花らっきょうの特徴・旬の時期まとめ|シャキシャキした小型のらっきょう

らっきょうには様々な種類がありますが、一般的には1年程で収穫されるのが普通です。しかし冬をたくさん越えさせることによって美味しさを蓄えさせたらっきょうもあります。そこで今回はそんな花らっきょうについてまとめてみました。

画像引用:食べチョク

スポンサードリンク

花らっきょうってどんならっきょう?  

花らっきょうは「玉らっきょう」を足掛け三年かけて育て収穫した福井県の高級ブランド野菜です。一般的ならっきょうは8月~9月に植え付けられ、翌年の6月~7月には収穫されます。しかし花らっきょうは植え付けの翌々年に収穫することによって冬を二回越えることになるのです。そのため美味しさが凝縮し、味わいも良くなります。

玉らっきょうとは

玉らっきょうは台湾から伝わった小粒ならっきょうで、大きさは小指の先ほどの大きさしかありません。一般的に市場に流通しているのは甘酢漬けにされたもので、生野菜としての流通はほとんどありません。そのため生野菜として玉らっきょうを楽しみたい場合は取り寄せることが多いです。日本のものとはまた違う外来種になるので、繊維がとても細かくシャリシャリとした独特の食感が味わえます。

読み方  

花らっきょうは3年かけて栽培されることから、「三年掘り 花らっきょう」「三年子 花らっきょう」などと言われることもあります。

特徴(サイズ、味、形状など)

花らっきょうは食物繊維が細かくシャリシャリとした独特の食感が特徴的な小ぶりのらっきょうです玉らっきょうの収穫時期を遅らせて冬を2度越えさせることにより、より繊維が細かく皮も薄くなっています。また、小さな粒にも関わらず栄養はぎっしり詰まっています。小指の先ほどの小さなサイズで、1回の収穫量はあまり多くありません。また、冬越しを2度行う分手間ひまがかけられています。そのため一般的ならっきょうよりも高級な価格帯になっているのです。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

花らっきょうの旬の時期と主な生産地についてまとめてみました。

旬の時期はいつ?  

花らっきょうに旬の時期は6月から7月にかけてとなっています。

主な生産地はどこ?

花らっきょうは福井県で栽培されている高級らっきょうです。明治時代の初めごろからすでに福井県の三里浜にある砂丘地帯で栽培が始まっていたと言われています。

価格相場ってどのくらい?  

では花らっきょうを実際に購入しようとした場合、価格相場はいくらくらいになるのでしょうか。スーパーなどで購入した場合とネット通販で購入した場合をそれぞれ調べてみました。

スーパーだと  

袋詰めにされた状態で200円前後~販売されています。ブランド野菜ですので、イオンなどの全国チェーンでは比較的安価に、そしてメーカーではいろいろこだわられた比較的高級なものが販売されています。一般的に市場に出回っている花らっきょうはほとんどが加工されたもので、カレーのお供として食べることの多い甘酢漬けの状態で販売されています。

ネット通販だと

ネット通販だとまとめ売りされていることが多く、300円~販売されています。ネット通販の場合も加工品が売られていることがほとんどなので、どうしても生が食べたい場合は直接農家さんに問い合わせるしかなさそうです。

おすすめの食べ方

小ぶりでシャキシャキとした食感の美味しい花らっきょうにおすすめの食べ方をまとめてみました。

ピクルス  

ソース画像を表示

下処理をした花らっきょうを酢や水でつくったピクルス液につけると、サラダ感覚で食べられるピクルスができます。花らっきょうは通常加工品で販売されていることがほとんどですが、もし生野菜で手に入れた際には複数個が袋詰めで売られていることが多いので、まとめて作っておくのがおすすめです。自分好みの漬け具合で食べたいときにつまむことができて便利です。

画像引用:Cookpad

漬物

エシャレット 漬物 に対する画像結果

らっきょうと言えば欠かせないのが漬物です。花らっきょうは漬物がとくにおいしく食べることができます。一般的ならっきょうと比べて辛みが控えめなので食べやすく、薄い皮やシャキシャキとした繊維が漬物には最適です。また漬物にすることで生の状態よりも日持ちがするようになります。

画像引用:Cookpad

まとめ

今回は福井県の高級野菜、花らっきょうについてまとめてみました。たくさんの手間がかけられている分おいしさも抜群で、高級な価格にも納得です。しかし現在、年々栽培農家さんの数が減少しています。そのためさらなる価格の高騰もあるかもしれません。

スポンサードリンク