お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

とみつ金時の特徴・旬の時期は?ほくほく系さつまいもをチェック

   

とみつ金時 様々な品種があるさつまいもの中で、「とみつ金時」という品種のさつまいもは、ご存知でしょうか。

実は、ほくほく系のさつまいもに分類される品種なのですが、金時繋がりでいくと、「鳴門金時」というさつまいもに比べて、「とみつ金時」という名前は、鳴門金時ほど耳にする機会が少ないかもしれません。

味は、鳴門金時のように甘いのかどうなのか…そもそもどういった特徴を持っているのか。。
そこで今回は、このほくほく系に分類される「とみつ金時」という品種のさつまいもについて、紹介したいと思います。

引用:http://www.47club.jp/

 

スポンサードリンク

 

特徴-どんな品種?-

さて、とみつ金時というほくほく系に分類される品種のさつまいもですが、美味食材王国である、福井県を代表するさつまいもだそうです。そして、美食材王国の食材という名に恥じず、数々の一流シェフやパティシエも認めるさつまいものようです。

一流シェフも認めるほどの、とみつ金時。何より認められているのは、上品な甘さだそうです。
そして、甘みが強いのですが、適度な水分が詰まっているのも特徴ともいえます。この上品な甘さが、焼きいもやふかしいもはもちろんのこと、お菓子作りの最高の素材としても最適だといわれているのです。

 

カロリー

さて、強い甘みが特徴のとみつ金時ですが、カロリーはどれくらいあるのでしょうか。こちらは、残念ながら具体的な数値は確認することができませんでした。しかし、美容やダイエットにススメられている食材でもあり、低カロリーであることには変わりないようです。

 

スポンサードリンク

 

産地

とみつ金時は、その名の通り、福井県の北部に位置する、あわら市の海沿いに面した富津地区が産地です。このあたりは丘陵地にあり、やや赤土を含む砂地で水はけが良い土地だそうです。

また、北陸地方にありながらも、比較的温暖な地域で、夏の日照時間が長く、太陽の光をたっぷり浴びることにより、とみつ金時はおいしく育っているそうですよ。
まさに、寒暖の差を生むこの自然環境のおかげで、あの上品な甘さや適度な水分が詰まっていると考えられるでしょう。

 

旬の時期

では、とみつ金時はいつごろが旬なのでしょうか。残念ながら、正確な時期は調べても確認することができませんでした。
ただ、秋の旬の食材として取り上げられていることもあり、大体9月~11月ごろではないかと考えられます。

また12月ごろには、それまでにしっかり熟成をさせて甘みを増したとみつ金時が、販売されることもあるのだとか。

 

まとめ

とみつ金時は、美味食材王国である福井県のあわら市の富津地区で生産されているさつまいもだったのですね。また、一流のシェフやパティシエが認めるほどの食材で、スイーツなどにもよく使用されていることもわかりました。

ビタミンやミネラルを豊富に含んでいて、食物繊維が豊富。それだけでも、美容に良いというのは納得なのですが、それでいて強い甘みもあるのに、低カロリーなんて、本当に素晴らしい食材ですね。

ダイエット中で、甘いものを控えている時期でも、とみつ金時なら、まだ罪悪感も少なく食べられそうですし、まさに美容の味方!と言えるのではないでしょうか。ちなみに最近では、一部のコンビニでも販売されているみたいなので、もし店頭で見つけた際には、一度手にとっていただき、召し上がっていただくのもいいかもしれませんね。

鳴門金時も甘みがしっかりあると言いますが、同じ金時つながりであっても、また甘さの種類が違うのでしょう。ぜひ、機会があったら、食べ比べしてみたいものです。

 

スポンサードリンク

 

 - 秋の食べ物