腐ってる?キャベツが黒・茶・紫に変色!ニオイや触感でもチェックしよう

炒め物や鍋など、様々な用途で料理に活用できる「キャベツ」ですが、買ってきてしばらく経ったら色が変わっていた!なんていう経験をしたことはありませんか?

どんな食材も時間が経つと傷んでくるものです。私もよく野菜を買いすぎてしまい、変色させてしまったことが何度もあります。

今回は、キャベツが黒・茶・紫に変色してしまった時の原因や保存期間の目安などについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

キャベツが変色する原因

元々黄緑色〜緑色をしたキャベツは、使いかけで置いておくと変色してしまうことがあります。変色といっても色と原因に違いがあるので、一概に「もう食べられない」というわけではありませんよ。

キャベツが変色してしまった際の3つのポイントについて、原因を詳しくご紹介します。

変色=腐っているとは限らない!

キャベツの変色は「腐っている」とは限りません!野菜は傷むと変色が付き物ですが、キャベツの場合必ずしも腐っているとは限りらないのです。

腐っていないのならばなんで色が変わるの?と思うかもしれません。「黒と茶色に変色した時の原因」と「紫色に変色した時の原因」についてそれぞれ解説します。

スポンサードリンク

黒・茶色の変色はポリフェノールの酸化が原因

まずは「黒と茶色に変色」したキャベツについてです。この2つの色への変色は「ポリフェノールの酸化」が関係しています。ポリフェノールは野菜や果物に含まれる成分で、2つの要素が加わることで変色に繋がります。

①酸素  ②ポリフェノール酸化酵素
ポリフェノールとポリフェノール酸化酵素は別々の細胞内にあり、キャベツをカットした時に細胞が壊れてこの2つが混ざり合い、酸素も加わって変色が起きているのです。

と、いうことはポリフェノールが要因で変色させないためには、どのような保存方法が良いのかわかってきますよね。

紫の変色はアントシアニン色素が原因

続いては「紫色に変色」したキャベツです。これには「アントシアニン」という成分が関係しています。アントシアニンは、ブルーベリーやナスなどにも含まれている天然成分で、こちらもポリフェノールの一種です。

アントシアニンの性質として、「気温が低くなると変色する」ことがあるのです。ということなので、冷蔵庫などの涼しい場所で保存している時に起こる可能性が高いのです。

このアントシアニンは体に悪い成分ではありませんので、変色してしまっても問題はないので安心してくださいね。

スポンサードリンク

キャベツが腐っているのはどんなとき?

ではキャベツが腐っているのはどんな時なのでしょうか?黒や茶色・紫色に変色しているのは腐敗ではないことがわかりました。変色以外にチェックすべき項目を2つピックアップしましたので見てみましょう。

色以外も要チェック

変色はすぐわかる項目ですので、それ以外に状態が変わっていないかチェックしてみましょう。大抵の方が野菜室または冷蔵室で保存しているかと思いますので、取り出してみて危ないかな?と思ったらこの2つの点に注意です。

ヌメリのが出てくる

まず1つめは「ヌメリ」です。キャベツに関わらず、どんな食材でも傷んだ時に見られる傷みポイントの一つです。

ヌメリが発生する原因は、雑菌やカビ、バクテリアが関係しています。ヌメリの中にはこのような体に悪い細菌が含まれていますので食べてはいけません!

細菌たちは高音多湿を好むので、そのような条件が揃っている場所で保管していると一気にヌメリが発生してしまいます。

スポンサードリンク

酸っぱい異臭がする

2つめは「酸っぱい異臭」です。食材を腐らせてしまったことがある方なら一度は経験したことがあるかと思います。

すっぱい臭いがした場合、腐敗がすすんでしまっている証拠ですので食べないようにしましょう。目で変色を確かめ、鼻で臭いを確かめるようにしてください。

このキャベツって腐ってる?変色してるけど食べれる?

キャベツを買ってきたけれど変色したりカビのようなものが生えていたり、これって大丈夫?という時はありませんか?食材はいつかは必ず傷んでしまうものですが、できるだけ良い状態で食べたいですよね。

傷んだキャベツの見分け方や、ぬるぬるになってしまった時の原因など、キャベツの傷みに関する記事をまとめてみました。「このキャベツ、ちょっと危ないかも?」という時に是非チェックしてみてください。

キャベツの保存期間の目安

さて、キャベツを保存するには「冷蔵」と「常温」の2パターンがあります。冷蔵庫や野菜室での保管が多いのではないかと思うのですが、それぞれの保存期間の目安について改めて確認してみましょう。

冷蔵の場合

冷蔵・野菜室で保存する場合、2週間〜長くても1ヶ月程度が保存の目安となっています。先ほどもご紹介したように、低温になるとアントシアニンが変色する要因となりますので、断面は少し変色してしまうかもしれません。

しかし常温よりも日持ちしますので、特に暖かい時期は冷蔵庫・野菜室での保存をオススメします。

スポンサードリンク

常温の場合

常温で保存する場合は、1〜2週間が保存の目安となっています。はやり冷蔵庫に入れるよりは短くなってしまいます。冬場などの涼しい時期であれな常温でも問題なく2週間は保存できますので、時期や気候に合わせて保存場所を選んでみてください。

キャベツの人気記事をチェック

キャベツで人気のある記事を4つ紹介します。
是非チェックしてくださいね(^^♪
キャベツ5種類44品種まとめ キャベツの主な栄養成分と期待できる効果効能7つまとめ キャベツの保存期間ってどのくらい?冷蔵・冷凍・常温での保存方法まとめ キャベツの人気おススメ簡単レシピ10選まとめ|サラダ・スープ・鍋など万能な野菜を食べよう!

まとめ

変色してしまったキャベツ・腐ってしまったキャベツについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

キャベツの変色といっても一概に「腐っている」わけではないこと、保有成分が関係していることがわかりました。変色している場合は、ヌメリや臭いなどがなければ食べることができますので、よくチェックするようにしてみてくださいね。

スポンサードリンク