エシャレットの特徴・旬の時期まとめ|根と葉がついた若採りのらっきょう

らっきょうは漬物として食べられることが多い野菜なので、比較的に生野菜としてのなじみは少ないかもしれません。しかし実は他の野菜と同様たくさんの品種が存在していて、その見た目や味の特徴も様々なのです。そこで今回は「エシャレット」についてまとめてみました。

画像引用:育て方ラボ

スポンサードリンク

エシャレットってどんならっきょう?  

らっきょうと言えば、カレーのお供に最適な酢漬けにされた漬物を連想する人が多いかもしれません。エシャレットはそんならっきょうを早採りしたもののことを指します。生でも加熱しても食べることができますが、保存は長く持たないのでなるべく早く消費するようにしましょう。

日本語(和名)では?  

エシャレットは「軟白らっきょう」や「根らっきょう」と呼ばれることもあります。名前が近いため混同されがちなエシャロットは別物ですので注意しましょう。

特徴(サイズ、味、形状など)  

エシャレットはらっきょうを早採りしたもので、真っ白でしもぶくれした形の根元にネギのような葉がくっついているのが特徴ですらっきょうらしいシャキシャキした食感はそのままに、若採りのため柔らかさが加わり辛さが控えめです。そのため生でも加熱してもおいしく食べることができます。また、根元の白い部分に艶があり、みずみずしさがあるかどうかが新鮮さを見抜くポイントです。一般的に売られている場合は葉の部分が折りたたまれて束ねられているので、葉の枯れ具合も目安になります。

栄養・効果効能

らっきょうにはにんにくの匂いのもとでもあるアリシンが含まれています。もともとはアリインというアミノ酸の一種で、それが酵素の働きによって変化したのがアリシンです。このアリシンは多くの薬効を持っていて、免疫力アップや殺菌・抗酸化作用、便通の改善や風邪の予防効果があります。

スポンサードリンク

エシャレットと島らっきょうの違い

ソース画像を表示

エシャレットとよく似ていると言われるのが島ラッキョウです。見た目が良く似ていて、なにが違うの?とよく混同されがちなこの二つですが、もちろん全く別のものを指します。島らっきょうは一般的ならっきょうよりも辛みが強く小ぶりな沖縄県の伝統野菜です。対してエシャレットは早採りをしたらっきょうなので辛みが控えめですそのため見た目は似ていますが味はまったく異なっているのです。

画像引用:沖縄の島野菜と果物

エシャロットとエシャレットの違い

エシャロット に対する画像結果

次にエシャレットと間違えられることの多いのはエシャロットです。エシャレットとエシャロットは名前が似ていてややこしいのでよく間違えられますが、見た目はまったく違います。エシャロットは小型のタマネギの一種で、赤紫色の皮が特徴的な野菜です。紫たまねぎの超小型版のような見た目で、強い刺激臭を持っていますつまり名前が似ているだけでらっきょうとは関係の無い野菜なのです。

画像引用:カゴメ

旬の時期と主な生産地  

エシャレットの旬の時期と主な生産地についてまとめてみました。

旬の時期はいつ?  

エシャレットは年間を通して流通されている野菜で、流通量もさほど変わりがありません。しかし露地栽培されているものに関しては葉の柔らかい3月~5月ごろが旬だと言えます。

主な生産地はどこ?

エシャレットの主な生産地は茨城県と静岡県です。茨城県だけで全国の生産量の65%強のエシャレットが生産されており、静岡県と合わせて全国生産量の97%を生産されています。

価格相場ってどのくらい?  

では実際にエシャレットを購入しようとした場合、価格相場はいくらくらいになるのでしょうか。スーパーなどで購入した場合とネット通販で購入した場合をそれぞれ調べてみました。

スーパーだと  

葉っぱを折りたたんで束ねられた状態で売られていて、一袋あたり100円~150円ほどで販売されています。

ネット通販だと

通販の場合はまとめ売りされている場合が多く、6束ほど入ったもので300円~販売されています。

おすすめの食べ方

生でも加熱してもおいしく食べられるエシャレットにおすすめの食べ方をまとめてみました。

天ぷら  

ソース画像を表示

エシャレットは生でも食べられるので、衣に火が通れば油からあげても問題ありません。そのため比較的素早く調理できる具材です。シャキシャキのエシャレットとサクサクの衣がおいしく、おつまみとしても最高です。とくに塩で味わうのがおすすめです。

画像引用:Cookpad

ソース  

ソース画像を表示

エシャレットの風味を利用してソースとして食べるのもおすすめです。みじん切りにしたエシャレットとオリーブオイル、レモン汁、塩とすりおろしにんにくを入れて混ぜるだけで、爽やかなカルパッチョソースができあがります。後をひく風味がやみつきになるおいしさです。

画像引用:クラシル

サラダ  

ソース画像を表示

エシャレットは辛みが少なく生でもおいしく食べられるので、サラダにするのもおすすめです。上の葉っぱを取り除いた状態で、切らずに丸ごとサラダの上に置くことで見た目的にもインパクトがでます。マヨネーズでディップして食べても醤油とごま油を混ぜた簡単ドレッシングで食べてもおいしいです。

画像引用:野菜の育て方.net

パスタ  

ソース画像を表示

エシャレットはニンニクと同じ香り成分が含まれているので、にんにくの代わりにもなります。みじん切りにして鷹の爪とオリーブオイルと炒め、茹でたパスタと絡ませるだけでなんちゃってペペロンチーノの完成です。食後の匂いも気にならずおいしく食べることができます。

画像引用:Cookpad

ピクルス  

ソース画像を表示

下処理をしたエシャレットを酢や水でつくったピクルス液につけると、サラダ感覚で食べられるピクルスができます。エシャレットは縛られた状態で複数個が袋詰めで売られていることが多いので、まとめて作っておくと食べたいときにつまむことができて便利です。

画像引用:Cookpad

漬物

エシャレット 漬物 に対する画像結果

らっきょうと言えば欠かせないのが漬物です。エシャレットも漬物でおいしく食べることができます。一般的ならっきょうと比べて辛みが控えめなので、辛みが足りない場合には鷹の爪などをふやして調整するのがおすすめです。漬物にすることで生の状態よりも日持ちがするようになります。

画像引用:Cookpad

まとめ

今回はエシャレットについてまとめてみました。スーパーや通販などでも全国的に購入が可能のようなので、お漬物だけではなくいろいろな料理でぜひ味わってみてください!

スポンサードリンク