2021年は立冬いつ?旬の食べ物・植物・生き物などまとめ

立冬とは



立冬は「りっとう」と読み、24節季の19番目の節季になります。

ちなみに英語では「first day of winter」や「beginning of winter」と言います。 まさに冬の初日、冬の始まりということですね。

 

季節 季節の気配 72候の分類
初冬 木枯らし一号 初候:山茶始開
次候:地始凍
末候:金盞香

 

2021年の立冬はいつ



2021年は11月7日から立冬が始まります。 



2021年の24節季における「小雪」が11月22日からとなっており、「小雪」までの期間が立冬になります。立冬という言葉に含まれる「立」という文字は、新しい季節への切り替わりを意味します。



立春、立夏、立秋と並び季節の大きな節目となっており、この3つに立冬を含め「四立」という言い方もされます。立冬を迎えてから立春までの期間が冬ですね。

 

スポンサードリンク

立冬の七十二候(しちじゅうにこう)の読み方と意味

 七十二候は、二十四節気を約5日ずつ3つに分けた期間のことで、寒露は次ぎのように分けられます。

初候:山茶始開

山茶始開(つばきはじめてひらく)です。 「山茶」と書いてツバキと読みます。 この「山茶」という言葉では、椿ではなくサザンカを指します。 晩秋から冬にかけて花を咲かせるサザンカは、色に乏しくなる冬には貴重な花ですね。 このサザンカの花が咲き始める時期です。

次候:地始凍

地始凍(ちはじめてこおる)です。 夜のうちにできた霜柱が、朝出掛ける時に見られる時期ですね。

 

末候:金盞香


金盞香(きんせんかこうばし)」です。 ここでの「きんせんか」とは現代で一般的に言うキンセンカではなく、スイセンの花を意味します。 スイセンの花は筒状の黄色い花を咲かせるため、黄金の杯を意味する「金盞」とも呼ばれました。 このスイセンの花が咲く時期ですね。

寒露の手紙やあいさつ文について

書き出し


ビジネス文書を漢語調で作成する時に、「立冬の候」と入れることで季節感を表せます。 読み手を気遣う言葉を添えられれば、さらに相手に与える印象が良くなるでしょう。

「拝啓 立冬の候、寒さが身にしみる時期となってまいりました。 ○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。」

結びの挨拶


立冬の時期は段々と気温が下がり、体調を崩しやすい時期でもあります。 体調を気遣い、無事を願う言葉で締めるとベターですね。

「体調を崩すことがないように、くれぐれもご自愛下さいますよう、お願い申し上げます。 敬具」

 

スポンサードリンク

寒露の俳句でよく詠まれる季語

 立冬の俳句によく使われる季語について


立冬の季語としては、冬立つ、冬に入る、冬来る、今朝の冬などがあります。 冬の始まりをイメージさせる言葉ですね。

立冬の頃の有名な俳句




立冬の季語を用いた俳句として、有名なものです。

・「菊の香や 月夜ながらに 冬に入る」(正岡子規 子規句集)

・「けさの冬 よき毛衣を 得たりけり」(蕪村 句集拾遺)


スポンサードリンク

立冬の代表的な行事

七五三

 

子供の成長をお祈りするための行事として、七五三の儀式が行われます。

本来は「数え年」で数えた年齢で行う行事でしたが、現代では満年齢でもいいとされています。

「数え年」とは、生まれた年を1歳とし、お正月になると1つ歳をとるという年齢の数え方です。

また、七五三では男女で祝う歳が別々となっています。 

男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳ですね。

 

出雲大社の神在祭


島根県の出雲大社で、日本中の神様達を迎えるお祭りが行われます。 旧暦での10月は、「神無月」と呼ばれていますが、出雲地方では「神在月」と呼ばれます。 神在祭のために神様が、全国から集まってくるためにそう呼ばれています。



仙石原のすすき


箱根仙石原の山裾には、一面にすすきが広がっています。 立冬の時期になるとすすきが淡い黄金色に色付き、山裾全てが黄金色に染め上げられます。

 

スポンサードリンク

立冬の旬の食材



肌寒い日が増えて気温の低下が感じられます。風邪をひきやすい季節なので、ビタミンやミネラルを含む旬の食材を摂って養生をしましょう。



毛ガニ


北海道の人達にとって、「カニ」とは毛がにを指すそうです。 ズワイガニ等に比べると体は小さいですが、カニミソの量が多くて美味です。

 春菊

 

野菜としての旬は11月からになります。 鍋料理の具材に使われる他にも、天ぷらにしてもおいしいですね。 生食もできるため、サラダにして食べることもあるようです。

山芋


自然薯とも呼ばれる山芋は、山のうなぎと言われるほど栄養豊富です。 11月頃になると地上に出ている蔓が枯れますが、枯れてからが収穫時期となります。 すりおろし、とろろとして食べる他にも、角切りにするとサクサクした食感が楽しめます。

立冬の植物と生き物 



水仙

水辺に育ち、仙人のように長く生きるため「水仙」と名付けられた花です。 清らかな見た目とは裏腹に、葉や球根には毒が含まれています。

サザンカ

 

サザンカは椿と違い、花びら同士が一枚ずつ独立しています。 そのため椿のように花が丸々落ちたりはせず、花びらが一枚ずつ落ちます。

まひわ


冬の訪れとともに日本にやってくる渡り鳥です。 オスは黄色い体色が特徴的ですね。 北海道や本州の北部では繁殖のため、移動をせず留まることも多いようです。

 

生き物では、鳥の鶫(ツグミ)、虫のキリギリス、魚のハタハタなどが知られています。

 

まとめ



立冬は冬の始まりの時期です。 

紅葉が鮮やかに色付き、そして枯れ落ちていく時期でもあります。

 

風情のある旅行を楽しむにもいい時期でしょう。 

そして本格的な冬の到来へ向けて、冬物の衣類を出す楽しみもありますね。



スポンサードリンク