お役立ち!季節の耳より情報局

暮らしに役立つ様々な情報を厳選してお届けします!

たけのこの保存方法は?冷凍保存、冷蔵保存の方法を教えます!

   

たけのこはどのくらい持つ?

1602170101
たけのこの旬は春。でも、この春の味覚を堪能できる期間はとても短いのです。年間を通じて水煮のたけのこは手に入りますが、やはり生から茹でたたけのこの美味しさは格別ですね。

しかし、収穫されたてのたけのこを頂いたり、またはスーパーで買っても、通常の家庭で1度に必要な量よりは、はるかに多いたけのこが茹で上がってしまうことでしょう。
そこで、たけのこの保存法についてご紹介します。生から茹でたたけのこを、無駄なく、最後まで美味しく召し上がってください。

SPONSORED LINK


たけのこの保存方法
①皮付きのままではどのくらい保存できる?

たけのこは、土から掘り起こされた野菜ですから、じゃがいもや大根のように、冷暗所ならしばらく保管していても大丈夫だと思っていませんか?

実はたけのこは収穫されたと同時に、酵素の働きによってえぐみがどんどん増していきます「たけのこ堀りが始まったら、お湯も沸かし始めろ」と言われているほど、生のたけのこは鮮度が大事なのです。

1602170102
ですから、収穫された皮付きのたけのこは、一刻も早く茹でてあく抜きをしましょう。茹でることで熱が酵素の働きを止め、えぐみが増すのを抑えます。茹でる時に米ぬかや米のとぎ汁を使うのは、そこにふくまれるカルシウムが、えぐみを感じにくくさせるからです。

つまり、皮付きの生のたけのこは保存することはせずに、収穫されてから24時間以内を目安にあく抜きをしたいものです。3日も経つと、かなりえぐみが強くなってしまうようです。

 

たけのこの保存方法
②下茹でしたたけのこは冷蔵庫でどのくらい保存できる?

では、新鮮なうちに下茹でし、あく抜きされたたけのこは、どのくらい保存できるのでしょうか?

まず、下茹でした鍋の中でゆっくり冷まし、皮をむいてきれいに水洗いします。そして、タッパーなどの密閉容器に水を入れ、たけのこを漬けて冷蔵庫で保管します。たけのこは茹でてからもあくが出るので、水は毎日取り替え、これで約1週間保存できます。

1602170103
ただ、やはり風味はだんだん損なわれますので、できるだけ早めに頂きましょう。

調理の際に、再度加熱するのをお忘れなく。

参考動画:【たけのこのあく抜き】



 

たけのこの保存方法
③冷凍保存はできるの?

もし、生のたけのこをたくさん頂いたり、また1週間では冷蔵保存されたたけのこを食べきれない場合、冷凍保存というワザもあります。

あく抜きしたたけのこを、小さく切ります。切り方は、薄切りや千切り、乱切りなど、調理を想定した切り方にします。これは、使う際には解凍せずに凍ったまま調理するからです。切ったたけのこは、キッチンペーパーなどに広げ、表面の水分を乾かします。乾いていれば、冷凍保存用のポリ袋にある程度まとめて入れて冷凍しても、バラバラにして使いたい量だけ取り出せます。

1602170104
この時、空気を抜き、真空状態にするのがコツです。冷凍ですので、半年から1年と保存は長くできますが、やはり家庭の冷凍庫は開け閉めの回数が多く、瞬間冷凍でもないため、風味は損なわれてしまいます。ですから、1ヶ月を目安に調理することをおすすめします。

 

冷凍保存していたたけのこを美味しくたべるには?

あらかじめ、醤油や砂糖で薄味をつけて、だしで炊いたたけのこを冷凍保存することもできます。
味付けによっては、調理にそのまま使えて便利ですので、ご家庭に合う方法をいろいろ工夫してみてください。

1602170105
冷凍された状態のたけのこは包丁で切れませんので、必ず切ってから冷凍することをお忘れなく。そして、くれぐれも冷凍状態のまま、加熱調理してくださいね。

1602170106
他にも、瓶詰めや、塩漬け、乾燥など、いろいろな保存方法がありますが、決して保存することにより美味しくなる訳ではありません。

やはり、ごちそうは“採れたての茹でたて”です。できれば保存期間は極力短くし、あの繊細な春の味わいを最高の状態で堪能したいものです。

こちらの記事もあわせて読まれています↓
「たけのこのあく抜き、実はこんなに簡単です!」
「時間短縮!圧力鍋を使った、たけのこの茹で方」

 - 暮らしのヒント