葉ごぼう(若ごぼう)の特徴・旬の時期まとめ|葉と茎と根がまるごと食べられるごぼう

「ごぼう=根が食べる部分」が通常のごぼうですが、葉や茎も食べることのできる「葉ごぼう」というごぼうがあることをご存知ですか?

まるごと食べることができるので様々な料理にアレンジできます。茎や葉はお浸しのように食べると美味しいそうなのです。一体どのようなごぼうなのでしょうか?

今回は、あますことなく3部位を食べることのできるごぼう「葉ごぼう」の特徴と旬の時期や保存方法、下処理方法やオススメのレシピについてご紹介します。

画像引用:瓢喜

スポンサードリンク

葉ごぼう(若ごぼう)ってどんなごぼう?

 

読み方 はごぼう(わかごぼう)
旬の時期 3月上旬〜4月上旬
主な生産地 大阪府・香川県
種類 その他

読み方

「葉ごぼう」はそのまま「はごぼう」と読みます。

特徴

葉ごぼうは、通常のごぼうの食べる部分である「根」以外に「葉」や「茎」も丸ごと食べることのできるごぼうの総称です。

葉ごぼうの代表的な品種には「越前白茎ごぼう」があり、茎はフキのようにお浸しにしたり、葉も湯がいて食べたりします。

若ごぼう」や「やーごんぼ」という別名で呼ばれることもあり、主に大阪などの関西地方で食べられてきました。収穫期が初春なので「春を告げる野菜」とも言われています。

シャキシャキとした独特の食感と香りが良く、余すことなく食べることができるので色々な料理にアレンジされます。

スポンサードリンク

栄養・カロリー

葉ごぼうは食物繊維や鉄分、カルシウムが豊富に含まれている栄養満点の野菜です。この他に珍しい栄養素「ルチン」が含まれています。

ルチンは最近注目されている栄養素の一つで、毛細血管を強化する働きや血栓を防いで、血流をスムーズにする働きを持っています。

葉ごぼうの葉の部分に多く含まれていて、高血圧や動脈硬化などのリスクを軽減することができる優秀な栄養素です。食物繊維は、さつまいもの1.4倍、鉄分は、ほうれん草の1.6倍も含まれています。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

葉ごぼうの旬の時期は、3月上旬〜4月上旬の春の時期となっています。これはビニールハウスなどを使用せず自然な状態で栽培した時の旬の時期です。

ハウスを使用する場合は1月下旬から収穫することができるので、冬の時期にも見かけることがあります。

主な生産地はどこ?

葉ごぼうの主な生産地は、かつてから葉ごぼうがよく食べられていた大阪府の八尾市や、四国の香川県となっています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


次に、葉ごぼうの価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

葉ごぼうは生産地ではスーパーや直売所などで手に入れやすく、1束300〜400円ほどで販売されているようです。続いてはネット価格について見ていきましょう。

ネット通販だと

葉ごぼうはネットでのお取り寄せ野菜としても扱われています。各サイトによっても異なりますが、大阪府産の葉ごぼうは1束680円+送料で販売されていました。

近場で手に入れるのが難しい方や、たくさん購入した方は、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

葉ごぼうの保存方法

葉ごぼうは、根・茎・葉全ての部位を食べることのできるごぼうですが、一度に消費するのは中々難しいかもと思います。

そこで、買ってきた葉ごぼうを調理するまでの間は「冷凍保存」しておくのがオススメですよ。

冷凍

冷凍するとどうしても生で食べるよりも風味が落ちてしまうのが難点ですが、すぐに食べない場合は下茹でしてから冷凍しましょう。

冷凍することで繊維質が壊れ、味がしみ込みやすくなるので煮物料理にオススメです。冷凍する場合は約1か月日持ちしますので、ちょこちょこと色々な料理に活用することができます。

スポンサードリンク

葉ごぼうの下処理方法

 

また、葉ごぼうの下処理についてご紹介したいと思います。食べられる部分が3種類ありますが、大事なのは「根の皮むき」と「根のアク抜き」です。

皮むき

まず根っこは土や泥がたくさんついているので、よく洗います。そして通常のごぼうの皮を処理するのと同じように、包丁の裏側を使ってこするように剥きます。

アク抜き

皮が剥けたら調理するサイズにカットして、酢水につけてアク抜きをします。あまり長時間つけてしまうと葉ごぼうの栄養素まで流れ出てしまうので、10分程度にしましょう。

お酢を入れる理由はごぼうの変色を防ぎ、白色をキープするためです。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

 

みなさんは普段、どんな料理にごぼうをアレンジしていますか?葉ごぼうを使ったおすすめレシピをいくつかご紹介します。どれも簡単なので作ってみましょう!

きんぴら

 

きんぴらごぼうは、ごぼうを使った料理の定番ですね。細切りにしたごぼうとにんじんを合わせて炒めるだけなのでパッと作れるお手軽な副菜です。

甘辛い味付けでご飯もすすみ、ある程度日持ちするので作り置き料理やお弁当のおかずにもぴったりです。

お好みで油揚げを入れると、ごぼうの味が染み込んで美味しさアップです。シャキシャキした歯ごたえで、お腹にもたまる万能な副菜ですよ。

スポンサードリンク

天ぷら

 

炊き込みご飯  

ごぼうを使った炊き込みごはんは、どこか懐かしくほっこりする優しい味です。材料はきんぴらごぼうを作るときとほぼ同じで、調味料も一緒に入れて炊き上げるだけなので簡単に作ることができますよ。

佃煮

ごぼうを使った佃煮は、濃いめの味付けで白いごはんがどんどん進む副菜です。しいたけも合わせて煮ることで旨味がアップします。

冷蔵庫に常備しておけばちょこっと小鉢が欲しい時にとっても重宝します!

スポンサードリンク

まとめ

根・茎・葉の全ての部位を食べることのできるごぼう「葉ごぼう」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ごぼう=根を食べるのが一般的ですが、葉ごぼうはあちこち食べることができるので、その分色々な料理にアレンジできます。

栄養価も高く大きな病気予防にもなりますので、是非普段の食事に取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク