甲高ルージュの特徴・旬の時期まとめ|辛みが少なく甘味のある赤玉ねぎ

赤たまねぎの品種に「甲高ルージュ」という品種があるのですが、ご存知でしょうか?スーパーで見かけることはあっても、品種名を気にされていない方が多いかと思います。

甲高ルージュをはじめとする赤たまねぎは彩りが良いだけでなく、栄養価も高いんですよ!私も時々サラダに入れてよく食べています。

今回は、辛味が少なく甘みのある赤たまねぎの品種「甲高ルージュ」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

スポンサードリンク

甲高ルージュってどんな玉ねぎ?

 

読み方 こうだかるーじゅ
旬の時期 5月下旬〜6月下旬
主な生産地 北海道・兵庫県
種類 赤玉ねぎ

読み方

「甲高ルージュ」は「こうだかルージュ」と読みます。

特徴

甲高ルージュは、玉ねぎ特有の辛味が少なく、甘みがあるので生でも食べやすい品種です。1個300gにまで成長し、どっしりと大きなサイズです。

ぷっくりとした形で表面はツヤがあり、サラダなどの彩り役として活躍します。赤紫色の玉ねぎで、中心部まで色があるのが特徴です。

赤玉ねぎは収穫後の貯蔵が難しいのですが、甲高ルージュは収穫後吊り下げて保存することである程度貯蔵することができます。

スポンサードリンク

紫色はアントシアニンというポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用もあり体にも良い成分です。また、甲高ルージュをはじめとする玉ねぎには、血液をサラサラにする栄養素が豊富に含まれているので、動脈硬化や心筋梗塞といった大きな病気予防にも繋がります。

また、ビタミンB1の吸収率をアップさせる効果もあるので、豚肉やレバーなどといった食材と一緒に摂取することで効率よく吸収でき、免疫力アップや疲労回復にも効果もあります。



旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

甲高ルージュの旬の時期は、5月下旬〜6月下旬となっています。

主な生産地はどこ?

甲高ルージュの主な生産地は、北海道や兵庫県となっています。涼しい地域でも暖かい地域でも、比較的どんな土地でも育てることのできる品種です。

北海道と兵庫県は全国の玉ねぎ生産量NO.1とNO.2でとなっています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


では、甲高ルージュの価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

甲高ルージュは、1個150円前後で販売されているようです。続いてはネット価格について見ていきましょう。

ネット通販だと

最近は野菜もお取り寄せ商品として購入できる時代になりましたが、残念ながら甲高ルージュを出品しているサイトを発見することはできませんでした。旬の時期になれば取り扱いが始まるかもしれません。

また、最近ではフリマサイトのメルカリでも自家栽培の野菜を出品する方が増えているのですが、メルカリにも甲高ルージュの出品はありませんでした。

種はネット販売されていますので、家庭菜園に興味のある方はチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

 

みなさんは普段、玉ねぎをどんな料理に使っていますか?最後に、甲高ルージュを使ったおすすめのレシピをいくつかご紹介します。

サラダ 

生のままいただくサラダは、辛味や臭みがなく甘みある甲高ルージュだからこそ美味しい玉ねぎ料理です。薄くスライスした新玉ねぎをお好みの野菜と合わせ、ドレッシングをかければ簡単に玉ねぎサラダの完成です。

玉ねぎに含まれる健康成分「硫化アリル」は水溶性で水に溶けやすい性質のため、生で食べるのが一番効率よく摂取できると言われています。

玉ねぎの栄養成分を余すことなく摂ることができ、甘みがある旬の時期限定の味ですので、一度は食べたい新玉ねぎメニューです。

ホイル焼き


引用:E・レシピ

丸ごとホイルに包んだ玉ねぎのホイル焼きは、甘みが引き出されてシンプルながらも旨みの詰まった玉ねぎ料理です。ホイルに包んでグリルでじっくり火を通すことで、柔らかくなりとても食べやすくなります。

バター醤油味や塩胡椒だけでも十分美味しく、ボリュームもあるのでお腹にもたまる玉ねぎが主役の料理です。ホイルの中でじっくり蒸し焼きされた玉ねぎには甘みがあります。あつあつのうちに召し上がってください。
 
スポンサードリンク

カルパッチョ

新鮮な魚とスライスした甲高ルージュを並べれば、彩り豊かなカルパッチョができあがります。シャキシャキ食感の甲高ルージュと、プリッとした魚の組み合わせは絶品ですよ。

カルパッチョはレストランなど外で食べる料理のイメージがありますが、新鮮な生食用の魚があれば簡単にご家庭で作ることができます。

まとめ

辛味が少なく甘みのある赤玉ねぎ「甲高ルージュ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

赤玉ねぎは栄養価も高く、サラダにのせるだけも彩りがよくなるので重宝するアイテムです。栄養成分は水に流れ出てしまうので、存分に摂取するには生で食べるのがおすすめですよ。

是非ご家庭で赤たまねぎを料理に活用してみてくださいね。

スポンサードリンク