バターナッツかぼちゃの特徴・旬の時期などまとめ

バターナッツかぼちゃ

瓢箪のような形のバターナッツかぼちゃ、どんな特徴があるのでしょう?
バターナッツかぼちゃの旬や収穫時期、味や見た目、おすすめ料理などまとめてご紹介致します。

スポンサードリンク


バターナッツかぼちゃってどんなもの?

クエスチョン
バターナッツかぼちゃは日本かぼちゃの一種のユニークな見た目が特徴的なかぼちゃです。

日本かぼちゃですが、アメリカで大変ポピュラーな品種で最近日本でも人気が出てきています。
様々な品種があるなかでバターナッツは固定種のため、食べたかぼちゃの種を撒くと再び収穫することができます。

生産地や旬の時期、収穫時期は?

日本かぼちゃのバターナッツの原産は南米です。
日本で栽培されている地域は長野県などがあります。

収穫は大体9月~11月くらいとされています。

スポンサードリンク


味や見た目のほかとの違いは?

見た目が特徴的なバターナッツかぼちゃは、瓢箪のような形をしています。

鶴首かぼちゃにも形は似ているとされています。
味はバターナッツという名前もありナッツのような風味があり、粘性が強い品種です。

オススメの料理は?

ひらめき
 

アメリカで人気のバターナッツかぼちゃ、おいしい食べた方はどんなものがあるでしょうか。
料理の一部をご紹介いたします。

スポンサードリンク


ポタージュ

バターナッツかぼちゃは粘性がある特徴と、繊維質が少ないということでポタージュなどに大変向いています。
ナッツの風味がするので少し変わった味のかぼちゃのポタージュとして人気があります。

生でも美味しい

バターナッツかぼちゃはシンプルな食べ方はもちろん、生で食すこともできます。
千切りにすると下記のような食感でメロンのような風味があるのでサラダに合います。

皮だけでも?

変わった食べ方をご紹介します。バターナッツは皮だけでも食べることができます。

皮を千切りにして油で炒めて、塩コショウをすると美味しいつまみに早変わり!

ビールの意おつまみに最適な一品になります。無駄もなくておいしいので良いですよね?

スポンサードリンク


まとめ

南米原産のアメリカで人気な日本かぼちゃのバターナッツかぼちゃ。
見た目も味も変わった部分が多く日本でもスーパーなどで見かけるようになってきました。

料理方法もいろいろと面白いものがあり、目が離せないバターナッツかぼちゃぜひお試しください!

かぼちゃ記事を一緒にチェック

超人気かぼちゃ3種類27品種まとめ

▶かぼちゃの長持ち保存のテクニック ▶西洋かぼちゃと日本かぼちゃの違いについて
▶かぼちゃを冷凍したら臭いがヘン!?ニオイの原因と正しい冷蔵方法 ▶かぼちゃのレンジの加熱時間は?硬い皮でもやわらかくおいしくなるコツ
▶カボチャの種の栄養について ▶カボチャの語源はカンボジア?