。他県民からしたら、羨ましい限りです!

 

旬の時期は12月~4月

 

肝心の甘太くんの旬の時期は、いつごろなのでしょうか?

実は、甘太くんの糖度の秘密は、収穫後しっかりと熟成していることなんです。

なので、収穫自体は10月ごろにされるのですが、その後熟成されて市場に出回るのは、12月~4月の間なのだとか。なので、旬も市場に出回るのと同じくらいの時期と考えられます。

 

まとめ

さて、紅はるかがもととなっている甘太くんをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

正直私もさつまいもについて調べるまで、甘太くんの存在を知らなかったのですが、さつまいもファンからしたら、本当に人気のさつまいものようですね!

なんでも、焼き芋にして食べたら本当にやみつきになるほどなんですから、よほど美味しいさつまいもだということが、伝わってきますよね。

また地域限定とはいえ、コンビニでも販売されていたのですから、味の保証はされたも同然ですよね。

ぜひ、機会があれば今度は地域限定といわず、全国展開してくれないかなーと願うばかりです!
とはいえ、最近では通販で手に入るようにもなっているので、通販でポチット購入して、お家で焼き芋にして食べるのもいいかもしれませんね!

 

スポンサードリンク

 - 秋の食べ物