雪化粧かぼちゃの特徴・旬の時期などまとめ|皮の白さの正体は?

雪化粧かぼちゃ

白くてきれいな雪化粧かぼちゃにはどんな特徴があるのでしょう?雪化粧かぼちゃの旬や収穫時期、味や見た目、おすすめ料理などまとめてご紹介致します。

引用:http://rusan.jp/

スポンサードリンク

雪化粧かぼちゃってどんなもの?

どんなもの?

雪化粧かぼちゃは、西洋かぼちゃの一種です。

白皮栗かぼちゃに分類され、主な品種「伯爵」や「夢味」があります。

大きな特徴としては皮が白いこと!この皮の白さの正体はでんぷんです。

でんぷんで白くなっており、加熱をすることで白身が少し緑色に変わります。

生産地や旬の時期、収穫時期は?

主な産地は、北海道や新潟などの冷涼地が多く収穫時期は8月~9月です。

日持ちに優れており収穫から3ヶ月ほど持つので冬の冬至などに料理で使うことができます。もちろん栽培も可能で種や苗などから育てることができます。

味や見た目のほかとの違いは?

見た目の違いはやはり白い皮。加熱処理をすることで少し緑色になります。味は粉質で甘味がしっかりとしています。貯蔵に優れているため熟成をさせることでさらに甘味が増しておいしくなります。

スポンサードリンク

オススメの料理は?

オススメの料理は?
甘味がしっかりとしていて加熱だけでおいしくなる雪化粧かぼちゃのおすすめの料理は何でしょう?レシピを一部ご紹介いたします。

 

煮物

かぼちゃの定番料理の煮物は雪化粧かぼちゃでもおいしく召し上がれます。煮物のように味付けをせずにそのまま蒸かしてもおいしく召し上がれます。

 

パンなどの生地に

雪化粧かぼちゃは甘味がしっかりとしているので料理の味付けとして使ってもおいしいです。しっかりとした甘味ですので砂糖を使わなくてもおいしく仕上がるのが良いところですね。

生地に練りこんだ食パンを作りや蒸しパンなどにしてもすごくおいしくなります。

かぼちゃサラダ

甘味を活かして、マヨネーズとあわせたサラダもおいしいです。

雪化粧かぼちゃは中身が濃い黄色なので彩りも綺麗なサラダが出来上がります。

まとめ

白くてきれいな雪化粧かぼちゃは保存に優れているかぼちゃです。冬の冬至の時期に、かぼちゃ料理を食べるときなどは大活躍間違いなしの雪化粧かぼちゃ。

寒くなる季節にぜひお試しください!

スポンサードリンク