小なすの特徴・旬の時期は?|山形県の主な品種のなす

いろんな料理で活躍してくれる、豊富な種類のあるナス。今回はその中でも可愛らしい印象を受ける小ナスについてまとめてみました。小ナスの見た目や味の特徴から、そんな小ナスにぴったりな食べ方までをまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

画像引用:和syokuno

スポンサードリンク

小なすってどんななす?

小なすは一口なすと言われるほどの大きさの小ぶりのナスで、漬物として見かけたことのある人も多いと思います。ほんのりと優しい甘みが感じられ、地域の伝統野菜としても受け継がれています。

読み方

「小なす」と書いてコナスと読みます。

特徴(サイズ、味、形状など)

小ナスは3cm~8cm10g~20gほどの小ぶりなナスで、丸ナスの仲間である小丸ナスと卵のような形をした一口ナスがあります。小丸ナスは山形県の民田ナスなどが有名で、主に漬物などに使われることが多いです。対して一口ナスは料亭などでの需要が多く、茶せん切りにして煮物や揚げ物として調理されていることが多いです。皮は黒に近い紫色でコロッとした可愛い印象を受けるでしょう。また、小ナスは皮が柔らかく実の中の種も少ないので口当たりが良く、小さいながらもナスの甘みが感じられます。

実は小ぶりですがヘタは他のナスと変わらないほどの大きさがあるので、新鮮な小ナスを選ぶ際にはヘタのトゲが元気で鋭いものを選びましょう。皮にツヤやハリがあり持った時に重みがあると新鮮な証です

スポンサードリンク

旬の時期

小ナスは年間を通して流通していますが8月が特に多く、旬の時期は6月~9月ごろです。

主な生産地

山形県、新潟県、高知県などが有名です

山形県は小ナスのからし漬けが特産品として知られているように、いろいろな品種が作られています。その中でも小ナスの代表として知られているのが「民田なす(ミンデンナス」。これは江戸時代の初期から栽培されているとされる伝統的な品種で、実はやや硬めで締まっています。ほかに山形県には窪田ナスという小ナスもあり、民田ナスとその窪田ナスを交配しより多く収穫できるようにした「出羽小ナス」というものもあります。

高知県には「十市小なす(とおちという光沢の強いオリジナルの品種があり、これは皮が比較的硬めで傷つきにくいという特徴があります。一方新潟県には「十全なす」と呼ばれる水ナスの系統をくむ品種や「ちび丸」という品種があり、これらは皮も実も柔らかいのが特徴です。

画像引用:銀座やまう

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

小ナスにお勧めのレシピを3つまとめてみました。

揚げびたし

小ナスの揚げ浸し

一口サイズのナスにぴったりのレシピです。

【材料】

・ナス小8~10本

・ミニオクラ4本

・塩小1

・白ネギ6cm

<浸けだし>

・だし汁200~300ml

・酒 大3

・みりん 大1

・砂糖 小1

・しょうゆ 大2

・ショウガ汁 小1

【作り方】

1.白髪ねぎをつくり、オクラはガクをとって塩もみをする。熱湯で塩ごとオクラをサッと茹で、粗熱がとれたら水気を切っておきます。

2ガクをとったナスに縦に切り込みを入れて水にさらしておきます。

3鍋に<浸しだし>の材料を入れ煮立たせ、一度粗熱を取ったらしょうが汁を入れる。水気をとったナスは170度の油で揚げ、軽く油を切って鍋につける。オクラと共に皿に盛り、白髪ねぎを飾れば完成です。
引用:E・レシピ

スポンサードリンク

小なすの浅漬け

小なすの浅漬け

小ナスの定番レシピです。

【材料】

・小なす 6個

・エバラ浅漬けの素 適量
【作り方】

1.ヘタをとった小ナスを半分に切り、あく抜きのために水にさらしておきます。

2.(1)をビニール袋に「浅漬けの素」と共に入れよくもみこみ、そのまま冷蔵庫で約30分ほど漬けます。

3.汁気をきって出来あがりです。

引用:エバラおいしいレシピ

辛子漬け

我が家のなすの辛子漬け

辛いのが好きな人はこちらもおすすめ。ご飯が進むレシピです。

【材料】

・小なす又は小丸ナス 約700g

・塩 75g

・酒かす 500g

・砂糖 350g

・粉からし 150g

・ビニール袋(ジップロック) 2枚
【作り方】

1. つけている間に水が出てしまうのでヘタを切り落とさないように注意しながら、ガクだけを手で取り除く。

2. ガクをとったナスを洗い、水に漬けておきます。

3. 40gの塩とナスをジップロックに入れ、袋に空気を入れた状態で良く振ります。塩にナスの色が少し移ってきたらそのまま30分程あく抜きをしておきます。

4. ぬか床をつくります。ジップロックに塩以外の材料を混ぜ入れ、固まりだしたらボールへ移します。酒粕の塊が少し見えている状態で塩を加え、練って行きます。床作りは30分程で完了します。

5. つくったぬか床に水気をきったナスをつけ、空気をぬいて冷蔵庫で寝かせます。

6. 半日立てば食べられますが、浸かりはあまいです。半日たったら床を少しつけて別容器に移し替えます。

7. 2日目から食べごろです。浸かったら、床を少しつけて別容器に移します。

引用:楽天レシピ

まとめ

今回は小ナスについてまとめてみました。見た目も可愛く丸ごと味わえる小ナス。ぜひ漬物など作ってみてくださいね。

スポンサードリンク