立川ごぼうの特徴・旬の時期まとめ|希少なアザミ葉の長根種ごぼう

福島県で栽培されてきた「立川ごぼう」という品種のごぼうをご存知ですか?福島県の有名なエリアといえば「会津」ですが、会津にある立川地区という場所で作られてきた野菜です。

普段ごぼうを買う際、あまり品種までチェックしないかと思いますが、実はいろいろな品種がありそれぞれに違う特徴があるので調べてみると面白いものです。

今回は、福島県のごぼうであり希少な品種とも言われる「立川ごぼう」の特徴と旬の時期やオススメのレシピについてご紹介します。

画像引用:ふくごはん

スポンサードリンク

立川ごぼうってどんなごぼう?

 

読み方 たちかわごぼう
旬の時期 10月上旬〜12月中旬
主な生産地 福島県
種類 長根種

読み方

「立川ごぼう」は「たちかわごぼう」と読みます。

特徴

立川ごぼうは、福島県の会津坂下町立川地区でかつて多く栽培されていたことから「立川ごぼう」と名付けられた品種です。

大きくてギザギザとした「アザミ葉」という葉を持つごぼうで、この品種は日本で唯一、立川ごぼうのみとなっているので希少な品種です。

生産地である福島県では「アザミゴボウ」や「立川ごんぼ」という別名で呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

根っこが長く80cmほどにまで成長し、香りが高くて柔らかく、味も良いのが特徴ですが、他の品種に比べて収穫できる量が少ないので、戦後栽培量は激減してしまいました。食感はシャキシャキとしていています。

昔と比べて生産量は減ってしまったものの、福島県の会津ブランド推進委員会により「会津伝統野菜」にも認定されました。

ごぼうの中でも食物繊維が豊富に含まれていて繊維質が強いので、便秘の改善や胃腸に効果的な食材としても注目されています。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

立川ごぼうの旬の時期は、10月上旬〜12月中旬の秋から冬にかけた時期となっています。

主な生産地はどこ?

立川ごぼうの主な生産地は、福島県の会津エリアとなっています。以前と比べ生産量は減ってしまいましたが、会津の伝統野菜にも認定され、立川ごぼうを守る活動も増えています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


次に、立川ごぼうの価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

立川ごぼうは、1本150〜250円ほどで販売されているようです。続いてはネット価格について見ていきましょう。

ネット通販だと

立川ごぼうは加工品がネットでのお取り寄せ商品として扱われています。立川ごぼうを使った「ごぼう茶」は300袋入り700円、立川ごぼうのご飯の素は1缶600円など、変わった商品があります。

近場で手に入れるのが難しい方は、是非ネットでのお取り寄せをチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

 

みなさんは普段、どんな料理にごぼうをアレンジしていますか?立川ごぼうを使ったおすすめレシピをいくつかご紹介します。どれも簡単なので作ってみましょう!

きんぴらごぼう

 きんぴらごぼうは、ごぼうを使った料理の定番ですね。細切りにしたごぼうとにんじんを合わせて炒めるだけなのでパッと作れるお手軽な副菜です。

甘辛い味付けでご飯もすすみ、ある程度日持ちするので作り置き料理やお弁当のおかずにもぴったりです。

お好みで油揚げを入れると、ごぼうの味が染み込んで美味しさアップです。シャキシャキした歯ごたえで、お腹にもたまる万能な副菜ですよ。

牛肉とごぼうのしぐれ煮

 牛肉とカットしたごぼうを煮れば、しぐれ煮になります。ごぼうは薄切りすれば食べやすいしぐれ煮に、大きめにカットすれば食べ応えあるしぐれ煮になります。

ごぼうを炒めてから煮ので柔らかさが引き立ち、きんぴらごぼうよりも食べやすい食感になります。牛肉と一緒に煮ることでお肉の旨味がごぼうに染み込み、噛めば噛むほどに味が出る美味しいおかずです。

スポンサードリンク

鶏ごぼう

鶏ごぼうは、鶏肉とごぼうと炒り煮したこってり味の料理です。にんにくを少し入れることで味にコクが出て、より食欲もアップします。

ごぼうの切り方としては、ささがきにしたり、乱切りして食べ応えのあるものにしても相性抜群です。鶏肉でたんぱく質、ごぼうで食物繊維を摂ることのできる栄養バランスも良いメニューです。

白いご飯の上にのせて「鶏ごぼう丼」にしても美味しいですよ。作り置きとしても向いているので、沢山作って保存しておくのもおすすめです。

まとめ

希少な福島県産のごぼう「立川ごぼう」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

希少である理由としては、アザミの葉が付いていることでした。ごぼうの成長過程の姿を見ることはあまりありませんが、品種によって葉が違うのは面白いですね。

福島県で栽培されている歴史あるごぼうですので、見かけた際は是非ご家庭でその味を楽しんでみてください。

スポンサードリンク