スナックパプリカの特徴・旬の時期は?|おやつ感覚で食べられるミニパプリカ

糖度7〜8度の甘いパプリカがあるのですが、ご存知でしょうか?種類が少なそうに見えるパプリカですが、実は知られていない品種が沢山あります。

中でも今回着目したのは、糖度が高くておやつ感覚で食べることのできる「スナックパプリカ」という品種です。このパプリカ、本当に甘いのです!

それでは、野菜好きな方にも、野菜嫌いな方にもオススメしたい「スナックパプリカ」の特徴と旬の時期についてご紹介したいと思います。

画像引用:twitter

スポンサードリンク

スナックパプリカってどんなパプリカ?

読み方 すなっくぱぷりか
旬の時期 6月〜8月
主な生産地 全国各地
種類 ミニパプリカ

特徴

スナックパプリカは1個50〜70gほどのミニサイズのパプリカです。通常のパプリカは1個150gほどにもなるので、その小ささは一目瞭然です。

カラーバリエーションも豊富で赤・オレンジ・黄色と彩り豊かに料理の見栄えをアップさせてくれます。糖度が7〜8度と野菜にしては非常に高く甘いので、生で食べることもでき、ジューシーで瑞々しさもあります。

つまんでそのままパクパクとおやつのように食べられることから「スナックパプリカ」という名前が付きました。その食べやすさから子どもにも人気のパプリカで、プランターで栽培することもできるので家庭菜園として育てている方も多くいます。

中のわたや種は通常のパプリカと比べて少ないので、下処理も楽で便利ですよ。また、スナックパプリカは「ミニパプリカ」という仲間に分類されます。これ以外には、グリーンパプリカやフルーツパプリカといった分類があります。

スポンサードリンク

旬の時期と主な生産地

旬の時期はいつ?

スナックパプリカの旬の時期は、6月〜8月となっています。これは国産のミニパプリカの旬の時期で、輸入物には旬の時期がないので通年出回っています。最近では日本でもビニールハウスが普及したことにより、収穫期の幅が広がっています。

主な生産地はどこ?

パプリカは基本的に全国的に栽培可能な野菜ですので、どこでも育てることができます。家庭菜園として育てている方も多く、ホームセンターやネットではスナックパプリカの種や苗が販売されています。

スポンサードリンク

価格相場ってどのくらい?


そんなスナックパプリカですが、その価格相場について見ていきたいと思います。スーパーで購入する場合とネット通販でお取り寄せする場合、それぞれの価格を調べてみました。

スーパーだと  

生産地近くのスーペーや直売所では手に入れやすく、10個入りの袋が180で販売されていました。

ネット通販だと

最近は野菜もネット通販でお取り寄せできる時代になりましたが、スナックッパプリカをお取り寄せ商品として販売しているサイトを見つけることはできませんでした

また、最近では家庭菜園として育てた野菜をフリマサイトのメルカリでも販売する方が増えているのですが、こちらの方にもスナックパプリカの出品はありませんでした。ネットを通じて入手するのはなかなか難しいようです。

スポンサードリンク

おすすめの食べ方

では、スナックパプリカはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?スナックパプリカを使ったおすすめのレシピを3種類ご紹介します。

ムース


引用:たかシェフのおうちごはん。と白い犬。

スナックパプリカのムースは、ホテルを思わせるような上品な仕上がりです。こちらは大きな器に作りスプーンですくって盛り付けたものです。

家庭でもこんな豪華なムースを作ってみませんか?ペースト状にしたスナックパプリカを生クリームと合わせて冷蔵庫で固めます。

赤色がほんのりオレンジ色に変わって見た目も可愛いですよね。冷たいので暑い夏にもぴったりなお洒落メニューです。
 
スポンサードリンク

サラダ

サラダにするとシャキシャキとした食感がをたっぷり感じることができますよ。スナックパプリカに甘みがあるので生でも美味しくいただけます。

お好みの葉モノ野菜とツナ缶を和えれば、あっという間に彩り豊かなサラダの完成です。オイル系のドレッシングにも、和風系ドレッシングにもよく合います。お好みの味付けで食べてみてくださいね。

マリネ


引用:E・レシピ

スナックパプリカのマリネは、オリーブオイルとレモン汁、そして塩で作る爽やかな夏におすすめのレシピです。緑色のピーマンと違って味に甘みがあるので、非常に食べやすいですよ。

軽く焼いた赤ピーマンをマリネ液に漬け、半日ほどおきます。ひたひたになり柔らかくなったスナックパプリカは、ちょっとしたおつまみとしても重宝します。冷やすと甘みをより感じるので冷蔵庫で漬けるようにしてみてください。

まとめ

おやつ感覚で食べることのできるパプリカ「スナックパプリカ」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

これまで食べたことのない方は、絶対に食べてみる価値アリの甘〜いパプリカです。カラフルで見た目も良いので、普段の料理にちょこっとプラスするだけでも華やかになります。

プランターでも栽培が可能なので、興味のある方はご自身で育ててみるのも面白いかと思います。

スポンサードリンク