2020年立秋はいつ?旬の食べ物・植物・生き物などまとめ

立秋とは

 立秋は、立春や立夏と同じように「秋が立つ季節」です。暑さは残るものの、徐々に気温が下がっていきます。旧暦では7月の1日頃、新暦では8月8日頃にあたり、夕方になると涼しい風が吹き渡り、ヒグラシが鳴き始めます。 

立秋は「りっしゅう」と読み、梅雨が明けた初夏のころです。24節季の中で13番目の節季になります。

 

季節 季節の気配 72候の分類
初秋
秋虫の声
初候:涼風至
次候:寒蝉鳴
末候:蒙霧升降

ちなみに英語では「Fall」と言います。

2021年の立秋はいつ

2020年は8月7日が立秋になります。立秋は、大暑から数えて15日目ころです。立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋になります。

立秋の時期は、月遅れのお盆を中心に長崎原爆の日や終戦記念日がとりおこなわれます。同時に、各地で送り火や夏祭りが催されます。

スポンサードリンク

立秋の七十二候(しちじゅうにこう)の読み方と意味

 七十二候は、二十四節気を約5日ずつ3つに分けた期間のことで、立秋は次ぎのように分けられます。

初候

涼風至(りょうふういたる)の意味は、涼しい風が、吹き始めることをいいます。8月7日、または8月8日頃から11日~12日頃の期間です。

次候

寒蝉鳴(かんせんなく)の意味は、ひぐらしが鳴き始めることです。8月11日~12日頃から15日~16日頃の期間です。

末候

蒙霧升降(もうむしょうこう)の意味は深い霧が立ち込めることです。8月22日ころまでを言います。

立秋の候の手紙やあいさつ文について

 頭語と結語はセットになっていて、始めに「拝啓」を用いた場合は、終わりは「敬具」となります。

ビジネス系の文では、「拝啓」を用い、「立秋の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。」と 残暑の候、晩夏の候といった○○の候といった書き出しがほとんどです。

一方個人あての場合は「立秋とはいえ暑さが続いていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか」と、日常会話のような文体を使用します。終わりの文も「またお会いできる日を楽しみにしています」など親しみやすい文章にします。

スポンサードリンク

立秋の俳句でよく詠まれる季語

 立秋の俳句によく使われる季語について

秋立つ、立秋、秋めく、残暑、初秋、涼風、秋の雷、秋の初風、有明月、天の川、初嵐、風、富士の初雪、盆東風、盆の月、送り盆、月見月、秋風月などが使われます。

立秋の頃の有名な俳句

秋立や 雨ふり花の けろけろと 小林一茶(こばやし いっさ)

秋立や 風幾たびも 聞き直し 加賀千代女(かがの ちよじょ)

秋立つや ほろりと落ちし 蝉の殻 正岡子規(まさおか しき)

秋立てば まづ咳をする 病者かな 芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ) 

立秋の あるがままなる 籐椅子かな 中村汀女(なかむら ていじょ)

スポンサードリンク

立秋の代表的な行事

お盆

お盆は先祖の霊をお迎えして供養する行事ですが、旧暦七月のこの行事を八月に行うところが多く、だいたい13日から16日頃におこなわれます。

地方によっては、13日の夕方に先祖の霊を迎える道しるべとして迎え火を焚き、盆棚には秋の七草を活け、ナスやキュウリなどを盛ってお迎えします。

お盆の終わる15日の夜か16日の朝には送り火を焚いてお見送りをします。

徳島の阿波踊りと高知のよさこい祭り

阿波踊りは、鳴り物の鉦(かね)や大太鼓、絞め太鼓、三味線、笛、鼓などの軽快なリズムが特徴です。一方鳴子を持って踊るのがよさこいのルールです。

五山スポンサードリンク の送り火

京都の五山の送り火は8月16日に悪気退散を祈願しておこなわれます。妙法、船形、左大文字、大文字、鳥居形に火が入ります。

*残念ながら2020年の行事はほとんど中止になっています。来年は通常通り楽しめることを願うばかりです。

スポンサードリンク

立秋の旬の食材

空気の乾燥と朝晩の冷えで、のどや鼻に炎症がおきやすく、加えて秋の花粉の影響などもあり、臓器の一番上にある肺を痛めがちです。

肺に潤いを与える山芋やユリ根、れんこん、柿、ぶどうなどを摂るようにしましょう。また、体は夏の疲れを引きずっていて、むくみやだるさがたまっていることが多いので、新陳代謝をよくする次のような野菜を摂るようにしましょう。

枝豆

良質のタンパク質やビタミン類が豊富な枝豆は、夏バテ防止や疲労回復に効果があります。また、夏のつかれたお肌の改善効果も期待できます。

 唐辛子

青唐辛子はビタミンCやカロテンが豊富で比較的辛味も少なく、赤唐辛子は辛みが強くなります。目的によって使い分けると、むくみやだるさの解消効果が得られます。

とうがん

体にたまった熱を取る働きがあります。カリウムやカルシウムが含まれ、ほてりやむくみの解消効果が期待できます。

立秋の植物と生き物 

植物では、赤まんま、茜草、朝顔、女郎花、サルビア、シュウカイドウ、萩、大文字草、彼岸花、藤袴、ケイトウ、撫子、コスモス、ダリアなどが咲きます。夜になると、キリギリス、ウマオイ、スズムシ、マツムシなどの秋の虫がにぎやかに鳴きだします。

まとめ

 立秋、立冬、立春、立夏など四季の変わり目は、体の変化にも気を付ける必要があります。「人は自然に逆らわず生きていれば健康でいられる」と、昔から言われています。

二十四節気七十二候にそって、夜が明けたら体を動かし、日が沈むと体を休めるシンプルな暮らし方が健康に暮らすコツのようです。

スポンサードリンク