ほうれんそう4種類14品種まとめ解説!

ほうれんそう4種類14品種まとめ解説!

交配種(中間種):6品種

 

ほうれんそう(交雑種) 日本ほうれん草 アトラス
豊葉ほうれん草 バハムート チェックメイト

西洋種:2品種

 

ビロフレー ノーベルほうれん草  

東洋種:3品種

 

治郎丸ほうれんそう 山形赤根ほうれんそう 禹城

その他の品種:3品種

 

サラダほうれんそう ちぢみ(寒締め)ほうれんそう 赤茎ほうれんそう
早生サラダあかり 雪美菜  

ほうれんそうの栄養

ほうれんそうに含まれる主な栄養成分を鉄分、ミネラル、カロテン、ビタミンBなどを紹介します。

  • 鉄分:鉄分は、人間の血液を運ぶ赤血球に含まれるヘモグロビンの材料として使用されます。加えて、体内に存在する酵素の材料にもなりエネルギー代謝や肝臓での解毒の働きに関わっているミネラルです。
  • ミネラル(無機質):ミネラルは、地球上に存在する金属元素を指し、人間の体の内部の酵素の触媒や特異的な細胞の機能の要になる成分です。体の代謝や老廃物の分解、排出にも関わっています。不足すると、人間の体の本来の機能が良く無くなるため、日頃の摂取が大事な栄養素です。
  • ビタミンA:ビタミンAは、抗酸化作用、皮膚や肌の粘膜を作る、人間の視覚情報の伝達に関わるビタミンです。体内にある活性酸素を協力に除去し、肌の生成にも関わるため美肌作用、体内へのウイルスや細菌の侵入を防ぎます。加えて、視覚情報に関わる神経伝達に不可欠なロドプシンの生成の主成分にもなっています。
  • β-カロテン:β-カロテンは、人間の体内でビタミンAに変化し、細菌やウイルスの侵入を防ぐために必要な粘膜を丈夫にする作用があります。肌のシミの原因になる色素発生を抑制する抗酸化作用も持っています。緑黄色野菜では黄色の色素に多く含まれているビタミンです。