2020年は寒露いつ?旬の食べ物・植物・生き物などまとめ

寒露とは



寒露とは「野草の露が寒さで霜に変わる」ころで、秋も深まり野草に宿る露が霜に変わります。

秋晴れが続くようになり空には鰯雲が、 野山は錦に彩られ、夜にはコウロギが鳴き、秋の夜長が始まります。

 

季節 季節の気配 72候の分類
晩秋 鰯雲 初候:鴻雁来
次候:菊花開
末候:蟋蟀在戸

ちなみに英語では「Cold dew」と言います。

2020年の立秋はいつ



寒露は二十四節気 の17番目の節気です。

2020年の寒露は10月8日です。

秋分から数えて15日目ごろで秋の長雨が明け、秋晴れの日が続くようになります。

野山は紅葉が濃くなり、冬鳥が渡ってきて、朝晩の寒さを感じ始めます。



スポンサードリンク

寒露の七十二候(しちじゅうにこう)の読み方と意味

 七十二候は、二十四節気を約5日ずつ3つに分けた期間のことで、寒露は次ぎのように分けられます。

初候:鴻雁来

鴻雁来(こうがんきたる)の意味は、雁が飛来し始めることをいます。

10月8日~12日までです。

次候:菊花開

菊花開(きくかひらく)の意味は、菊の花が咲くことをいいます。

10月13日~17日までです。

 

末候:蟋蟀在戸

蟋蟀在戸(キリギリスとにあり)の意味は、蟋蟀(キリギリス)が戸の辺りで鳴くことを言います。

10月18日~22日までです。

寒露の手紙やあいさつ文について

書き出し

寒露は霜降(10月23日頃)までになり、季節は晩秋から初冬となります。あいさつ文には「寒露の候」とか「寒露のみぎり」といった使い方が多いようです。

例えば、「寒露の候、貴社におかれましてはますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」といった使い方をします。また親しい間柄では「寒露のみぎり、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか」などと使います。

他にも「秋冷の候」「暮秋の候」「秋月の候」「錦秋の候」なども使われます。

親しい間柄なら、「行楽の秋になりましたが、いかがお過ごしでしょうか」「秋の夜長の季節となりましたがお元気にお過ごしでしょうか」と言った問いかけの文を始めに書きます。

結びの挨拶

結びのあいさつは、ビジネス系の場合は「今後とも変らぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます」などとまとめます。親しい間柄では、「時節柄、お身体をご自愛ください」などと書きます。



スポンサードリンク

寒露の俳句でよく詠まれる季語

 寒露の俳句によく使われる季語について

 

秋深し、秋時雨、芋煮会、菊枕、冬支度、柚子、落穂、稲刈り、栗飯、夜霧、秋日和、秋祭り、あけび、雁(かり)渡り鳥、夜寒、夕霧、秋収め、晩秋などがあります。

秋分の頃の有名な俳句




・けふからは日本の雁ぞ楽に寝よ 小林一茶

・水底を水の流るる寒露かな 草間時彦

・秋の雲 うすれて天の 瑠璃となる 山口誓子(やまぐち せいし)

・自然薯の 切口白き 寒露かな 池田秀水

・汲み置きの 水平らかに 寒露の日 角川照子

・去年より 又さびしひぞ 秋の暮 与謝蕪村(よさ ぶそん)

・まひるまの 静かな家並 秋祭 星野立子

・ふところに 文あたゝかし 秋の雨 長谷川かな女


スポンサードリンク

立秋の代表的な行事

秋の高山祭り

 

岐阜県高山市で10月9日~10日行われる祭りで、高山祭の屋台行事は、重要無形民俗文化財に指定されています。戦国時代の後半頃に行われた桜山八幡宮の例祭の八幡祭が始まりのようです。

 

伊勢神宮神嘗祭


三重県の伊勢神宮で10月15日~17日に行われます。

10月17日の午後10時と午前2時の2回行われ、神宮神田で清浄に栽培された新米のご飯とお餅、神酒をはじめ、山の幸や海の幸がお供えされます。



えびす講

10月20日に行われる商売繁盛の神様である恵比須様を祀る行事です。

関東では10月20日に行う地域が多く「二十日えびす」といいます。

 

スポンサードリンク

寒露の旬の食材



肌寒い日が増えて気温の低下が感じられます。風邪をひきやすい季節なので、ビタミンやミネラルを含む旬の食材を摂って養生をしましょう。



ししゃも

ししゃもにはビタミンDやB2やE、カルシウムなどが豊富に含まれています。

頭からしっぽまで全て食べて、カルシウムを摂りましょう。

 

 

柿には様々な種類がありますが、9月~12月ごろが旬で最もおいしいのが寒露の頃です。

むくみを防止するカリウムや疲労回復に役立つビタミン類が多く含まれ、風邪の予防にもなります。

漢方では柿の葉はシヨウと呼ばれ、生活習慣病やアレルギー体質の改善に効果があるといわれ、煎じてお茶代わりに飲まれています。

ギンナン

銀杏はイチョウの木の実の中にある種子の部分で、ビタミン類やカロテン、カリウムなどが含まれます。9月下旬~111月中旬ごろに採れます。

咳や痰をを改善する働きがありますが、小毒が含まれているため、食べ過ぎないように注意しましょう。

秋分の植物と生き物 



植物では、菊、イソギク、ナナカマド、リンドウ、お茶の花、金木犀、藤袴、などです。

 

生き物では、鳥の鶫(ツグミ)、虫のキリギリス、魚のハタハタなどが知られています。

 

まとめ



10月は、縁結びの相談に出雲大社に神様が集まるため、神様が留守をするので神無月(かんなづき)と言われます。

逆に、出雲地方では神在月(かみありづき)といいます。

寒露二十四節気の中の17番目の節気で、秋の終わりの季節になりますが、まだまだ過ごしやすく好天にも恵まれ、神様が留守の間も結婚式は多いようです。



スポンサードリンク