お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

二十四節気と七十二侯と五節句の違いとは?雑節まである日本の暦

   

前振り部分

 

二十四節気とは

太陽の動きをもとに、1年を二十四に分けた「二十四節気」は、季節の指標となる大切な暦であり、古代中国が発祥です。
立春、立夏、立秋、立冬を区切りに4つの節気を設定し、それぞれの季節を更に6等分することで、正しく季節を把握するために使われてきました。
二十四節気カレンダー
出典blogs.yahoo.co.jp

 

春の二十四節気

名称 よみがな 解説
立春 りっしゅん 寒さも峠を越え、春の気配が感じられる
雨水 (うすい) 雨水 (うすい 陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる
啓蟄 (けいちつ) けいちつ 冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる
春分 (しゅんぶん) しゅんぶん 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる
清明 (せいめい) せいめい すべてのものが生き生きとして、清らかに見える
穀雨 (こくう) こくう 穀物をうるおす春雨が降る

夏の二十四節気

名称 よみがな 説明
立夏 (りっか) 夏の気配が感じられる
小満 (しょうまん) すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める
芒種 (ぼうしゅ) 稲などの(芒のある)穀物を植える
夏至 (げし) 昼の長さが最も長くなる
小暑 (しょうしょ) 暑気に入り梅雨のあけるころ
大暑 (たいしょ) 夏の暑さがもっとも極まるころ

秋の二十四節気

名称 よみがな 説明
立秋 (りっしゅう) 秋の気配が感じられる
処暑 (しょしょ) 暑さがおさまるころ
白露 (はくろ) しらつゆが草に宿る
秋分 (しゅうぶん) 秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる
寒露 (かんろ) 秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ
霜降 (そうこう) 霜が降りるころ

冬の二十四節気

名称 よみがな 説明
立冬 (りっとう) 冬の気配が感じられる
小雪 (しょうせつ) 寒くなって雨が雪になる
大雪 (たいせつ) 雪がいよいよ降りつもってくる
冬至 (とうじ) 昼が一年中で一番短くなる
小寒 (しょうかん) 寒の入りで、寒気がましてくる
大寒 (だいかん) 冷気が極まって、最も寒さがつのる
 

七十二侯とは

二十四節気の一つの節気を更に3つに分けたのが「七十二候」になります
5日ごとに「初候」「次候」「末候」と季節を移し、それぞれの季節を3~4文字の短い言葉で表しています。

七十二候も同様に古代中国から伝わり、日本では江戸時代に入って日本の気候風土に合うように改定され、「本朝七十二候」が作られました。
現在主に使われているのは、明治時代に改訂された「略本暦」のものです。
節気 七十二侯 読み
立春 初候 東風解凍 はるかぜこおりをとく
次候 黄鶯睍睆 うぐいすなく
末候 魚上氷 うおこおりをはいずる
雨水 初候 土脉潤起 つちのしょううるおいおこる
次候 霞始靆 かすみはじめてたなびく
末候 草木萠動 そうもくめばえいずる
啓蟄 初候 蟄虫啓戸 すごもりむしとをひらく
次候 桃始笑 ももはじめてさく
末候 菜虫化蝶 なむしちょうとなる
春分 初候 雀始巣 すずめはじめてすくう
次候 桜始開 さくらはじめてひらく
末候 雷乃発声 かみなりすなわちこえをはっす
清明 初候 玄鳥至 つばめきたる
次候 鴻雁北 こうがんかえる
末候 虹始見 にじはじめてあらわる
穀雨 初候 葭始生 あしはじめてしょうず
次候 霜止出苗 しもやみてなえいずる
末候 牡丹華 ぼたんはなさく
立夏 初候 かわずはじめてなく
次候 蚯蚓出 みみずいずる
末候 竹笋生 たけのこしょうず
小満 初候 蚕起食桑 かいこおきてくわをはむ
次候 紅花栄 ばにばなさかう
末候 麦秋至 むぎのときいたる
芒種 初候 螳螂生 かまきりしょうず
次候 腐草為蛍 かれたるくさほたるとなる
末候 梅子黄 うめのみきなり
夏至 初候 乃東枯 なつかれくさかるる
次候 菖蒲華 あやめはなさく
末候 半夏生 はんげしょうず
小暑 初候 温風至 あつかぜいたる
次候 蓮始開 はすはじめてひらく
末候 鷹乃学習 たかすなわちたくしゅうす
大暑 初候 桐始結花 きりはじめてはなをむすぶ
次候 土潤溽暑 つちうるおうてむしあつし
末候 大雨時行 たいうときどきふる
立秋 初候 涼風至 すずかぜいたる
次候 寒蝉鳴 ひぐらしなく
末候 蒙霧升降 ふかききりまとう
処暑 初候 綿柎開 わたのはなしべひらく
次候 天地始粛 てんちはじめてさむし
末候 禾乃登 こくものすなわちみのる
白露 初候 草露白 くさのつゆしろし
次候 鶺鴒鳴 せきれいなく
末候 玄鳥去 つばめさる
秋分 初候 雷乃収声 かみなりすなわちこえをおさむ
次候 蟄虫戸 むしかくれてとをふさぐ
末候 水始涸 みずはじめてかるる
寒露 初候 鴻雁来 こうがんきたる
次候 菊花開 きくのはなひらく
末候 蟋蟀在戸 きりぎりすとにあり
霜降 初候 霜始降 しもはじめてふる
次候 霎時施 こさめときどきふる
末候 楓蔦黄 もみじつたきばむ
立冬 初候 山茶始開 つばきはじめてひらく
次候 地始凍 ちはじめてこおる
末候 金盞香 きんせんかさく
小雪 初候 虹蔵不見 にじかくいれてみえず
次候 朔風払葉 きたかぜこのはをはらう
末候 橘始黄 たちばなはじめてきばむ
大雪 初候 閉塞成冬 そらさむくふゆとなる
次候 熊蟄穴 くまあなにこもる
末候 魚群 さけのうおむらがる
冬至 初候 乃東生 なつかれくさしょうず
次候 麋角解 さわしかつのおる
末候 雪下出麦 ゆきわたりてむぎのびる
小寒 初候 芹乃栄 せりすなわちさかう
次候 水泉動 しみずあたたかをふくむ
末候 雉始 きじはじめてなく
大寒 初候 款冬華 ふきのはなさく
次候 水沢腹堅 さわみずこおりつめる
末候 始乳 にわとりはじめてとやにつく
 

五節句とは

 

 

雑節とは

名称 よみがな 説明
土用 (どよう) 太陰太陽暦では立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を指した。最近では夏の土用だけを指すことが多い。
節分 (せつぶん) 季節の分かれめのことで、もとは四季にあった。立春の前日。
彼岸 (ひがん) 春分と秋分の前後の3日ずつの計7日のこと。初日を彼岸の入り、当日を中日(ちゅうにち)、終日を明けと呼ぶ。
八十八夜 (はちじゅうはちや) 立春から数えて88日目をいう。霜が降りることが少なくなる頃。
入梅 (にゅうばい) 太陰太陽暦では芒種の後の壬(みずのえ)の日。つゆの雨が降り始める頃。
半夏生 (はんげしょう) 太陰太陽暦では夏至より10日後とされていた。
二百十日 (にひゃくとおか) 立春から数えて、210日目の日。
 

まとめ

 

 - 日本の暦