最上赤にんにくの特徴・旬の時期まとめ|外皮が赤紫色の大粒にんにく

どんな料理とも相性抜群なスタミナ食材としてお馴染みの野菜、にんにく。にんにくと言えば、有名な産地として青森県を思い出す人も多いと思いますが、青森県以外の東北地方でも多くニンニクが栽培されているのです。そこで今回は、山形県で栽培されている品種の一つ、最上赤ニンニクについてまとめてみました。

画像引用:山形の小さな畑作農家

スポンサードリンク

最上赤にんにくってどんなにんにく?  

最上赤にんにくは山形県の最上地域で自家採取によって栽培が続いている伝統的な品種です。

読み方  

最上赤ニンニクと書いて「もがみあかニンニク」と読みます。最上地域で栽培された表皮の赤いニンニクの特徴をそのまま表している名前です。

特徴(サイズ、味、形状など)

名前の通り外側の皮が鮮やかな赤紫色をしているのが特徴ですが、剥くと真っ白な実が現れます。鱗片が大きめで貯蔵性にも優れているため、産地から離れた東京などのレストランでも重宝されている品種です。にんにくの風味が強いので生のままだと辛みがありますが、加熱調理をすることで甘みが出てホクホクの食感を味わうことができます。近年では最上赤ニンニクを黒ニンニクに加工したものが人気だといわれています。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地  

最上赤にんにくの旬の時期と主な生産地についてまとめてみました。

旬の時期はいつ?  

6月下旬~7月ごろまで収穫されますが、貯蔵性に優れているため一年を通して流通しています。

主な生産地はどこ?

山形県の最上町、真室川町、戸沢村で主に生産されてます。

価格相場ってどのくらい?

では実際に最上赤ニンニクを購入しようとした場合、価格相場はいくらくらいになるのでしょうか。スーパーなどで購入した場合とネット通販で購入した場合をそれぞれ調べてみました。

スーパーだと  

一個当たり100円~150円ほどで販売されています。

ネット通販だと

通販だとまとめ売りされていることが多く、500gで2500円~販売されています比較的保存がきく品種なので、まとめ買いするのもよいかもしれません。

おすすめの食べ方

焼くと甘みとホクホク食感が味わえる最上赤ニンニクにおすすめの食べ方をまとめてみました。

ホイル焼き

ホイルに包んで焼くだけの簡単レシピです。ホイルに包んでいるので焦げる心配もなく、失敗もしにくいのでおすすめです。

・皮つき丸ごとにんにくの上を、中身のニンニクの粒が見える程度まで切り落とします。

・アルミホイルの上ににんにくの切口を上にして置き、オリーブオイル(ごま油でもおいしいです)と塩コショウをかけます。

・アルミホイルに包んでオーブンやトースター、グリルを使って焼けば完成です

・ホイルを開けて再度焼けば、にんにくに焼き目が付いて見た目がさらに美味しそうになります

まるごと揚げ

ソース画像を表示

にんにくを丸ごと揚げることで、ジャガイモのようなホクホク食感が味わえます。

・ニンニクを皮ごとよく洗い、水気を切る

・きつね色になるまで油で揚げたら完成

・そのまま塩コショウで食べても、揚げた後に南蛮液につけてもおいしいです

画像引用:Cookpad

蒸し焼き

ソース画像を表示

にんにくをそのまま蒸し焼きにしたレシピです。ホクホクとした食感のニンニクをお好みの味付けで食べてみてください。

・皮つき丸ごとにんにくの上を、中身のニンニクの粒が見える程度まで切り落とします。

・お皿の上ににんにくの切口を上にして置き、オリーブオイル(ごま油でもおいしいです)と塩コショウをかけます。

・ラップをして電子レンジで加熱し蒸し焼きにします。

画像引用:macaroni

アヒージョ

にんにくの風味がおいしい料理の代表とも言えるアヒージョ。簡単にできるのでちょっとしたおつまみにもおすすめです。

・フライパンにニンニクとオリーブオイル、鷹の爪を入れて熱する

・エビ・マッシュルーム・ブロッコリーなどお好みの具材をフライパンに加えて熱を通す

・塩で味を調節したら完成

ニンニクオイルを使う場合は最初からオイルにニンニクの風味が移っているので、少ない量のアヒージョを作ろうと思う場合は、具材を入れてレンジでも作ることができます。(※エビなど爆発する恐れがあるものはレンジを使用しないでください)

まとめ

今回は山形県の伝統野菜・最上赤ニンニクについてまとめてみました。ネット通販などでも全国的に購入が可能なので、ぜひ一度食べてみてください!

スポンサードリンク