もみじの輝の特徴・旬の時期まとめ|貯蔵するほど甘味が出る長期貯蔵向きの黄玉ねぎ

「収穫した野菜を一定期間置いておくと甘みが出る」ことをご存知ですか?あえてすぐ食べないことで甘みが凝縮し、収穫時より更に美味しくなるのです。

今回着目したのは「もみじの輝」という玉ねぎの品種で、収穫してから長期間貯蔵することで糖度がアップするものです。どのくらい甘くなるのでしょうか?

今回は、貯蔵することで甘みを増す玉ねぎの品種「もみじの輝」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

スポンサードリンク

もみじの輝ってどんな玉ねぎ?

 

読み方 もみじのかがやき
旬の時期 6月上旬〜7月中旬
主な生産地 兵庫県
種類 黄玉ねぎ

読み方

「もみじの輝」は「もみじのかがやき」と読みます。

特徴

もみじの輝きは、「収穫後に貯蔵しておけばおくほど甘みが凝縮されて美味しくなる」品種の玉ねぎです。

品種によって玉ねぎは収穫後傷んでしまうのですが、もみじの輝きは長期保存が効くタイプとなっています。

どれくらい保存できるのかと言うと、6月上旬から収穫が始まるのですが、なんと翌年の3月までとっておくことができるのです!

もちろん風通しが良く、涼しい場所での保管が必要になりますが、約10か月も保存できるというのは玉ねぎの中でも非常に長い方です。

スポンサードリンク

甘くなったもみじの輝きは、通常の玉ねぎが糖度8度程度なのに対し、8〜10度にアップし、柔らかさも倍近くになります。

見た目は通常の玉ねぎと同じく薄茶色の皮をしており、中は黄色味がかった色をしています。地球型と呼ばれる、ほぼまん丸の形です。

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

もみじの輝の旬の時期は、6月上旬〜7月中旬となっています。収穫は夏の時期ですが、その後翌年3月まで保存することができるので、ほぼ通年を通して食べることができます。

主な生産地はどこ?

もみじの輝の主な生産地は、兵庫県の淡路島となっています。淡路島は全国的にも玉ねぎの栽培が盛んで、さまざまな種類の玉ねぎが栽培されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


では、もみじの輝の価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

もみじの輝は生産地近辺の地域では直接でも手に入れやすく、3個200〜300円ほどで販売されているようです。続いてはネット価格について見ていきましょう。

ネット通販だと

もみじの輝はネットでのお取り寄せ商品としても扱われています。各サイトによっても異なりますが、淡路島産のもみじの輝きは3kg1,680円で販売されていました。

近場で手に入れるのが難しい方や、たくさん購入した方は、是非ネットでチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

 

みなさんは普段、玉ねぎをどんな料理に使っていますか?最後に、もみじの輝を使ったおすすめのレシピをいくつかご紹介します。

サラダ

 

生のままいただくサラダは、辛味や臭みがなく甘みあるもみじの輝きだからこそ美味しい玉ねぎ料理です。薄くスライスした新玉ねぎをお好みの野菜と合わせ、ドレッシングをかければ簡単に玉ねぎサラダの完成です。

玉ねぎに含まれる健康成分「硫化アリル」は水溶性で水に溶けやすい性質のため、生で食べるのが一番効率よく摂取できると言われています。

玉ねぎの栄養成分を余すことなく摂ることができ、貯蔵した後はとても甘くなっていますので、一度は食べたい玉ねぎメニューです。

酢豚

お酢の酸味ですっぱさがアクセントの酢豚には、ごろごろと大きめにカットした玉ねぎを使います。甘酸っぱいタレがよく絡んで白いご飯もすすみますよね。
お肉は一度素揚げするのが本格的な作り方ですが、時短したい時は炒めから初めてもOKです。玉ねぎと豚肉は栄養を効率的に吸収する面で非常に相性が良く、一緒に食べることでビタミンB1をたっぷり吸収してくれるのです。
冷めても美味しいのでお弁当のおかずや、作り置きおかずとしても重宝しますよ。
 
スポンサードリンク

肉じゃが

和食の定番メニューでもある肉じゃがには、お肉とじゃがいもの他に玉ねぎも入っています。細切りにした玉ねぎは加熱することで柔らかくなり、甘みも増すので必須のお野菜です。

お肉から出た旨みが玉ねぎとじゃがいもに染み込み、次の日でも美味しい、冷めても美味しいおかずになります。お弁当のおかずとしても重宝しますので、是非玉ねぎをたくさん入れて作ってみましょう。

まとめ

収穫後時間を置くことで甘みが凝縮される玉ねぎ「もみじの輝き」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

収穫後10か月も保存できるというのは驚きですよね。貯蔵している間に味が変わり、どんどん甘くなっていくので是非貯蔵後を食べてみていただきたい玉ねぎです。

ネットでのお取り寄せもできますので是非一度食べてみてくださいね。

スポンサードリンク