雪の妖精の特徴・旬の時期まとめ|フルーツのように甘い純白のとうもろこし

夏の定番野菜「とうもろこし」にも大きさや色が異なる様々な品種がありますが、「雪の妖精」というメルヘンな名前をしたとうもろこしをご存知ですか?

寒い冬のようなイメージが浮かぶ雪の妖精は、真夏に収穫される純白のとうもろこしです。

私の家の近くには農家さんの直売所がないので、なかなか新鮮なとうもろこしには出会えないので、もぎたてのとうもろこしには憧れがあります。

さて、今回は純白でフルーツのような甘さのとうもろこし「雪の妖精」の特徴や旬の時期についてご紹介します。

画像引用:寺坂農園

スポンサードリンク

雪の妖精ってどんなとうもろこし?

読み方 ゆきのようせい
旬の時期 6月初旬〜9月中旬
主な生産地 北海道
種類 シルバーコーン

読み方 引用:寺坂農園

スポンサードリンク

「雪の妖精」と書いて「ゆきのようせい」と読むとうもろこしです。

特徴

雪の妖精のピックアップすべき大きな特徴は2つ、「フルーツのような強い甘さ」と「純白な粒の色」にあります。

詳しい糖度については次で詳しくご紹介させていただきますが、とにかく甘いのです。同じく粒が白いとうもろこしの代表作として「ピュアホワイト」という品種がありますが、雪の妖精はピュアホワイトよりも大きく、風味も良いと言われています。

一般的な黄色いとうもろこしと比べ出荷数が少なく、市場に並ぶことが少ないので希少価値の高いとうもころしです。

粒は一つ一つ中身が詰まっていて弾けそうなほど大きく、かぶりつくとジュワーっと果汁があふれ出します。甘さと瑞々しさが揃ったフルーツのような味わいで人気を誇っています。

雪の妖精の糖度

その糖度ですが、フルーツに値する15〜18度と言われています。メロンの糖度が12〜18、バナナの糖度が16〜20度ですから、フルーツの中でも甘い種類のものに匹敵する甘さを持っているのです。

生産者さんによっては20度超えのものを栽培している方もいます。一度食べたらいつものとうもろこしが食べられなくなる、驚きの甘さをしています。

生でも食べられる?

雪の妖精は新鮮なものであれば生のままでも食べることができます。特に収穫直後のとうもろこしは糖度が高く、そこから徐々に甘みや糖度が低下してしまうので、もぎたてが一番オススメの食べどきです。

直売所などその日のうちに採れた雪の妖精を入手できたら是非生のままかじりついてみてください。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

雪の妖精は、6月初旬〜9月中旬を旬の時期としています。生産地により異なりますが、一番の出盛りは7月〜8月です。

主な生産地はどこ?

雪の妖精は北海道産のものが多く知られていますが、全国的に栽培が可能で、新潟県や栃木県、熊本県でも栽培が行われています。

価格相場ってどのくらい?


そんな雪の妖精ですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、1本170円で販売されていました。地域によって価格差があるようです。近場では売っていないという方には、お取り寄せがオススメですよ。

ネット通販だと

雪の妖精はネットのお取り寄せとしても販売されています。各サイトによって価格は異なりますが、6本2,980円、10本3,80円ほどでした。興味のある方は是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

とうもろこし4種類・全38品種まとめ

とうもろこしを食材として扱うのはスイートコーンと呼ばれる甘味種です。その他にもさまざまな種類がありますが、本記事では以下の4種類38品品種に分けて解説していきます。

  1. ゴールデンコーン(スイートコーンの黄粒種)15品種
  2. シルバーコーン(スイートコーンの白粒種)6品種
  3. バイカラーコーン(スイートコーンのバイカラー種)8品種
  4. その他の9品種

ゴールデンコーン(スイートコーンの黄粒種)15品種

ヤングコーン(ベビーコーン)の特徴・旬の時期まとめ|歯ごたえと甘みが魅力の若取りとうもろこしヤングコーン 嶽きみの特徴・旬の時期まとめ|青森で生まれた非常に甘いブランドとうもろこし嶽きみ
サニーショコラの特徴・旬の時期まとめ|高い糖度とみずみずしさが魅力のとうもろこしサニーショコラ ハニーバンダムの特徴・旬の時期まとめ|大きくて甘みが強い実をもつとうもろこしハニーバンダム 味来の特徴・旬の時期まとめ|サイズが小ぶりで果物のように甘いとうもろこし味来
ピクニックコーンの特徴・旬の時期まとめ|味来以上の強い甘味を誇る極甘とうもろこしピクニックコーン きみひめの特徴・旬の時期まとめ|生でも食べられる甘いとうもろこしきみひめ おひさまコーンの特徴・旬の時期まとめ|濃い黄色と強い甘味が特徴のとうもろこしおひさまコーン
あまえん坊の特徴・旬の時期まとめ|フルーツのように甘く柔らかいとうもろこしあまえん坊 ゴールデンアローの特徴・旬の時期まとめ|Lサイズの甘いとうもろこしゴールデンアロー おおものの特徴・旬の時期まとめ|大きなサイズと甘さが特徴のとうもろこしおおもの
ミエルコーンの特徴・旬の時期まとめ|はちみつのように甘いとうもろこしミエルコーン ミルキースイーツの特徴・旬の時期まとめ|フルーツのような爽やかな甘さが特徴のとうもろこしミルキースイーツ 恵味の特徴・旬の時期まとめ|フルーティーでコクのあるとうもろこし恵味

シルバーコーン(スイートコーンの白粒種)6品種

ピュアホワイトの特徴・旬の時期まとめ|生でも食べられる真っ白なとうもろこしピュアホワイト 雪の妖精の特徴・旬の時期まとめ|フルーツのように甘い純白のとうもろこし雪の妖精
ロイシーコーンの特徴・旬の時期まとめ|果実のようにジューシーなとうもろこしロイシーコーン クリスピーホワイトの特徴・旬の時期まとめ|サクッとした食感が魅力のとうもろこしクリスピーホワイト

バイカラーコーン(スイートコーンのバイカラー種)8品種

甘々娘の特徴・旬の時期まとめ|粒皮が柔らかく生でも食べられるとうもろこし甘々娘 ピーターコーンの特徴・旬の時期まとめ|粒皮が薄く食味の良いとうもろこしピーターコーン ゆめのコーンの特徴・旬の時期まとめ|収穫後も甘さが長く続くとうもろこしゆめのコーン
ドルチェヘブンの特徴・旬の時期まとめ|強い風味が特徴のとうもろこしドルチェヘブン 歩味の特徴・旬の時期まとめ|光沢が強く食味の良いとうもろこし歩味
バーベキューコーンの特徴・旬の時期まとめ|食味と品質のよいとうもろこしのバイカラー種バーベキューコーン 森の甘太郎の特徴・旬の時期まとめ|糖度抜群のとうもろこしのバイカラー種森の甘太郎  

その他の9品種

デントコーンの特徴・旬の時期まとめ|加工して様々な用途に使われるとうもろこしデントコーン フリントコーンの特徴・旬の時期まとめ|トルティーヤにも使われる加工用とうもろこしフリントコーン フラワーコーンの特徴・旬の時期まとめ|粉に挽いて使用されるとうもろこしフラワーコーン
黒もちとうもろこしの特徴・旬の時期まとめ|もちのように粘り気のある黒いとうもろこし黒もちとうもろこし ポッドコーンの特徴・旬の時期まとめ|観賞用として栽培されたとうもろこしポッドコーン
イエローポップコーンの特徴・旬の時期まとめ|人気のお菓子ポップコーンになるとうもろこしイエローポップコーン 白もちとうもろこしの特徴・旬の時期まとめ|もちのような粘り気のある白いとうもろこし白もちとうもろこし

スポンサードリンク

とうもろこしの栄養成分表と期待できる効果

栄養成分表

野菜として利用されるのは、胚乳に糖分の多い、スイートコーンと呼ばれる甘味種。とうもろこしのたんぱく質は、必須アミノ酸のリジンが少ないのが特徴。このため、リジンを多く含む肉や卵、乳製品、大豆製品などと組み合わせると、たんぱく質の栄養価値を高めることができる。

エネルギー 92kcal
水分 77.1g
たんぱく質 3.6g
脂質 1.7g
炭水化物 16.8g
カリウム 290mg
カルシウム 3mg
マグネシウム 37mg
リン 100mg
0.8mg
亜鉛 1.0mg
ビタミンB1 0.15mg
ビタミンB2 0.10mg
ビタミンC 8mg
食物繊維総量 3.0g

食品成分表(可食部 100gあたり)

期待できる効果・効能

疲労回復に効くアスパラギン酸をはじめ、脳を活性化するグルタミン酸、免疫機能を高めるといわれるアラニンなど、注目の栄養成分を多く含む。

  • 疲労回復
  • 便秘の予防・改善
  • コレステロールの上昇抑制
  • 高血圧の予防・改善

スポンサードリンク

とうもろこしの保存方法|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安

そのままだと鮮度が落ちるのが早いので、買ってきたらすぐに加熱調理するとより長い期間美味しく食べることができます。
保存期間の目安をまとめておきました。

  • 冷蔵の保存期間:2~3日
  • 冷凍の保存期間:3か月
  • 常温の保存期間:向いていない

 

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、雪の妖精はどんな料理にアレンジできるのでしょうか?雪の妖精を使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

ポタージュ

引用:ビオサポレシピ

一番オススメしたいのが白い色を活かしたポタージュです。通常のとうもろこしスープは黄色ですが、雪の妖精を使えば白いスープに仕上がります。

大自然の甘みが詰まった絶品で、暑い夏には冷やして冷静スープにしても美味しいですよ。

焼きとうもろこし

引用:株式会社まつの

これが嫌いな方はいないのではないでしょうか!醤油が香ばしく香る焼きとうもろこしは、夏の野外メニューの定番ですね。

屋台やBBQで食べる機会が多い焼きとうもろこしですが、家庭のグリルでも焼くことができます。火を通したとうもろこしにハケで表面に醤油を塗り、魚用グリルで5分ほど焼いてみてください。

焦げた醤油が食欲をそそる甘じょっぱいとうもろこしメニューで、ビールにもよく合う美味しさです。

蒸しとうもろこし

引用:pintrest

非常にシンプルな料理ですが、雪の妖精の甘さを何もつけずにいただくには蒸しとうもろこしがオススメです。

お好みの形にカットしたら、蒸し器または電子レンジで加熱します。口の中に瑞々しさと強い甘みが溢れます。シンプルながら贅沢な食べ方ではないでしょうか。

まとめ

純白で甘いフルーツのようなとうもろこし「雪の妖精」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

とうもろこしの中には同じように糖度が高く甘みいっぱいの品種がありますが、雪の妖精は生産量が多種に比べ少ないので希少価値の高いとうもろこしです。

チャンスがあればぜひ一度その甘さを堪能してみてくださいね。フルーツかと思うほどの甘みにきっと感動するはずです。

スポンサードリンク

とうもろこしの人気記事をチェック

とうもろこしで人気のある記事を4つ紹介します。
是非チェックしてくださいね(^^♪
とうもろこし全4種類38品種まとめ|おススメはゴールデン?シルバー?バイカラー? とうもろこしの栄養価と期待できる効果効能まとめ とうもろこしの保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい? とうもろこしのおすすめレシピ10選|旬のコーンをおいしく料理しよう