ハンサムグリーンの特徴・旬の時期まとめ|葉先に細い切れ込みのあるリーフレタス

レタスといえば、大きくて鮮やかな黄緑色の葉が球体状になっている野菜を想像することが多いと思います。しかし一般的なレタスと形が違うと、「本当にこれはレタス・・・?」と、買うのをためらってしまいますよね。そこで今回見た目が一般的なレタスとは全然違う・ハンサムグリーンというレタスについてまとめてみました。

画像引用:普賢寺ふれあいの駅

スポンサードリンク

ハンサムグリーンってどんなレタス?  

ハンサムグリーンはフリルレタスの一種で、2006年に品種改良によって誕生した非結球レタスです「サリナス」と「グリーンリーフ」を掛け合わせた品種に、イタリアンレタスの「カタロ-ニャ」を掛け合わせたものです。

そもそもフリルレタスとは

フリルレタスは非結球なリーフレタスの一種で、ギザギザとした葉先が特徴的なレタスです。一般的なレタスと比較しても栄養価が高く、ビタミンCやβカロテンを多く含んでいます。他にも鉄分、カリウムやカルシウムなどのミネラルなども多く含んでいて、体の内も外も綺麗になれる野菜です。葉先に細かい切れ目が複数あり、その名の通りフリルのような見た目の葉が特徴です。色は鮮やかな濃い緑色で茎も一般的なレタスと比べると黄緑色に色付いています。シャキシャキと食感があり、クセや苦みがないので生で食べるのに向いています。ふんわりとした葉っぱがボリューム感を出してくれるので、サラダにも向いています。

特徴(サイズ、味、形状など)

ハンサムグリーンはフリルレタスの中でも葉がブーケ状にわさわさと広がっているのが特徴です。肉厚な葉はシャキシャキで、アクセントとしてほのりと苦みがあります。また、ハンサムグリーンは濃い緑色の葉が密集している見た目からも分かるように、栄養価がとても高いです。一般的なレタスと比べてカルシウムが約3倍、ビタミンは約4倍、そしてβカロテンは約10倍もあると言われています。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地  

ハンサムグリーンの旬の時期と主な生産地についてまとめてみました。

旬の時期はいつ?  

一般的なレタスと同様、春~初夏、秋~初冬の2回の時期に収穫が多く行われます。

主な生産地はどこ?

高冷地から暖地まで栽培可能な品種で、それぞれ収穫時期がばらけています。しかし水耕栽培もおこなわれているので、日本全国各地で生産されています。

価格相場ってどのくらい?  

では実際にハンサムグリーンを購入しようとした場合、価格相場はいくらくらいになるのでしょうか。スーパーなどで購入した場合とネット通販で購入した場合をそれぞれ調べてみました。

スーパーだと  

100円~200円ほどで販売されています。「ハンサムグリーン」として販売されているもののほかにも、「フリルレタス」として販売されている場合もあります。

ネット通販だと

200円前後で販売されています。まとめ売りされていることも多いので、一束だけ買いたい場合はスーパーや八百屋さんで探す方が安く見つかるかもしれません。

おすすめの食べ方

華やかな見た目としゃきしゃき食感がおいしいハンサムグリーンについてまとめてみました。

サラダ

レタスと言ったらやっぱりサラダは外せませんよね。水分が多くシャキシャキとした食感がおいしいレタスはクセも少なく、どんな野菜、ドレッシングに合わせてもおいしく食べることができます。

・レタスをちぎる

・他の野菜と合わせたり、お好みの調味料と和えたりする

レタスをちぎる際には基本的には手でちぎりましょう。手でちぎることによってレタス内の繊維の破壊を最小限でおさえることができ、変色を防ぐことができます。また手でちぎると断面がまっすぐではなくなるため、シャキッとした食感が増え、ドレッシングなどとも絡みやすくなります。手でちぎる際には、一枚をひろげて葉先の部分(緑色の部分)と芯に近い部分(白っぽい部分)を持ち、葉先のほうに真っ直ぐに引っ張るようにしてちぎりましょう。紙のように前後にひねってしまうと、レタスの表面の薄皮が残ることがありおいしくない部分がでてきてしまいます

炒め物

ソース画像を表示

フリルのような葉からボリュームたっぷりなハンサムグリーンですが、加熱するとかさが小さくなるので、たくさん食べられるようになります。そのため栄養も効率よく取ることができておすすめです。炒め物の中でも卵との炒め物はとくにおすすめで、ハンサムグリーンの鮮やかな緑と黄色でとても見栄えが良くなります。

・お好みの食材を炒め、調味料と絡める

・一口サイズにちぎったレタスを加え一緒にまぜる
シャキシャキとした食感が残りやすいので、レタスを入れるタイミングは基本的に最後です。

画像引用:Cookpad

まとめ

今回はハンサムグリーンについてまとめてみました。見た目が一般的なレタスとは違うので購入するのをためらってしまうかもしれませんが、見た目も華やかでとてもおいしい品種です。ぜひ一度食べてみてください!

スポンサードリンク